2020年02月05日

中国‘P2P互助’の進撃-「相互宝」加入者1億人、平安保険によるポイントで支払う「歩歩奪宝」の誕生

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • アリババ・グループがユーザー会員向けに医療保障を行う「相互宝」の加入者がわずか1年で1億人を突破した。

  • 現在、中国では、「相互宝」など保険商品に分類されない「P2P互助」が社会に急速に浸透しており、民間保険に対するユーザーのリテラシー向上、さらにはその先の保険商品への販売へと繋がる商品としてその効果が注目されている。

  • このような中、2020年1月、伝統的かつ民間最大手の平安保険グループがP2P互助「歩歩奪宝」の加入受付を開始した。P2P互助分野への保険会社の参入は初めてである。必要な費用の多くをポイントで充当するという新たなP2P互助はどのような商品なのであろうか。

■目次

1――「相互宝」加入者1億人とその効果
2――相互宝後に出現したP2P互助は、‘割り勘・後払い’がスタンダードに
3――民間最大手の平安保険の巻き返し?、ポイントで支払うP2P互助の誕生
4――P2P互助の普及拡大と進まない規制・規定の整備
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の民間保険・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【中国‘P2P互助’の進撃-「相互宝」加入者1億人、平安保険によるポイントで支払う「歩歩奪宝」の誕生】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国‘P2P互助’の進撃-「相互宝」加入者1億人、平安保険によるポイントで支払う「歩歩奪宝」の誕生のレポート Topへ