2018年12月18日

中国大手プラットフォーマーBATJによる保険分野への進出【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(34)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

アジア・新興国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 中国では、大手プラットフォーマーであるBATJ(B:百度(バイドゥ)、A:阿里巴巴(アリババ)、T:騰訊(テンセント)、J:京東(ジンドン))を中心に、保険分野への進出が進んでいる。
     
  • アリババ、テンセントは傘下の金融子会社を中心に出資や買収を行い、生保・損保の両分野に加えて、代理店の許可も取得している。
     
  • 一方、苦戦しているのは百度である。設立の申請はしたものの、なかなか許可が下りないのが現状のようである。
     
  • その百度の動きを横目に、後発で追い上げているのが京東である。EC第2位の京東は、2018年4月に、独アリアンツの中国法人(損保)へ30%の出資を実現させ、第2位の株主となった。
     
  • 中国におけるプラットフォーマーは、全体的にみて、損保分野への進出や検討が進んでいる。現時点で、生保分野は信美人寿相互保険(アリババ)、和泰人寿(テンセント)の2社のみとなっている。
    本稿ではアリババ系の信美人寿相互保険の経営状況を取り上げて紹介する。

■目次

1-苦戦する百度、積極的なアリババ・テンセント、後発追い上げの京東
2-プラットフォーマー系生保元年、進むアリババ経済圏の顧客の囲い込み
3-保障コストの支払いはポイントで?子ども向け重大疾病保障で、1,000万人の加入者を獲得
4-2018年、業界を震撼させた「シャンフバオ」の現在の状況
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【中国大手プラットフォーマーBATJによる保険分野への進出【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(34)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国大手プラットフォーマーBATJによる保険分野への進出【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(34)のレポート Topへ