2018年11月12日

加入者が1日100万人?-アリババ会員向け重大疾病保障とは?

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

アジア・新興国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • アリババグループのネットサービスを利用するアリ会員向けに開発された重大疾病保障が話題となっている。オンラインでの加入受付を開始した10月16日以降、わずか2週間で加入者が1,300万人を超えたという。
     
  • 最大の特徴は、加入時に保険料に相当する保障コストがかからず、将来時点で発生する給付の多寡に応じて後払いをするという点にある。加入者は年齢や性別に関係なく、同額を負担することになっている。
     
  • 加入の条件は、(1)アリ会員であること、(2)ゴマスコアが650点以上であること、(3)年齢が59歳までであること、(4)健康状態が要件を満たしていること、である。
     
  • 膨大な数のユーザーの保険ニーズと金融ビッグデータをアリババ経済圏内にどう留めておくか、巨大なプラットフォーマーによる保険分野への進出は、保険そのもののあり方を再定義する勢いで進む様相を呈している。

■目次

1-受付開始後2週間で1,300万人が加入
2-アリ会員(利用頻度)とゴマスコア(信用偏差値)という独自の指標
3-給付の多寡に応じて保障コストは後払い、年齢・性別にかかわらず同額を拠出
4-新たな保険商品?プラットフォーマーによる保険分野への進出
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

レポート

アクセスランキング

【加入者が1日100万人?-アリババ会員向け重大疾病保障とは?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

加入者が1日100万人?-アリババ会員向け重大疾病保障とは?のレポート Topへ