2020年06月16日

アリババ、慢性病患者でも加入可能なP2P癌保障を発表【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(42)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

アリババ・グループは「相互宝」シリーズの第三弾として、「慢性病互助プラン」を発表した。これは、慢性病に罹患していても加入することができ、癌など悪性腫瘍を給付対象としている医療保障プランである。相互宝などのP2P互助は、需要に応じた商品の個別化を進め、テーラーメイド型の商品を増やしている。

アリババ・グループによると、P2P互助の加入者の多くは小規模都市に集中し、保険商品に加入したことがないとしている。また、2025年までにP2P互助の加入者は4.5億人まで増加すると予測している。これは中国の総人口の3割に相当する規模である。

2020年2月、急速に拡大するP2P互助について、政府はその役割を公式に認め、国の医療保障体系を支える民間保障の1つとして位置づけた。今後、民間の健康保険とともに、更なる役割の発揮が期待されている。

■目次

1-慢性病でも加入できるP2P癌保障「慢性病互助プラン」とは?
2-2025年にP2P互助の加入者は4.5億人に拡大、人口の3割が加入の可能性も?
3-P2P互助のプレゼンス向上、医療保障体系の一翼を担う存在に
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
53_ext_01_0.jpg

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【アリババ、慢性病患者でも加入可能なP2P癌保障を発表【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(42)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アリババ、慢性病患者でも加入可能なP2P癌保障を発表【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(42)のレポート Topへ