2021年03月05日

米国株式インデックス投資、どれを選べば良いのか-S&P500 vs ダウ平均 vs ナスダック100

  水野 友理那

このレポートの関連カテゴリ

株式 投資信託 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

米国株式市場を対象としたインデックス、S&P500、ダウ・ジョーンズ工業株価平均、ナスダック100について、特徴や過去の運用実績の違い等を紹介する。S&P500は、米国企業の大型株を中心とし、米国市場の時価総額8割をカバーしている。ダウ・ジョーンズ工業株価平均は、米国企業の中でも優良企業30社を厳選したインデックスだ。ナスダック100は「情報技術」の業種の割合が高いといった特徴がある。過去のデータに基づき、各インデックスに積立投資、一括投資をしていた場合に期待できる最終資産額を示す。

■目次

1――米国株式市場と主要なインデックス
2――推移と運用実績
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

水野 友理那

研究・専門分野

アクセスランキング

レポート紹介

【米国株式インデックス投資、どれを選べば良いのか-S&P500 vs ダウ平均 vs ナスダック100】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国株式インデックス投資、どれを選べば良いのか-S&P500 vs ダウ平均 vs ナスダック100のレポート Topへ