2020年11月19日

金利予測に基づく債券インデックスのリターン

金融研究部 研究員・年金総合リサーチセンター兼任   水野 友理那

このレポートの関連カテゴリ

金利・債券 投資信託 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

過去10年の債券インデックスのリターンは、キャピタルリターン、インカムリターンともにプラスであった。ニッセイ基礎研究所「中期経済見通し(2020~2030年度)」によると、メインシナリオとして10年国債利回りは今後10年間でわずかではあるが徐々に上昇していくことが予測されている。この見通しに基づくと、債券インデックスの累積トータルリターンは10年間で5%になると推計される。今後の債券インデックスの投資への判断の一助としていただきたい。

■目次

1――金利の上昇でマイナス収益となるのはキャピタルリターン
2――金利予測に基づく債券インデックス(NOMURA-BPI総合)のリターンの見通し
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   研究員・年金総合リサーチセンター兼任

水野 友理那 (みずの ゆりな)

研究・専門分野
証券・企業分析、資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【金利予測に基づく債券インデックスのリターン】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金利予測に基づく債券インデックスのリターンのレポート Topへ