2020年07月30日

国内外の株式投資は何から始めればよいか-外国株式インデックスファンドの基礎知識

金融研究部 研究員・年金総合リサーチセンター兼任   水野 友理那

このレポートの関連カテゴリ

イデコ(iDeCo) 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

国内外の株式に投資をする場合、どうしたら良いのだろうか。初心者が投資を始める場合は一般的に投資信託のインデックスファンドからスタートすることが多いと思われる。海外の株式を対象としたインデックスファンドにはどのようなものがあるのだろうか。また、外国株式インデックスファンドをどのように選択し、またどのような考え方で組み合わせるのが良いのか、その基本的な考え方について、いくつか紹介してみたい。

■目次

1――外国株式インデックスファンドの種類は
2――外国株式インデックスファンドを選ぶ際の注意点
  1|対象地域の範囲・国内株式の有無
  2|長期的なリターンと変動
  3|為替ヘッジの有無
  4|手数料
3――国内株式インデックスファンドと組み合わせる場合の考え方
  1|2資産に投資する場合の分散効果
  2|2資産に投資する場合の適切な投資配分
4――結論
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

55482_ext_01_0.jpeg

金融研究部   研究員・年金総合リサーチセンター兼任

水野 友理那 (みずの ゆりな)

研究・専門分野
証券・企業分析、資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【国内外の株式投資は何から始めればよいか-外国株式インデックスファンドの基礎知識】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国内外の株式投資は何から始めればよいか-外国株式インデックスファンドの基礎知識のレポート Topへ