2020年08月31日

積立投資で老後資金を準備する-積立額は年齢別ではどれくらい?

金融研究部 研究員・年金総合リサーチセンター兼任   水野 友理那

金融(ファイナンシャル)ジェロントロジー 投資信託 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2019年6月に老後資金2000万円問題が話題となった。発端となった報告書では、平均的な夫婦無職世帯が、公的年金を超える実支出の分を貯蓄で対応するのに必要な資金が2000万円であると言及したに過ぎない。老後のために必要な資産額は、余命や生活水準によって異なるものの、65歳時点で2000万円の資金保有を目標としたとき、毎月どれほど貯金や投資したら良いのかを、開始時の資産額も踏まえ年齢別に考えてみたい。本稿は計画的に老後資金を準備するための計算の基礎として、若年時から考える資金プランの参考になるのではないかと思われる。

■目次

1――65歳までに2000万円準備するための毎月の積立額
  1|預貯金で準備する場合
  2|投資することも考慮した場合
2――2000万未達リスクを抑えるためにできること
3――結論
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   研究員・年金総合リサーチセンター兼任

水野 友理那 (みずの ゆりな)

研究・専門分野
証券・企業分析、資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【積立投資で老後資金を準備する-積立額は年齢別ではどれくらい?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

積立投資で老後資金を準備する-積立額は年齢別ではどれくらい?のレポート Topへ