2021年04月28日

コロナ禍で増す「家飲み」需要-現役世帯を中心に支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?

生活研究部 主任研究員   久我 尚子

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 総務省「家計調査」によると、2020年3月以降、二人以上世帯の外食の「飲酒代」は前年同月より減少する一方、「酒類」は増加している。特に「チューハイ・カクテル」の増加幅が大きい。「家飲み」の支出額は増えているが、元々支出額の大きな「外飲み」が減ることで、世帯当たりのアルコール関連の支出額は全体としては減少している。
     
  • 世帯主の年齢によらず「酒類」は増えているが、特にコロナ前は会社帰りの「外飲み」機会の多かった30~50歳代の現役世帯で目立つ。内訳は、ビールや発泡酒など以前も家で日常的に飲んでいたものに加えて、非日常感や気分転換を求めているのか、若い世帯を中心にウィスキーなど、以前は家であまり飲んでいなかったものも増えている。
     
  • 近年の変化に目を向けると、若者や男性では20年前より飲酒習慣率が低下し、「アルコール」離れをしている。米国のミレニアル世代を中心に健康などへの悪影響から、あえて飲まない選択をする「ソーバーキュリアス」という新潮流があり、日本の若者でも半数以上は日常的に飲酒をしていない。コスパ意識や安全志向の高い若い世代では、飲酒はメリットをデメリットが上回る娯楽と認識されている可能性がある。
     
  • コロナ禍で、飲食店のようなきめ細かな泡を楽しめる缶ビールや極低アルコール飲料など「家飲み」需要を見込んだ新商品が登場している。成熟市場では、時勢に応じて、いかにきめ細やかに消費者のニーズをくみ取れっていくかが重要だ。コロナ禍で需要構造が激変し、苦境に立たされる企業も多い。ウイルスとの戦いは未だ続いているが、今後とも様々な領域で企業の取り組みに期待をしていきたい。


■目次

1――はじめに
 ~コロナ禍で「外飲み」から「家飲み」需要へシフト、「外飲み」気分を味わえる新商品も登場
2――コロナ禍におけるアルコール支出の変化
 ~「家飲み」支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?
  1|二人以上世帯の状況
   ~「外飲み」大幅減少、「家飲み」増加でアルコール関連支出はトータルでは減少
  2|世帯類型別の特徴
   ~現役世帯を中心に「家飲み」支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?
3――近年のアルコール消費動向~若者ほどあえて飲まない「ソーバーキュリアス」の増加
4――おわりに~成熟市場における商品の多様化、コロナ禍ならではのヒット商品にも期待
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   主任研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

アクセスランキング

レポート紹介

【コロナ禍で増す「家飲み」需要-現役世帯を中心に支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

コロナ禍で増す「家飲み」需要-現役世帯を中心に支出増加、ウィスキーで非日常感も楽しむ?のレポート Topへ