ジェロントロジー(高齢社会総合研究)

ジェロントロジーを学ぼう!~人生100年時代の基礎知識


日本はこれから本格的な超高齢社会を迎えます。同時に一人ひとりの個人は“人生100年時代”とも揶揄される長寿の時代を歩んでいきます。人生の長さが延びることは本来喜ばしいことですが、安心して最期まで歩んでいくには、どちらかと言えば不安ばかりが想起されてしまうのではないでしょうか。その不安を“安心”、そして“喜びや希望”に変えていくには、個人、地域、市場、社会のあらゆる領域で、様々な見直しと新たなチャレンジを行っていくことが大事です。

このコーナー「ジェロントロジーを学ぼう」では、そうした見直しとチャレンジを後押しすべく、個人にとって「人生100年を自分らしくより良く生きていくうえで役立つ情報」、地域・市場・社会の側から「人生100年を支え、導くうえで有益な情報」を、人生100年を支える重要な柱である「健康寿命」「社会活動寿命」「資産寿命」のカテゴリーに分けてお届けします。

各コンテンツについてはクリックしてご確認下さい。



ジェロントロジーセミナー・シンポジウム開催実績


ジェロントロジー研究の最新動向等を学ぶために開催したセミナー・シンポジウムの概要(開催結果)を紹介します。ジェロントロジー推進室では、高齢化課題解決、安心で豊かな長寿の実現に必要な取り組みとは何か、当イベントを通じて追究していきます。
>開催結果レポート・動画はこちら
※動画は公開期間が定められています


ジェロントロジー座談会(対談)~各領域における実装へ


私たち一人ひとりが、安心して“人生100年時代”を過ごしていくためには、社会の様々な領域において、ジェロントロジーの知識や視点を活用し、制度やサービスを見直していくことが必要になります。そのため、このコーナーでは、各領域で、超高齢社会にふさわしい先進的な取り組みを行っている企業や行政、大学関係者の皆様と、ニッセイ基礎研究所の研究員が対談を実施し、新しい制度やサービス、デザイン等のあるべき姿について、考えていきます。
>座談会(対談)レポートはこちら


ジェロントロジーとは


ジェロントロジーとは、「加齢に伴う心身の変化を研究し、高齢社会における個人と社会の様々な課題を解決することを目的とした、AGING(加齢・高齢化)を科学する学問」です。日本語では、「老年学」、「加齢学」、「高齢社会総合研究学」などと訳されます。加齢や高齢化に関するあらゆる専門分野の知識を集積して、融合された新な価値・知見を社会に還元していくことがジェロントロジーの役割です。

ジェロントロジーとは



ニッセイ基礎研究所におけるジェロントロジー研究の歩み(ジェロントロジー推進室)


ニッセイ基礎研究所では、高齢化する日本の未来を見据え、いち早くジェロントロジーの重要性を理解するなか2001年よりジェロントロジー研究に着手しました。2006年からは、日本生命・セコム・大和ハウスの3社の寄付により東京大学に設置した「東京大学総括プロジェクト機構ジェロントロジー寄付研究部門」と、2009年からは当寄付研究部門が発展した「東京大学高齢社会総合研究機構(IOG;Institute of Gerontology)」とともにジェロントロジー研究を推進してきています。


※ ジェロントロジー推進室の詳細はこちら


ジェロントロジー関連情報


東京大学高齢社会総合研究機構HP(IOG)



年度で絞り込む

  • コラム
    2007年10月05日

    定年後にどうなる?~男性のワークライフバランス

    仕事と家庭の「両立」という言葉は、「両方立つ」と書くせいか、両方完璧にする、といった印象をともなう。むしろ、仕事と家庭の両方に関わる場合には、それらの狭間で悩みながら何とかバランスをとるというほうが実態に合うからで...

  • コラム
    2007年09月28日

    超高齢社会の処方箋「個育て」のすすめ

    総務省が今年の「敬老の日」にちなんで発表した統計トピックスによると、65歳以上の高齢者人口は2,744万人、高齢化率は21.5%と過去最高となった。65~74歳の前期高齢者は1,475万人と前年より33万人増加、7...

  • 2007年09月26日

    長寿科学研究からみる予防行動と健康指導の新たな視点

    2008年4月より生活習慣病・メタボリックシンドローム対策としての「特定健康診査・特定保健指導」がスタートする。より豊かな超高齢社会の実現に向けては、単なる医療費適正化の筋からだけでない、「健康・長寿」の本質を捉え...

  • コラム
    2007年09月18日

    団塊の世代と社会起業家

    団塊の世代において社会貢献への関心が高い。これは、ニッセイ基礎研究所が定年前後の中高年男性を1997年から8年間にわたってトレースしてきた「中高年パネル調査」の結果にも出ており、リタイア後の重要な関心事として社会貢...

  • コラム
    2007年09月14日

    スローライフ~「時感」を楽しむ

    あなたは1年間に何回出張しますか? 平成18年の総務省「社会生活基本調査」生活行動編によると、「業務出張・研修・その他」による1泊2日以上の旅行をする人の割合が減少している。その理由としては、ITの進歩により出張の一...

  • コラム
    2007年09月12日

    「余暇」と「余生」-”余り”が大事な時代

    総務省の「社会生活基本調査」では、1日の生活時間を1次活動(睡眠、食事など生理的に必要な活動)、2次活動(仕事、家事など社会生活を営む上で義務的な性格の強い活動)、3次活動(これら以外の各人が自由に使える時間におけ...

  • コラム
    2007年09月10日

    中高年サラリーマンのダイエット-もうひとつの生活習慣病

    最近、メタボリックシンドロームという言葉をよく耳にする。不健康な生活習慣を続けていると、内臓脂肪が蓄積し、動脈硬化や脳卒中、心疾患を引き起こす可能性が高まる。厚生労働省の資料によると、50歳代の男性では、ほぼふたり...

  • 2007年08月24日

    高齢者世帯における消費・貯蓄の構造変化

    高齢者世帯が受給する公的年金の平均額が90年代末から低下する一方、きわめて少額しか受給できないケースも減ったために、あえて働くことはしない無職者が増え、就労所得も減少している。消費の方はあまり減少しなかったため、か...

  • コラム
    2007年08月20日

    中高年で「遠距離」といえば

    若い人の間で「遠距離」といえば、専ら「遠距離恋愛」を意味するそうだが、中高年世代における「遠距離」は何を意味するであろうか。この問いに対する回答として、もちろん「遠距離恋愛」は重要な位置を占めようが、これに加えて中...

  • コラム
    2007年07月30日

    「男介の世代」

    中高年男性の間で、「男介の世代」という笑えない駄洒落が流行っている。もちろん「団塊の世代」をもじった言葉であり、最近ではインターネットでの検索でも多数ヒットするところにまで来ている。その意味は、もちろん介護を行う中...

    神座 保彦

関連カテゴリ

アクセスランキング

ジェロントロジー(高齢社会総合研究)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る