社会保障・税改革

日本の年金制度、医療制度、介護制度の現状と課題、年金財政の見通し、消費増税について解説し提言を行います。

年で絞り込む

2017年04月24日

地域医療構想と病床規制の行方-在宅医療の体制づくりが急がれるのは、どのような構想区域か?

日本では、疾患を抱えた高齢期の患者の数が増加すると見込まれている。これに伴い、患者の健康寿命を延伸させつつ、医療費の抑制を目指して、病床機能の見直しが図ら...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2016年10月27日

「年金カット法案」という決め付けに、若者は怒れ!

54185_ext_03_0_S.jpg

現在の臨時国会に付されている公的年金の改正法案(「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律案」)に対して、野党から「年金...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2016年04月13日

日韓比較(14):最低賃金―同一労働同一賃金の実現に向けて、段階的な最低賃金の引上げを―

日本の2015 年度における最低賃金の全国平均は798円で、前年度の780円より18円ほど高くなった。日本円に換算した2016年度の韓国の最低賃金は615円...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年04月12日

無いものねだりは国を滅ぼす~リスクなくしてリターンなし。国債ならマイナス利回り。~

52695_ext_03_0_S.jpg

昨年度の公的年金等の運用成果について、様々な憶測が報道や政界を賑わせはじめている。市場の大きな価格変動によって年金積立金管理運用独立行政法人(以下、「GP...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸

金融研究部

2016年03月15日

韓国における給付付き税額控除制度の現状と日本へのインプリケーション―軽減税率より給付付き税額控除?―

韓国では税制による所得支援で勤労貧困層の勤労インセンティブを高めるとともに、所得を捕捉するインフラを構築し社会保険料負担の衡平性及び制度運営の効率性を高め...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2016年03月03日

平成28年度税制改正について

平成28年度の税制改正大綱の中で、年金分野では、(1)確定給付企業年金等の拠出金の損金算入枠の拡大や、(2)マイナンバー記載書類の見直しなどの納税環境整備...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2015年10月16日

固定資産税再考~望ましくないこれ以上の負担増~

■見出し1―はじめに2―固定資産課税の概要~大きな負担を産んだ7割評価3―日本の固定資産税の総税収比率はOECD最上位である米国水準まで上昇4―保有税収の...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2015年09月30日

新3本の矢、「一億総活躍」実現には社会保障改革と労働市場改革が必要

■要旨9月24日、安倍首相は、アベノミクスの第2段階となる新3本の矢を示した。安倍首相は「一億総活躍」社会の実現に向け、新たな3本の矢として(1)希望を生...

続きを読む

薮内 哲
2015年04月03日

公的年金の改定ルールの再確認と見直しの方向性

去る1月30日に2015年度に向けた公的年金の改定率が発表された。名目額では+0.9%の増額だが、特例水準の解消とマクロ経済スライドの発動によって、実質的...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫

保険研究部

2015年03月31日

NISA~誰が為の制度か~

3月初旬、金融庁はNISA(少額投資非課税制度)の昨年12月末までの利用状況(速報値)を発表した。それによると、制度スタートから2年目を迎えたNISAの開...

続きを読む

前田 俊之

前田 俊之

2015年02月04日

確定拠出年金制度がさらに拡充・便利に~平成27年度税制改正

12月末に、来年度の税制改正の大枠が決まった。年金税制では、今後、確定拠出年金に誰でも加入できるように税制上の手当が行われた。ほかにも、自助努力を後押しす...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2015年02月03日

外国人労働者と公的年金―外国人に働くインセンティブを、36ヶ月という壁の撤廃を!―

■要旨日本への外国人留学生数は1983年の10,428人から2013年には135,519 人に大きく増加している。「留学生10万人計画」を達成した日本政府は...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

2015年01月07日

将来を見据えた備えとしての年金

内閣改造で登用した閣僚の政治資金問題と、消費税率引上げによる景気後退から生じた支持率の低下を打開するために、衆議院の解散・総選挙が行われた。長期政権への地...

続きを読む

2014年11月27日

社会保障をめぐる議論は票にならない?~世代別人口動態からみる選挙~

早いものでもう師走が目前、12月2日からは年末の選挙戦が始まる。今回の解散を決めた安倍首相によると、この選挙の争点はアベノミクスだという。これに対し民主党...

続きを読む

前田 俊之

前田 俊之

2014年11月25日

消費税率引上げ先送りにより日本国債格下げはあるか?~市場が注視する日本のデフォルト時期

安倍首相は2014年11月18日、2015年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを1年半先送りすることを表明した。この見送りに伴い、財政の悪化が...

続きを読む

大山 篤之
2014年11月11日

消費税率引き上げ判断-先送りの場合、何が起こり、何が次のポイントとなるのか

2015年10月に予定している消費税率10%への再引き上げを延期するとともに衆議院を解散する案が急浮上している。17日発表予定の7~9月期のGDP(速報値...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

経済研究部

2014年10月30日

消費増税及び相続税強化による住宅市場への影響~市場に多大な影響を及ぼさない課税のあり方を模索すべき~

■見出し1―はじめに2―1997年増税前後の住宅市場 (1) 住宅着工総戸数の推移と社会経済情勢 (2) 駆け込みと反動減の把握 (3) 持家・貸家・分譲住宅における...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2013年11月05日

地方財政の健全化は進んだのか?-その3:景気変動下の地方税収と税制改正

■要旨最新の2012年度決算までのデータを用いた分析を通じて明らかになった点は、以下のとおりである。第1に、名目GDPがピーク時の水準を回復していないため...

続きを読む

石川 達哉

石川 達哉

経済研究部

2013年10月25日

医療保険と消費税~一体改革とは別の“もう一つの”消費税問題

■見出し1―― はじめに ・・・医療保険と消費税がクローズアップされる背景は2―― 医療機関の消費税負担の仕組み ・・・医療機関の消費税負担の実態はどうなっている...

続きを読む

阿部 崇
2013年06月12日

政府債務残高が家計金融資産残高を超える日

日本銀行が“異次元金融緩和”に踏み切って以来、インフレ率と長期金利の先行きに対して様々な見方が交錯し、長期金利が一時期激しく変動す...

続きを読む

石川 達哉

石川 達哉

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

社会保障・税改革のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

社会保障・税改革のレポート Topへ