経済

少子・高齢化による人口減少社会の到来、経済活動のグローバル化、経済政策・金融政策の転換といった変革期において、世界規模で経済動向は変化しており、様々なニュースが日々飛びかっています。この「経済領域」の一覧では、日本経済、米国経済、欧州経済をはじめ、中国を中心とするアジア・新興国経済の景気動向や構造的変化を様々な最新の情報をもとに分析し、日本経済の抱える諸課題を解明するレポートを提供します。

年で絞り込む

2017年04月28日

2017年1-3月期の実質GDP~前期比0.4%(年率1.4%)を予測

5/18に内閣府から公表される2017年1-3月期の実質GDPは、前期比0.4%(前期比年率1.4%)と5四半期連続のプラス成長になったと推計される。外需...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年04月28日

新卒の就職活動は超売り手市場~AIの時代に求められるもの~

55615_ext_03_0_S.jpg

経団連の「採用選考に関する指針」は、2018年の新入社員採用について、広報活動が3月1日から、選考活動は6月1日からとしている。オフィス街には会社説明会に...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一
経済研究部

2017年04月28日

家計調査17年3月~2度目のプレミアムフライデーは不発

総務省が4月28日に公表した家計調査によると、17年3月の実質消費支出は前年比▲1.3%(2月:同▲3.8%)と13ヵ月連続で減少したが、減少幅は前月から...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年04月28日

鉱工業生産17年3月~1-3月期はほぼ横ばいだが、基調としては堅調を維持

経済産業省が4月28日に公表した鉱工業指数によると、17年3月の鉱工業生産指数は前月比▲2.1%(2月:同3.2%)と2ヵ月ぶりに低下し、事前の市場予想(...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年04月28日

消費者物価(全国17年3月)~物価の基調は弱く、年度替わりの値上げも限定的

総務省が4月28日に公表した消費者物価指数によると、17年3月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比0.2%(2月:同0.1%)...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年04月27日

みんなのブロックチェーン入門(1)~ブロックチェーンは世界を変えるかもしれない~

55597_ext_03_0_S.jpg

ブロックチェーンは、世界に変革をもたらす技術と期待されている。パソコンやインターネットに匹敵する技術革新だとの声もある。日本でも2015年後半からメディア...

続きを読む

佐久間 誠

佐久間 誠
金融研究部

2017年04月27日

「マーケットシェア」の意味するものは何か?-電気・電子産業における有力「下請企業」の出現等の構造変化に着目して-

スマートフォン・薄型テレビ・パソコンや半導体等の電気・電子産業において、モジュール生産(組み合わせ生産)のトレンドが進行する中、業界における主要プレーヤー...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一
保険研究部

2017年04月26日

中国経済:17年1-3月期を総括した上で今後の注目点を探る~「新常態」の本気度が試される局面

中国経済の成長率が加速してきた。中国国家統計局が公表した17年1-3月期の実質成長率は前年同期比6.9%増と2四半期連続で上昇、3月開催の全国人民代表大会...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎
経済研究部

2017年04月21日

米通商政策-二国間交渉重視の姿勢を明確化も、依然として通商政策の不透明感が強い

トランプ大統領は、選挙期間中から保護主義的な通商政策を主張していたことから、世界的な保護主義政策の広がりを懸念する声が強まった。通商政策が選挙の主要な争点...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩
経済研究部

2017年04月20日

貿易統計17年3月~1-3月期の外需寄与度は前期比0.1%程度のプラスに

財務省が4月20日に公表した貿易統計によると、17年3月の貿易収支は6,147億円と2ヵ月連続の黒字となり、事前の市場予想(QUICK集計:5,758億円...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年04月19日

図表でみる中国経済(株式市場編)~日本との相違点及びMSCI問題

本稿は、中国経済をこれから学ぼうとお考えの方々を対象に、新聞記事やレポートでは通常前提として省略されることが多い基礎的な経済データを、図表を用いて分かり易...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎
経済研究部

2017年04月19日

【3月米住宅着工、許可件数】着工件数は前月から減少し、予想を下回ったものの、許可件数は前月、予想を上回る結果。

4月18日、米国センサス局は3月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は121.5万件(前月改定値:130.3万件)と、128....

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩
経済研究部

2017年04月14日

混迷深まるフランス大統領選挙-極右対極左の決選の可能性も浮上

今月23日に第1回投票が迫るフランス大統領選挙の混迷の様相が深まっている。5月7日の第2回投票(決選投票)は、中道のマクロン候補と極右の国民戦線のルペン候...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり
経済研究部

2017年04月14日

人手不足はどこまで深刻なのか

失業率が約22年ぶりの2%台まで低下するなど雇用関連指標は大幅な改善が続いており、企業の人手不足感もバブル期並みの高さとなっている。こうした中、人手不足が...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年04月13日

プレミアムフライデーと休日の格差-新しい格差が広がらないようにより慎重な働き方改革の実施を!-

最近、政府が働き方改革の中で最も力を入れているのは長時間労働の是正であり、その一環として今年の2月24日から「プレミアムフライデー(Premium Frid...

続きを読む

金 明中

金 明中
生活研究部

2017年04月11日

【東南アジア経済】ASEANの貿易統計(4月号)~輸出は4ヵ月連続の二桁増を記録

17年2月のASEAN主要6カ国の輸出(ドル建て通関ベース)は前年同月比12.7%増と、前月の同12.5%増から小幅に上昇した。輸出は16年初から原油価格...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠
経済研究部

2017年04月11日

株式市場の展望-米政策期待の剥落で、伸び悩む日本の企業業績と株価

55479_ext_03_0_S.jpg

日経平均株価は3月下旬に2万円回復を伺う場面もあったものの、市場の期待と裏腹に下げに転じた。米政治への懸念や地政学リスクが意識される中、2017年度の株式...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2017年04月11日

景気ウォッチャー調査(17年3月)~停滞感強まり、人手不足、仕入れ価格の上昇は先行きの不安材料に~

4月10日に内閣府から公表された17年3月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DI(季節調整値)は47.4と前月から▲1.2ポイント悪化し、3ヵ...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄
経済研究部

2017年04月10日

「えひめ方式」未婚化への挑戦(1)-世界ランキングお年寄り大国第1位日本・少子化社会データ再考-地方を揺るがす「後継者問題」

55456_ext_03_0_S.jpg

平成27年国勢調査の速報集計結果で日本は今や「世界一のお年寄り大国」であることが示された。1950年からの人口に占める65歳以上人口の割合の上昇度合いには...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子
生活研究部

2017年04月10日

【3月米雇用統計】雇用者数は9.8万人増と、前月から大幅に伸びが鈍化も、失業率は4.5%と07年5月以来の水準に低下。

4月7日、米国労働省(BLS)は3月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で9.8万人の増加(前月改定値:+21.9万人)となり、前月から大...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩
経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る