経済

少子・高齢化による人口減少社会の到来、経済活動のグローバル化、経済政策・金融政策の転換といった変革期において、世界規模で経済動向は変化しており、様々なニュースが日々飛びかっています。この「経済領域」の一覧では、日本経済、米国経済、欧州経済をはじめ、中国を中心とするアジア・新興国経済の景気動向や構造的変化を様々な最新の情報をもとに分析し、日本経済の抱える諸課題を解明するレポートを提供します。

年で絞り込む

2017年08月15日

アジアの二都物語:「北京・上海」「デリー・ムンバイ」「ハノイ・ホーチミン」-各国の発展を牽引するライバル都市-

56412_ext_03_0_S.jpg

アジア新興国では、都市化(人口の都市への集中化傾向)が進行しており、従来の大家族制から都市在住の核家族化が進む中で、生活様式の近代化と耐久消費財やサービス...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一
保険研究部

2017年08月15日

2017・2018年度経済見通し(17年8月)

2017年4-6月期の実質GDPは前期比年率4.0%となり、6四半期連続でゼロ%台後半とされる潜在成長率を上回る成長となった。内容的にも、2016年後半の...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年08月14日

データ分析結果が示す「大都市・東京都の出生率支配要因」とは-少子化対策・印象論合戦に終止符をうつために-

56387_ext_03_0_S.jpg

日本に住む人口の10人に1人が集まる大都市・東京都の出生率の真の支配要因は何か。少子化対策を含め社会問題分野においては、事例紹介・印象論・定性調査を中心に...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子
生活研究部

2017年08月14日

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比1.0%(年率4.0%)~6四半期連続で潜在成長率を上回る高成長

2017年4-6月期の実質GDPは、前期比1.0%(年率4.0%)と6四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測7月31日:前期比0.9%、年率3.6%...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年08月10日

【東南アジア経済】ASEANの貿易統計(8月号)~輸出はレバラン休暇の影響で下振れ

17年6月のASEAN主要6カ国の輸出(ドル建て通関ベース)は前年同月比6.6%増と、前月の同17.3%増から低下した。6月の輸出はイスラム教のレバラン(...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠
経済研究部

2017年08月09日

景気ウォッチャー調査(17年7月)~盛夏商材の売れ行きが好調も、九州北部豪雨の影響で景況感は小幅の悪化~

8月8日に内閣府から公表された2017年7月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DI(季節調整値)は49.7と前月から▲0.3ポイント低下し、4...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄
経済研究部

2017年08月08日

より多様な道のある社会 -スポーツ嫌い半減目標の波紋

56330_ext_03_0_S.jpg

今年3月にスポーツ庁が「第2期スポーツ基本計画」で、スポーツ嫌いの中学生を半減するという目標を掲げたところ、反発の声が上がっているという。

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一
経済研究部

2017年08月08日

日銀のETF買い、やめるなら今が好機ー買入減額・売却時のシミュレーション

最近、日銀による金融緩和の「出口」が話題になることが増えた。出口とは金融緩和の縮小や金融政策の正常化を図ることだが、金融緩和策の目的である「2%の物価安定...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2017年08月08日

EU離脱に揺れる総選挙後の英国ー離脱戦略を巡る不透明感強まる

17年1~3月期の英国の実質GDPは前期比年率0.9%(前期比0.2%)と、英国経済の巡航速度である1%台後半を大きく下回る水準に減速した。減速の主因は、...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり
経済研究部

2017年08月07日

【7月米雇用統計】雇用者数は2ヵ月連続20万人超の増加、失業率も低下しており、堅調な労働市場を確認する結果

8月4日、米国労働省(BLS)は7月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+20.9万人の増加(前月改定値:+23.1万人)となり、前月か...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩
経済研究部

2017年08月07日

【インドネシア4-6月期GDP】前年同期比5.01%増~2期連続の5%成長も、力強さに欠ける展開

インドネシアの2017年4-6月期の実質GDP成長率 は前年同期比(原系列)5.01%増と、前期(同5.01%増)から横ばいとなり、市場予想 の同5.08%増...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠
経済研究部

2017年08月02日

最近の人民元と今後の展開(2017年8月号)~「人民元ショック」の再発に御用心!

7月の人民元レート(スポット・オファー、中国外貨取引センター)は米ドルに対して上昇、7月末は前月末比0.8%上昇の1米ドル=6.7291元で取引を終えた。...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎
経済研究部

2017年08月02日

【6月米個人所得・消費支出】個人所得、消費ともに前月から伸びが鈍化

8月1日、米商務省の経済分析局(BEA)は6月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は、前月比横這い(前月改定値:+0.3%)となり、+0...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩
経済研究部

2017年07月31日

10年越しのGST導入 インド経済どう変わる?

17年7月、全国一律の物品・サービス税が導入された。インドの間接税は種類が多い上に各州で税率が異なり、その複雑さがビジネスの阻害要因となっていたが、間接税...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠
経済研究部

2017年07月31日

iDeCoで株式投資

56305_ext_03_0_S.jpg

個人の資産形成において株式投資が拡大しない背景の一つに、国内株式が長期的な膠着状況から抜け出せないことが挙げられよう。TOPIXは2000年以降、ITバブ...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹
金融研究部

2017年07月31日

2017年4-6月期の実質GDP~前期比0.9%(年率3.6%)を予測

8/14に内閣府から公表される2017年4-6月期の実質GDPは、前期比0.9%(前期比年率3.6%)と6四半期連続のプラス成長になったと推計される。外需...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年07月31日

やりくりに余裕がない家計は変動金利を選択する傾向がある~家計の住宅ローン金利の決定要因分析~

56303_ext_03_0_S.jpg

住宅ローンの選択は家計の重要な意思決定の1つである。米国における研究によれば、住宅ローンの選択は、老後の準備のための貯蓄や株式投資よりも、家計の将来的な収...

続きを読む

北村 智紀

北村 智紀
金融研究部

2017年07月31日

転換点迎えた先進諸国金融政策~後れをとる日本~

56302_ext_03_0_S.jpg

NY市場ではダウ平均株価が史上最高値を更新し続けている。イエレン議長がFRBの資産規模を縮小する構えを見せているものの、利上げに対してはやや慎重な姿勢を見...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一
経済研究部

2017年07月31日

鉱工業生産17年6月~生産の回復基調が鮮明に

経済産業省が7月31日に公表した鉱工業指数によると、17年6月の鉱工業生産指数は前月比1.6%(5月:同▲3.6%)と2ヵ月ぶりに上昇し、ほぼ事前の市場予...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎
経済研究部

2017年07月31日

【4-6月期米GDP】前期比年率+2.6%、個人消費の回復で成長率は前期から上昇

7月28日、米商務省の経済分析局(BEA)は4-6月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。4-6月期の実質GDP成長率(以下、成長率)は、季節調整済の前...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩
経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る