財政・税制

バブル経済崩壊以降現在に至る税収の伸び悩みや社会保障関係費の増加等による歳出の拡大から、日本の財政状況が悪化を辿り、消費税増税、歳出構造の見直し等、財政再建に向けた取り組みが続いています。「財政・税制」の」一覧では、2020年度までのプライマリーバランスの黒字化の目標が掲げられる一方、金利高騰・通貨下落のリスクが指摘される中、わが国の財政政策、地方財政、税制についての分析、提言を行います。

年で絞り込む

2018年04月11日

国保の都道府県化で何が変わるのか(上)-制度改革の背景と意義を考える

58410_ext_03_0_S.jpg

2018年4月から国民健康保険の運営が市町村単位から都道府県単位に変わった。これは約50年ぶりと言われる大規模な制度改革であり、恒常的な赤字財政に苦しむ国...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2018年03月20日

2022年問題の不動産市場への影響~生産緑地の宅地化で、地価は暴落しない~

58199_ext_03_0_S.jpg

生産緑地の2022年問題をはじめに指摘したコラムを執筆したのは筆者である。しかしその後の意向調査結果、市街化区域内農地の状況、一連の法制度改正等を含めて分...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年03月20日

地方公会計制度とその改革~その2 地方公会計制度改革の経緯と課題~

58200_ext_03_0_S.jpg

本来地方公会計の果たすべき役割を踏まえると、現金主義・単式簿記による会計方式のみを前提とした地方公会計制度では不十分な面がある。そこで、総務省は現金主義・...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2018年03月13日

那覇=粟国(あぐに)路線の運休問題-資金不足なら、ふるさと納税を使ってはどうですか

58140_ext_03_0_S.jpg

来月から、那覇=粟国路線の運休が決まった。当路線は、今年1月に運航が再開したばかりであるが、再開当初から4月以降の運航は不透明であった。当時の新聞記事 によ...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年03月05日

なぜ賃金上昇の実感が乏しいか

57982_ext_03_0_S.jpg

安倍首相は経済団体首脳に対して、今年も賃金の3%アップを要請したと言う。業績好調な企業が賃上げを行うことは、ステークホルダーである従業員への還元という意味...

続きを読む

2018年03月05日

平成30年度税制改正について

57984_ext_03_0_S.jpg

平成30年度税制改正大綱は、昨年末に与党が公表し、閣議決定を経て、現在、国会審議に進んでいるところである。年金関係では、公的年金等控除が縮小(増税)される...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2018年02月27日

税制改正がもたらす国保財政の悪化-税制と社会保険料の整合的な議論を

57980_ext_03_0_S.jpg

政府・与党が昨年末に決定した税制改正が今後、農林水産業従事者や自営業者を主な対象として想定している国民健康保険制度の財政悪化をもたらす可能性がある。具体的...

続きを読む

三原 岳

三原 岳

保険研究部

2018年02月14日

生産緑地の貸借によって変わる都市農業と都市生活―都市農地の貸借円滑化法案の内容と効果

57870_ext_03_0_S.jpg

「都市農地の貸借の円滑化に関する法律案(以下、法案)」が、1月22日を召集日とする今通常国会に提出される予定である。この法案は昨年9月に農林水産省がまとめ...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2018年01月24日

新たな所得拡大促進税制は企業に賃上げを促すのか?

57692_ext_03_0_S.jpg

賃上げを巡る環境は大きく改善しているものの、企業側の賃上げ機運は十分に高まっておらず、政府からの賃上げ要請は年々強くなっている。その一環として、賃上げを行...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年01月24日

返礼品競争から脱却できるか?-ガバメントクラウドファンディングとしての機能

57689_ext_03_0_S.jpg

2017年9月26日、都道府県知事および市区町村長宛に、ふるさと納税のさらなる活用に関する総務大臣書簡が発出された。書簡によると、総務大臣には、ふるさと納...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2018年01月17日

生産緑地に関する税制改正とその影響-平成30年度税制改正による都市農地の見通しと課題

57648_ext_03_0_S.jpg

生産緑地法の一部改正を受けて、平成30年度税制改正大綱(以下大綱)において関連税制が決定した。これにより、地区指定から30年経過を迎える生産緑地所有農家が...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2017年12月28日

先進国の国債等の保有構造について~IMF先行研究に基づく推計結果~

57503_ext_03_0_S.jpg

日本の国債等残高対名目GDP比は先進国最悪の水準にも関わらず、日本の国債利回りは低位安定している。その要因の一つとして、日本の国債等の海外保有比率が低く、...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2017年10月27日

地方公会計制度とその改革~その1 地方公会計とは~

地方公会計制度の果たすべき役割は、地方公共団体が住民に適切かつわかりやすい財政情報を公表すること、また地方公共団体内における意思決定に役立つ会計情報を提供...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂

経済研究部

2017年10月04日

平成30年度に向けた予算・税制改正等の動き

平成30年度予算策定への動きが始まった。医療・年金を抱える社会保障費が増加し過去最大規模。あるいは防衛費が昨今の国際情勢を背景に増額要求となるなど、概算要...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年09月28日

「人づくり革命」の財源を消費税使途変更で捻出

安倍晋三首相は9月28日臨時国会冒頭に衆院を解散した。首相は総選挙公約の目玉として2兆円規模となる「人づくり革命」を打ち出した。幼児教育の無償化や高等教育...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2017年09月07日

ふるさと納税における競争は年々激化する-抜け道を完全に封鎖できるか?

56490_ext_03_0_S.jpg

平成29年度ふるさと納税に関する現況調査によると、平成28年度のふるさと納税額は2,844億円で、対前年度1.7倍となった。前年度の4.3倍と比較すると、...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2017年09月05日

19年10月にどのようにたどり着くか~消費税をめぐる2つの論点

2%の税率引き上げと2%の物価安定目標の達成という2つの「2%」の間には、トレードオフの関係がある。両者の優先順位をめぐっては、来年の秋にかけて活発な議論...

続きを読む

中里 透
2017年08月31日

再び問われる交付税特会の行方-地方財政の健全性は高まったのか?

国の一般会計予算と地方財政計画の間に位置して、国から地方への資金移転を媒介する役割を担っている交付税特会には、固有の歳入項目と歳出項目が存在するものの、か...

続きを読む

石川 達哉

石川 達哉

経済研究部

2017年08月22日

2つの無償化:看板政策「人づくり革命」を引っ張る

56441_ext_03_0_S.jpg

仕事人内閣と銘打った今回の新内閣だが、その看板政策の“人づくり革命”が動き出そうとしている。9月に「人生100年時代構想会議」を立ち上げるが、その注目点が...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2017年07月31日

10年越しのGST導入 インド経済どう変わる?

17年7月、全国一律の物品・サービス税が導入された。インドの間接税は種類が多い上に各州で税率が異なり、その複雑さがビジネスの阻害要因となっていたが、間接税...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

財政・税制のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

財政・税制のレポート Topへ