基礎研REPORT(冊子版)

日本経済の動きから消費者動向にいたるまで幅広い題材を取り上げ、世の中の流れをタイムリーに分析する情報誌です。
(月刊:原則毎月初第5営業日)

年で絞り込む

  • 1997年04月25日

    1997年度改定経済見通し

    ■目次1. 国内経済~増税等の家計の負担増加から、 上期足踏み2. 国内金融~利上げは 97 年度下期以降に3. 海外経済4. 為替■introduction日本経済は持ち直しの動きを強めているが、増税等の負担増などから、97年...

  • 1997年04月25日

    先行きの景気を懸念する企業が増加 6割強の企業が規制緩和を要望-ニッセイ景況アンケート調査結果

    ■目次1. 景気動向2. 規制緩和と企業経営ニッセイ景況アンケート調査について■introduction日本生命保険相互会社とニッセイ基礎研究所は、96年12月から97年1月にかけて「平成8年度下期・ニッセイ景況アンケ...

  • 1997年04月25日

    高齢社会に向けたまちづくり-自立生活支援のための福祉インフラ整備

    ■目次1.はじめに -大都市圏問題としての高齢化2. 日本の福祉施策の動向 -施設から在宅へ、 そして統合化へ3. 高齢社会に向けた福祉インフラ整備 -自立生活を支える施設整備おわりに■introductionこれまで高齢化問...

    土堤内 昭雄

  • 1997年04月25日

    「資本を大事にしよう」

    最近の新聞紙上で、 野村證券等を巡るスキャンダルが大きく取り上げられ、 資本市場の合理性あるいは透明性について大きな疑問が投げかけられている。野村證券でおこったことは、 味の素やその他の製造業の企業でおこったことと同質で、...

    細見 卓

  • 1997年03月25日

    日本経済の中期見通し

    ■目次高齢化迫る日本経済経済の現状と政策課題中期的見通し財政・金融政策の前提高止まりする失業率結び■introduction我が国は予想を上回る高齢化の途上にある。また、経済は回復力が弱い状況が続いている。本予測で...

  • 1997年03月25日

    「法の整備」

    規制緩和、 行政の簡素化の声が政治家やエコノミストの間だけでなく、 一般国民の間でも世論化している。 しかしながら、 現行のもろもろの規制や制限を撤廃した後の社会秩序をどのようにして維持すべきかについては、 これといった論議...

    細見 卓

  • 1997年03月25日

    情報化によるビジネス変化の方向性

    ■目次はじめにI. 情報化時代の本質II. 情報化によるビジネス変化の方向性III. おわりに~電子商取引に向けて■introduction昨今の情報社会を表すキーワードの一つとして「エレクトロニック・コマース」(EC、...

  • 1997年03月25日

    起業家経済の発展と中小企業

    ■目次1. 再び中小企業の時代2. 雇用創出の重要性3. 起業家経済システムの活用■introductionここ1、2年ベンチャー・ビジネスが再び脚光を浴びている。今回は戦後3度目のベンチャーブームであるが、過去2回より...

  • 1997年03月25日

    離陸期を迎えるモバイルデータ通信

    ■目次I. 世界トップレベルに達した移動電話普及率II. 需要高まるモバイルデータ通信III.期待される移動通信分野の国際競争力向上■introduction移動電話(携帯電話・PHS)の急速な普及が続いている。96年...

関連カテゴリ

アクセスランキング

基礎研REPORT(冊子版)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

基礎研REPORT(冊子版)のレポート Topへ