2006年01月25日

消費者の金融商品選択行動に対する新たな視座

生活研究部 井上 智紀

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

本稿では、消費の購入プロセス(ヒューリスティクス)により消費者を類型化し、取引金融機関との関係性等、実際の金融行動や意向について、差異を検証した。
その結果、既存の取引にこだわらず、積極的に金融商品や金融機関を選択していく「商品-機関型」の消費者は半数近くを占めていることが明らかとなった。
このような消費者に対しては、商品の独自性や優位性を強調していくなど、他金融機関へのスイッチを防ぐ顧客維持戦略の再構築が必要となろう。

(2006年01月25日「基礎研マンスリー」)

このレポートの関連カテゴリ

Xでシェアする Facebookでシェアする

生活研究部  

井上 智紀

研究・専門分野

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【消費者の金融商品選択行動に対する新たな視座】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

消費者の金融商品選択行動に対する新たな視座のレポート Topへ