米国経済

米国経済の動向が世界経済に大きな影響を与え、FRBの金融政策の一挙手一投足が市場関係者の注目を集めています。この「米国経済」の一覧では、米国経済の現状を小売売上高、耐久財受注、住宅着工・販売、貿易統計、ISM製造業指数、雇用統計等の月次で発表される経済指標からタイムリーな分析を行います。FRBが金融緩和政策から出口へと向かうなかで世界の金融市場に大きな影響を与えるFOMCの動向にこれまで以上に注視していきます。

年で絞り込む

2018年06月20日

【5月米住宅着工、許可件数】住宅着工件数は135万件と予想を上回る一方、許可件数は130万件と予想を下回る結果

58863_ext_03_0_S.jpg

6月19日、米国センサス局は5月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は135.0万件(前月改定値:128.6万件)と、128....

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月14日

【6月米FOMC】予想通り、政策金利を0.25%引き上げ、18年を年4回利上げに上方修正

58849_ext_03_0_S.jpg

米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が6月12-13日(現地時間)に開催された。FRBは、市場の予想通り、政策金利の0.25%引き上げを決定した。バランス...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月11日

米国経済の見通し-減税、拡張的な財政政策などから当面は堅調見通しも、影を落とす通商政策動向

58828_ext_03_0_S.jpg

米国の1-3月期の成長率(前期比年率)は+2.2%(前期:+2.9%)と、前期から伸びが鈍化。民間設備投資は好調を維持したものの、個人消費が大幅に鈍化した...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月08日

図表でみる世界経済(GDP編)~世界経済勢力図の現在・過去・未来

58816_ext_03_0_S.jpg

国際通貨基金の統計によると、2017年の世界の国内総生産は79.9兆米ドル、内訳は世界第一位の米国が19.4兆米ドル、第二位の中国が12.0兆米ドル、第三...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年06月07日

教条主義という危険-アキレスと亀の話を論破できますか?

58795_ext_03_0_S.jpg

アキレスは、致命的な弱点の代名詞であるアキレス腱に名を残しているギリシャ神話の英雄だ。。あるとき、友達が「俊足のアキレスは亀との競争に勝てない」という話を...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年06月07日

米中貿易摩擦と日本の役割-米国に代わるWTOの基本原則とその精神の主導者が必要!

58793_ext_03_0_S.jpg

米中貿易摩擦が深刻化してきた。米国が通商拡大法232条に基づく追加関税(鉄鋼25%、アルミ10%)を発動すると、中国はそれに対抗して追加関税を発動、「我が...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年06月04日

【5月米雇用統計】雇用者数は前月比+22.3万人(市場予想+19.0万人)、失業率は3.8%と18年ぶりの水準に低下

58766_ext_03_0_S.jpg

6月1日、米国労働省(BLS)は5月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+22.3万人の増加 (前月改定値:+15.9万人)となり、+16...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月01日

【4月米個人所得・消費支出】消費支出(前月比)は+0.6%。2ヵ月連続の高い伸びとなり、消費の回復が鮮明

58760_ext_03_0_S.jpg

5月31日、米商務省の経済分析局(BEA)は4月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.3%(前月改定値:+0.2%)となり、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年05月11日

米長期金利の動向-長期金利は一時14年初以来の3%台に上昇。利上げ継続、債務残高増加から一段の上昇へ

58648_ext_03_0_S.jpg

米長期金利(10年)は、一時14年初以来となる3%台をつけるなど、足元で上昇基調が持続している。長期金利の上昇は、米国以外の主要国でもみられるものの、米国...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年05月09日

保護主義色を強める米国-新たな国際経済体制が必要

58550_ext_03_0_S.jpg

米国は、安全保障を理由に鉄鋼・アルミ製品に高率輸入関税を適用する措置を発動した。さらに知的財産権の侵害を理由として、500億ドルに及ぶ中国からの輸入に対し...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年05月07日

【4月米雇用統計】失業率は7ヵ月ぶりに低下も、雇用者数は前月比+16.4万人増と、市場予想(+19.3万人)を下回る

58593_ext_03_0_S.jpg

5月4日、米国労働省(BLS)は4月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+16.4万人の増加 (前月改定値:+13.5万人)となり、+10...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年05月07日

【5月米FOMC】予想通り、政策金利を据え置き。インフレ見通しを上方修正し、6月利上げを示唆

58592_ext_03_0_S.jpg

米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が5月1-2日(現地時間)に開催された。FRBは、市場の予想通り、政策金利の据え置きを決定した。バランスシート政策に変...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年05月01日

【3月米個人所得・消費支出】消費支出(前月比)は+0.4%。3ヵ月ぶりに消費の伸びが加速

58567_ext_03_0_S.jpg

4月30日、米商務省の経済分析局(BEA)は3月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.3%(前月改定値:+0.3%)となり、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年05月01日

【1-3月期米GDP】前期比年率+2.3%、個人消費の伸びが前期から大幅に鈍化

58566_ext_03_0_S.jpg

4月27日、米商務省の経済分析局(BEA)は1-3月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。1-3月期の実質GDP成長率(以下、成長率)は、季節調整済の前...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年04月27日

教条主義という危険~アキレスと亀の話を論破できますか?~

58555_ext_03_0_S.jpg

アキレスは、致命的な弱点の代名詞であるアキレス腱に名を残しているギリシャ神話の英雄だ。あるとき、友達が「俊足のアキレスは亀との競争に勝てない」という話を持...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年04月20日

インフレ加速の足音-物価指標はインフレ加速を示唆。今後も賃金上昇、GDPギャップ解消からインフレは加速しよう

58491_ext_03_0_S.jpg

消費者物価指数(CPI)をはじめ、最近発表された主要物価指標は、昨年夏場に物価が底入れしたことを示しているほか、足元で物価上昇が加速している可能性を示唆。...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年04月18日

【3月米住宅着工、許可件数】住宅着工件数は131.9万、戸建ては減少も集合住宅が好調で、全体では市場予想を上回る結果

58474_ext_03_0_S.jpg

4月17日、米国センサス局は3月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は131.9万件(前月改定値:129.5万件)と、123....

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年04月13日

米中貿易摩擦と日本の役割-米国に代わるWTOの基本原則とその精神の主導者が必要!

58425_ext_03_0_S.jpg

米中貿易摩擦が深刻化している。第1段階では米国が安全保障上の脅威を理由に通商拡大法232条に基づく追加関税(鉄鋼25%、アルミ10%)を発動、中国はその対...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年04月09日

【3月米雇用統計】雇用者数は前月比+10.3万人増、前月(+32.6万人増)、市場予想(+18.5万人増)を大幅に下回る

58357_ext_03_0_S.jpg

4月6日、米国労働省(BLS)は3月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+10.3万人の増加(前月改定値:+32.6万人)となり、+31...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年04月06日

米経済政策の行方-株式市場は不安定に

58328_ext_03_0_S.jpg

米国では、有権者の支持を得ようとして景気刺激的な経済政策を行うために、大統領選挙の年に景気が良くなる傾向があるという「ポリティカル・ビジネス・サイクル(政...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

米国経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済のレポート Topへ