米国経済

米国経済の動向が世界経済に大きな影響を与え、FRBの金融政策の一挙手一投足が市場関係者の注目を集めています。この「米国経済」の一覧では、米国経済の現状を小売売上高、耐久財受注、住宅着工・販売、貿易統計、ISM製造業指数、雇用統計等の月次で発表される経済指標からタイムリーな分析を行います。FRBが金融緩和政策から出口へと向かうなかで世界の金融市場に大きな影響を与えるFOMCの動向にこれまで以上に注視していきます。

年で絞り込む

2018年08月17日

回復がもたつく米住宅市場 -米経済は好調も、住宅供給不足や、金利・住宅価格上昇が住宅市場回復の重石に

59380_ext_03_0_S.jpg

米国経済は、18年4-6月期の実質GDP成長率(前期比年率)が+4.1%と高成長となった。しかしながら、GDPにおける住宅投資は同▲1.1%と2期連続のマ...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年08月17日

【7月米住宅着工、許可件数】着工件数は116.8 万件と予想比下振れも、許可件数は131.1 万件と予想を小幅に上振れる結果

59379_ext_03_0_S.jpg

8 月16 日、米国センサス局は7 月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は116.8 万件(前月改定値:115.8 万件)と、117.3...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年08月08日

世界経済勢力図の現在・過去・未来

59280_ext_03_0_S.jpg

国際通貨基金(IMF)の統計によると、2017年の世界の国内総生産(名目GDP)は79.9兆米ドル、内訳は世界第一位の米国が19.4兆米ドル、第二位の中国...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2018年08月06日

【7月米雇用統計】雇用者数は前月比+15.7万人と予想(+19.3万人)を下回る一方、失業率は3.9%に低下

59273_ext_03_0_S.jpg

8月3日、米国労働省(BLS)は7月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+15.7万人の増加 (前月改定値:+24.8万人)となり、+21...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年08月02日

【8月米FOMC】予想通り、政策金利を据え置き、景気判断を上方修正

59238_ext_03_0_S.jpg

米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が7月31-8月1日(現地時間)に開催された。FRBは市場の予想通り、政策金利の据え置きを決定した。バランスシート政策...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年08月01日

【6月米個人所得・消費支出】消費支出(前月比)は+0.4%。前月から伸びが鈍化したものの、市場予想(+0.4%)に一致

59216_ext_03_0_S.jpg

7月31日、米商務省の経済分析局(BEA)は6月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.4%(前月値:+0.4%)となり前月、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年07月31日

見えない資産が変える経済~知的財産経済の課題~

59209_ext_03_0_S.jpg

企業が行う投資と言えば、工場の建物や生産設備といったものを思い浮かべる。しかし、企業の設備投資は、こうした目に見える形のあるものから、研究開発による特許取...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年07月31日

米選挙インフラのサイバー対策~国土安全保障省(DHS)は選挙インフラを「重要インフラ」指定し、サイバーセキュリティー強化をサポート

59208_ext_03_0_S.jpg

11月に中間選挙を控える米国では、既に幾つかの州で共和党と民主党の候補者を決める予備選挙がスタートしている。16年の選挙では、ロシアによるSNSなどを使っ...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年07月30日

【4-6月期米GDP】前期比年率+4.1%、個人消費、外需好調で14年7-9月期以来の伸び

59195_ext_03_0_S.jpg

7月27日、米商務省の経済分析局(BEA)は4-6月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。4-6月期の実質GDP成長率(以下、成長率)は、季節調整済の前...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年07月20日

米中貿易戦争の行方-米中貿易摩擦がエスカレート。落し所の見えない貿易戦争による米経済への影響を懸念

59121_ext_03_0_S.jpg

トランプ大統領は、選挙期間中から中国に対して強硬な通商政策を実施する方針を示していたが、18年夏場以降は中国からの輸入品のおよそ半分に相当する額に対して追...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年07月19日

【6月米住宅着工、許可件数】住宅着工件数は117.3万件、許可件数は127.3万件といずれも予想を下回り、モメンタムは低下

59109_ext_03_0_S.jpg

7月18日、米国センサス局は6月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は117.3万件(前月改定値:133.7万件)と、135....

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年07月09日

【6月米雇用統計】雇用者数は前月比+21.3万人と予想(+19.5万人)を上回るも、失業率は4.0%と3ヵ月ぶりに上昇

59019_ext_03_0_S.jpg

7月6日、米国労働省(BLS)は6月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+21.3万人の増加 (前月改定値:+24.4万人)となり、+22...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年07月05日

米国大統領の仕掛けた貿易戦争-争いの構造を理解する

59012_ext_03_0_S.jpg

米国発の貿易戦争が熱を帯び始めている。トランプ氏が大統領に就任して以来、常に燻り続けていた貿易戦争という火種がついに燃え上がり始めたような印象だ。各国では...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2018年07月02日

【5月米個人所得・消費支出】消費支出(前月比)は+0.2%。前月から伸びが鈍化し、市場予想(+0.4%)も下回る

58963_ext_03_0_S.jpg

6月29日、米商務省の経済分析局(BEA)は5月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.4%(前月改定値:+0.2%)となり、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月29日

米国の働き盛りを蝕むオピオイド―プライムエイジの労働参加率低下の主因か

58955_ext_03_0_S.jpg

米国ではオピオイドと呼ばれる麻薬性鎮痛薬の中毒患者や、過剰摂取による死亡者の増加が問題となっている。オピオイドにはモルヒネ、ヘロイン、オキシコドン、フェン...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月27日

保護主義色を強める米国-新たな国際経済体制が必要

58932_ext_03_0_S.jpg

米国は、安全保障を理由に鉄鋼・アルミ製品に高率輸入関税を適用する措置を発動した。カナダ、メキシコ、EU、韓国などは暫定的に適用除外となったが、日本は除外に...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年06月20日

【5月米住宅着工、許可件数】住宅着工件数は135万件と予想を上回る一方、許可件数は130万件と予想を下回る結果

58863_ext_03_0_S.jpg

6月19日、米国センサス局は5月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は135.0万件(前月改定値:128.6万件)と、128....

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月14日

【6月米FOMC】予想通り、政策金利を0.25%引き上げ、18年を年4回利上げに上方修正

58849_ext_03_0_S.jpg

米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が6月12-13日(現地時間)に開催された。FRBは、市場の予想通り、政策金利の0.25%引き上げを決定した。バランス...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月11日

米国経済の見通し-減税、拡張的な財政政策などから当面は堅調見通しも、影を落とす通商政策動向

58828_ext_03_0_S.jpg

米国の1-3月期の成長率(前期比年率)は+2.2%(前期:+2.9%)と、前期から伸びが鈍化。民間設備投資は好調を維持したものの、個人消費が大幅に鈍化した...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年06月08日

図表でみる世界経済(GDP編)~世界経済勢力図の現在・過去・未来

58816_ext_03_0_S.jpg

国際通貨基金の統計によると、2017年の世界の国内総生産は79.9兆米ドル、内訳は世界第一位の米国が19.4兆米ドル、第二位の中国が12.0兆米ドル、第三...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

米国経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済のレポート Topへ