米国経済

米国経済の動向が世界経済に大きな影響を与え、FRBの金融政策の一挙手一投足が市場関係者の注目を集めています。この「米国経済」の一覧では、米国経済の現状を小売売上高、耐久財受注、住宅着工・販売、貿易統計、ISM製造業指数、雇用統計等の月次で発表される経済指標からタイムリーな分析を行います。FRBが金融緩和政策から出口へと向かうなかで世界の金融市場に大きな影響を与えるFOMCの動向にこれまで以上に注視していきます。

年で絞り込む

2018年02月16日

トランプ政権のインフラ投資計画-2,000億ドルの連邦政府支出を呼び水に、1.5兆ドルのインフラ投資の実現は可能か

57908_ext_03_0_S.jpg

2月12日に、トランプ大統領は今後10年間で1.5兆ドル規模のインフラ投資計画を発表した。同大統領はこれまでインフラ投資拡大を政策公約として掲げていたが、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年02月05日

【1月米雇用統計】雇用者数は前月比+20万人増。時間当たり賃金は09年6月以来の前年同月比+2.9%に加速。

57814_ext_03_0_S.jpg

2月2日、米国労働省(BLS)は1月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+20.0万人の増加(前月改定値:+16.0万人)となり、+14...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年02月01日

【1月米FOMC】予想通り、政策金利を据え置き。声明文は3月追加利上げを示唆

57793_ext_03_0_S.jpg

米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が1月30-31日(現地時間)に開催された。FRBは、市場の予想通り、政策金利を据え置いた。今回発表された声明文では、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年01月30日

【12月米個人所得・消費支出】消費支出(前月比)は、前月から鈍化も堅調な伸びが持続

57757_ext_03_0_S.jpg

1月29日、米商務省の経済分析局(BEA)は12月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.4%(前月値:+0.3%)となり、前...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年01月29日

【10-12月期米GDP】前期比年率+2.6%、在庫、外需が成長を押下げ

57735_ext_03_0_S.jpg

1月26日、米商務省の経済分析局(BEA)は10-12月期のGDP統計(1次速報値)を公表した。10-12月期の実質GDP成長率(以下、成長率)は、季節調...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年01月19日

注目される移民政策の行方-DACAの期限が迫る中、「国境の壁」建設とのせめぎ合いで移民政策議論が本格化

57657_ext_03_0_S.jpg

若年層の不法移民救済策であるDACAの廃止期限が18年3月に迫る中、18年度の暫定予算審議と絡めて代替案の動向が注目されている。トランプ大統領は、国内の犯...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年01月19日

【12月米住宅着工、許可件数】住宅着工件数は119.2万件、戸建て件数の大幅な落ち込みから、前月および市場予想を下回る

57655_ext_03_0_S.jpg

1月18日、米国センサス局は12月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は119.2万件(前月改定値:129.9万件)と、129...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2018年01月09日

【12月米雇用統計】雇用者数は前月比14.8万人増と、前月改定値、市場予想を下回る

57525_ext_03_0_S.jpg

1月5日、米国労働省(BLS)は12月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+14.8万人の増加(前月改定値:+25.2万人)と、+22....

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年12月28日

日本経済・社会を活性化する起業の促進のために最も必要なこと

57501_ext_03_0_S.jpg

前回の弊コラム(2017年11月30日付、研究員の眼「世界のビジネスモデルを変革する起業家の出現を期待!」)では、新たな製品・サービス、ビジネスモデルによ...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一

保険研究部

2017年12月25日

【11月米個人所得・消費支出】個人所得(前月比)は予想対比下振れも、消費支出は予想を上回る

57465_ext_03_0_S.jpg

12月22日、米商務省の経済分析局(BEA)は11月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.3%(前月値:+0.4%)となり、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年12月21日

減少するアメリカの上場企業-株式市場を敬遠する新興企業

57443_ext_03_0_S.jpg

スペースⅩ(宇宙開発) 、ウーバー(配車サービス)、エア・ビーアンドビー(民泊)。将来を嘱望されるこれら新興企業は、いずれも未公開企業である。米国では株価指...

続きを読む

清水 勘

清水 勘

経済研究部

2017年12月20日

【11月米住宅着工、許可件数】住宅着工件数は129.7万件、下方修正された前月、市場予想を上回る。

57439_ext_03_0_S.jpg

12月19日、米国センサス局は11月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は129.7万件(前月改定値:125.6万件)と、12...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年12月14日

【12月米FOMC】予想通り、政策金利を0.25%引き上げ。18年の年3回利上げ見通しを維持

57388_ext_03_0_S.jpg

米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が12月19-20日(現地時間)に開催された。FRBは、市場の予想通り、政策金利の0.25%引き上げを決定した。バラン...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年12月11日

米国経済の見通し-ハリケーンにも拘らず、米経済の基調は底堅い。税制改革も含めた今後の経済政策に注目

57360_ext_03_0_S.jpg

米国の7-9月期成長率(前期比年率)は、+3.3%(前期:+3.1%)と相次ぐハリケーンにも拘らず前期から伸びが加速。消費や投資は鈍化も在庫投資や外需が成...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年12月11日

【11月米雇用統計】雇用者数は前月比22.8万人増と、市場予想を上回る伸びも、賃金上昇は依然緩やか

57359_ext_03_0_S.jpg

12月8日、米国労働省(BLS)は11月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+22.8万人の増加(前月改定値:+24.4万人)と、+26...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年12月01日

【10月米個人所得・消費支出】個人所得(前月比)は堅調も、消費支出は前月が好調であった反動もあり、所得の伸びを下回る

57309_ext_03_0_S.jpg

11月30日、米商務省の経済分析局(BEA)は10月の個人所得・消費支出統計を公表した。個人所得(名目値)は前月比+0.4%(前月値:+0.4%)となり、...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年11月30日

世界のビジネスモデルを変革する起業家の出現を期待!

57299_ext_03_0_S.jpg

私たちの日々の生活を考えてみると、過去20年前よりも新しくスタートした製品やサービス、ビジネスモデルによって、大きな影響を受け変化していると感じる。以下に...

続きを読む

平賀 富一

平賀 富一

保険研究部

2017年11月20日

【10月米住宅着工、許可件数】住宅着工件数は129.0万件、市場予想を大幅に上回り、16年10月以来の水準に回復

57202_ext_03_0_S.jpg

11月17日、米国センサス局は10月の住宅着工、許可件数を発表した。住宅着工件数(季節調整済、年率)は129.0万件(前月改定値:113.5万件)と、11...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年11月17日

税制改革実現は依然不透明-下院共和党案は本会議で可決も、税制改革実現は上院の動向が鍵

57193_ext_03_0_S.jpg

上下院過半数の支持だけで税制改革を可能にする、財政調整指示を盛り込んだ18年度予算決議が可決したことを受けて、上下院共和党主導で税制改革案の策定作業が進ん...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2017年11月08日

中期経済見通し(2017~2027年度)

57051_ext_03_0_S.jpg

世界経済は緩やかな回復が続いている。世界の実質GDP成長率は2010年の5%台をピークに減速を続け、2016年には3%台前半となったが、2017年は3%台...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

米国経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国経済のレポート Topへ