日本経済

この「日本経済」の一覧では生産、消費、物価、雇用、貿易、金利をはじめ、日本経済にかかわる問題を定性・定量の両面から調査し、予測・研究を行っており、ビジネスに役立つ情報を日々レポートとして提供します。
分析・予測には消費者物価指数(CPI)、鉱工業生産指数、企業物価指数、雇用統計、貿易統計、日銀統計など様々な角度からの情報を使い、日本経済の現状分析をタイムリーに提供します。

年で絞り込む

2018年12月04日

マイナンバーカード普及の課題-マイナンバーカードはデジタル国家への礎となるか

60256_ext_03_0_S.jpg

政府は、2013年に「世界最先端IT国家創造宣言」を閣議決定し、世界最高水準のIT利活用社会の実現により、日本経済の再生を目指した。来年の通常国会では、「...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

総合政策研究部

2018年12月03日

健康・医療データ利活用に向け、オランダの先進事例から学ぶもの~次世代ヘルスケア・システム成功の鍵を考える~

60253_ext_03_0_S.jpg

健康・医療分野においても、データ活用は重要で、そのインフラとなる情報基盤の整備が進められている。健康・医療の情報基盤は成長戦略上でも重視されているが、海外...

続きを読む

牧野 敬一郎

牧野 敬一郎

総合政策研究部

2018年12月03日

法人企業統計18年7-9月期-自然災害、既往の原油高の影響で、企業収益、設備投資の改善が一服

60252_ext_03_0_S.jpg

財務省が12月3日に公表した法人企業統計によると、18年7-9月期の全産業(金融業、保険業を除く、以下同じ)の経常利益は前年比2.2%と9四半期連続の増加...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年11月30日

鉱工業生産18年10月-挽回生産で予想を上回る高い伸び

60230_ext_03_0_S.jpg

経済産業省が11月30日に公表した鉱工業指数によると、18年10月の鉱工業生産指数は前月比2.9%(9月:同▲0.4%)と2ヵ月ぶりに上昇し、事前の市場予...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年11月28日

若年層と中壮年層に着目した外国人の人口動態

60216_ext_03_0_S.jpg

総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態および世帯数」によれば、日本人は減少し続けているのに対し、外国人が急速に増加している。人口減少局面に入った日本に...

続きを読む

吉田 資

吉田 資

金融研究部

2018年11月28日

テキストマイニングを用いて景況を把握する

60222_ext_03_0_S.jpg

ここのところ、国内において、テキストマイニングを利用した商品やサービスを目にすることが多くなった。テキストマイニングとは、テキスト情報の分析を機械的に行う...

続きを読む

水野 友理那

水野 友理那

金融研究部

2018年11月22日

消費増税対策の期限切れとオリンピックの終了

60177_ext_03_0_S.jpg

政府は、2019年10月に予定されている消費税率の引き上げが経済に影響を及ぼさないよう政策を総動員する方針だ。具体的には、従来から決まっていた幼児教育の無...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年11月22日

消費者物価(全国18年10月)-コアCPI上昇率は年末までに再び1%割れへ

60176_ext_03_0_S.jpg

総務省が11月22日に公表した消費者物価指数によると、18年10月の消費者物価(全国、生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.0%(9月:同1.0...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年11月21日

上場ベンチャーをめぐる議論

60174_ext_03_0_S.jpg

未上場だけでなく上場ベンチャーの更なる飛躍が期待されている。しかしながら、上場ベンチャーと株式市場の投資家(とりわけ機関投資家)には、まだまだ「距離」があ...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年11月19日

貿易統計18年10月-輸出は自然災害の影響剥落で増加に転じるも、減速基調は変わらず

60149_ext_03_0_S.jpg

財務省が11月19日に公表した貿易統計によると、18年10月の貿易収支は▲4,493億円と2ヵ月ぶりの赤字となり、事前の市場予想(QUICK集計:▲488...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年11月15日

2018~2020年度経済見通し(18年11月)

60134_ext_03_0_S.jpg

2018年7-9月期の実質GDPは消費、設備、輸出がいずれも減少し、前期比年率▲1.2%と2四半期ぶりのマイナス成長となった。10-12月期は自然災害によ...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年11月15日

リーマンショックから10年、日本のベンチャー環境を振り返る

60135_ext_03_0_S.jpg

日本のベンチャーの事業環境は、リーマンショック後しばらく低迷が続いたが、アベノミクスで息を吹き返し、足もとは盛り上がりを見せている。現在、ベンチャー・エコ...

続きを読む

中村 洋介

中村 洋介

総合政策研究部

2018年11月14日

QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比▲0.3%(年率▲1.2%)-自然災害の影響で2四半期ぶりのマイナス成長

60132_ext_03_0_S.jpg

2018年7-9月期の実質GDPは、前期比▲0.3%(年率▲1.2%)と2四半期ぶりのマイナス成長となった。輸出が大きく落ち込み、外需が成長率を押し下げる...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年11月12日

企業物価指数(2018年10月)~川上から川下への上昇圧力が弱まる~

60085_ext_03_0_S.jpg

11月12日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2018年10月の国内企業物価は前年比2.9%(9月:同3.0%)と上昇率は前月から0.1ポイン...

続きを読む

白波瀨 康雄

白波瀨 康雄

経済研究部

2018年11月07日

エスカレートする米中貿易戦争-世界経済に漂う暗雲

60027_ext_03_0_S.jpg

米中間の貿易不均衡を巡る対立は予想をはるかに上回る速度でエスカレートした。米中の対立が世界貿易の縮小に繋がれば、世界中の国々が大きな影響を受けることは避け...

続きを読む

櫨(はじ) 浩一

櫨(はじ) 浩一

経済研究部

2018年11月07日

データで見る「ニッポンの独身者は誰と暮らしているのか」-「結婚のメリットがわからない」独身者の世帯(居場所)のカタチとは。

60055_ext_03_0_S.jpg

筆者が日本の未婚化(2015年50歳時点婚歴なし:男性の約1/4、女性の約1/7)分析を行うようになってから、海外のメディアの問合せも増えてきている。海外...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2018年11月07日

中期経済見通し(2018~2028年度)

60057_ext_03_0_S.jpg

2008年秋にリーマン・ショックをきっかけとした世界金融危機が発生してから10年が経過した。世界経済はリーマン・ショック後の2009年にはマイナス成長とな...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2018年10月31日

消費増税へのハードル-増税対策は、費用対効果を考えて

59988_ext_03_0_S.jpg

消費税率の10%への引き上げまで1年を切った。財政健全化や社会保障の持続可能性を高めるためには、消費増税を実現して新たな税収源を確保することが欠かせない。...

続きを読む

鈴木 智也

鈴木 智也

総合政策研究部

2018年10月31日

新卒一括採用の今後-就活ルールの見直しを前向きに捉え、議論を継続させる

60017_ext_03_0_S.jpg

2018年9月3日に、中西経団連会長が就活ルールに対して問題提起をしたことを契機に、長らく議論されてきたルールの見直しが始まった。就活ルールの根拠となるの...

続きを読む

清水 仁志

清水 仁志

総合政策研究部

2018年10月31日

2018年7-9月期の実質GDP~前期比▲0.2%(年率▲0.8%)を予測~

60013_ext_03_0_S.jpg

11/14に内閣府から公表される2018年7-9月期の実質GDPは、前期比▲0.2%(前期比年率▲0.8%)と2四半期ぶりのマイナス成長になったと推計され...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

日本経済のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本経済のレポート Topへ