雇用統計│日本

【雇用統計】前回の消費税率引き上げ時は97年5月をピークに景気は後退局面入りしたが、失業率、有効求人倍率が悪化し始めたのは97年秋から98年初め頃にかけてであった。この景気の遅行指標である雇用関連指標について、総務省が月次に公表する労働力調査、厚生労働省が公表する一般職業紹介等の雇用関係統計を解説し、消費税からの影響など精度の高い雇用情勢の見通しを研究員がタイムリーに情報提供しています。

年で絞り込む

2007年05月01日

雇用・賃金統計07年3月~賃金の低迷続く

■見出し・失業率は横ばい、有効求人倍率は低下傾向・賃金の低迷続く■introduction総務省が4月27日に公表した労働力調査によると、3月の完全失業率...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2006年02月10日

有効求人倍率1倍の裏側

2005年12月の有効求人倍率(有効求人数/有効求職者数)は1.00倍と、13年3ヵ月ぶりに1倍台を回復した。有効求人倍率が1倍に達するのは、バブル期以来...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2005年09月22日

止まらない非正規雇用の流れ

<派遣社員の急増をどう見るか> 2004年中の雇用増はパートタイム労働者の増加によるものだったが、2005年入り後一般労働者も増加に転じ、4月以降はパートタ...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2005年02月10日

失業率の低下を後押しする労働力人口の減少

<若年層の労働力率が大幅に低下> 2004年(平均)の完全失業率は4.7%と前年に比べ0.6ポイントの大幅改善となり、完全失業者数も37万人減の313万人と...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2003年02月28日

変化の兆しが見られる最近の雇用・失業動向

<今週の焦点:変化の兆しが見られる最近の雇用・失業動向> 最近の雇用・失業動向を詳しく見ると、就業者から失業者となる人が減少し、失業者から就業者となる人の増...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2002年03月29日

生産増が雇用の増加につながるか

<今週の焦点:生産増が雇用の増加につながるか> 大幅な減少が続いていた鉱工業生産は、1-3月期には前期比でほぼ横ばいとなる見込みであり、景気は底打ちの兆しが...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2002年01月25日

失業率の上昇が今後さらに加速する可能性

<10-12月期はほぼゼロ成長に> 2001年10-12月期の実質GDP成長率は、前期比0.1%(前期比年率0.5%)とほぼゼロ成長になったとみられる。民間...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

アクセスランキング

雇用統計│日本のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用統計│日本のレポート Topへ