2021年09月07日

今週のレポート・コラムまとめ【8/31~9/6】:東南アジアで新型コロナ感染がピークアウトの兆し

このレポートの関連カテゴリ

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

新着レポート本数:22本

▼研究員の眼
 
公約から考えるメルケル後の独連立政権と政策
 
新型コロナ 社会的終息に向かう?
-楽観バイアスでコロナ禍への順化が進んでいるが…

 
-----------------------------------
▼Weeklyエコノミスト・レター
 
日銀「政策修正」後の変化と残された課題
 
-----------------------------------
▼基礎研レター
 
インド経済の見通し~感染爆発の第2波を乗り越えたが、感染リスクがくすぶり、
当面は緩慢な回復が続く(2021年度+9.2%、2022年度+6.3%)

 
DB導入企業の積立状況
-退職給付信託が積立比率の改善に寄与。しかし課題も。

 
2020年度株式分布状況調査
~バブル経済崩壊以降の主要投資部門別株式保有比率の変化とその要因~

 
-----------------------------------
▼基礎研レポート
 
奴雁の中央銀行
-中央銀行のCultureと民主主義-

 
米FRB緩和縮小でも日本株は底堅い展開か
 
デジタルユーロプロジェクト始動
-予備実験の知見と今後

 
英国におけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向(その1)
-Brexit後の英国での検討の動き-

 
-----------------------------------
▼年金ストラテジー
 
参加者不在の市場は機能しない
 
2022年から実施される年金制度改正
 
ESG開示と評価の新潮流
 
注目が高まる日本へのプライベートエクイティ投資
 
-----------------------------------
▼経済・金融フラッシュ
 
米雇用統計(21年8月)-雇用者数(前月比)は+23.5万人。
新型コロナの感染再拡大の影響で娯楽・宿泊業が急減速

 
ブラジルGDP(2021年4-6月期)
-投資鈍化と消費低迷で前期比マイナス成長に

 
ユーロ圏失業率(2021年7月)
-失業率はさらに低下し、7.6%に

 
世界各国の金融政策・市場動向(2021年8月)
-金融政策正常化の動きが進む

 
法人企業統計21年4-6月期
-利益、設備ともに増加し、企業部門の改善が鮮明に

 
ユーロ圏消費者物価(8月)
-約10年ぶりに3%まで上昇

 
鉱工業生産21年7月
-自動車生産は低迷が続くが、全体としては堅調を維持

 
雇用関連統計21年7月
-緊急事態宣言下でも持ち直す雇用情勢

 
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

(2021年09月07日「その他レポート」)

アクセスランキング

レポート紹介

【今週のレポート・コラムまとめ【8/31~9/6】:東南アジアで新型コロナ感染がピークアウトの兆し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

今週のレポート・コラムまとめ【8/31~9/6】:東南アジアで新型コロナ感染がピークアウトの兆しのレポート Topへ