2021年08月20日

不動産投資の観点でみる地方都市の特性評価~市場規模と流動性に着目し、都市の特性を分類

金融研究部 主任研究員   吉田 資

統計 不動産市場・不動産市況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • ニッセイ基礎研究所・価値総合研究所の推計によれば、東京23区以外の地方都市における「投資適格不動産」の市場規模は、オフィスでは約17.0兆円、住宅では約13.2兆円となる。投資対象となる収益不動産が地方都市にも多く所在している。
     
  • また、RCA(Real Capital Analytics)のデータによると、不動産取引額に占める地方都市の割合(2007年~2020年の平均)は、オフィスで23%、住宅で39%となっている。年次によって変動はみられるものの、上記の市場規模に応じた一定規模の活発な取引を確認できる。
     
  • オフィスや住宅への投資において、収益不動産の集積度の高い東京が中心であることは変わらないが、リスク分散と収益安定化を図る目的から今後も地方都市への投資が拡大することが予想される。
     
  • そこで、本稿では、オフィスと住宅について、(1)投資適格不動産の「市場規模」と、(2)不動産売買市場の「市場流動性」に着目し、地方10都市を対象に、その特性を評価した。


■目次

1. はじめに
2. 不動産投資の観点でみる地方都市の特性評価
  2-1. 「市場規模」について。オフィス・住宅ともに「大阪市」がトップ。
     第2位の「名古屋市」を大きく引き離す
  2-2. 「市場流動性」について。オフィスでは「横浜市」がトップ、
     住宅では「仙台市」がトップ。
  2-3. 「市場規模」と「市場流動性」に着目した地方10都市の特性を分類する
3. おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   主任研究員

吉田 資 (よしだ たすく)

研究・専門分野
不動産市場、投資分析

アクセスランキング

レポート紹介

【不動産投資の観点でみる地方都市の特性評価~市場規模と流動性に着目し、都市の特性を分類】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産投資の観点でみる地方都市の特性評価~市場規模と流動性に着目し、都市の特性を分類のレポート Topへ