2021年08月26日

東南アジアで新型コロナ感染がピークアウトの兆し

経済研究部 准主任研究員   斉藤 誠

ASEAN アジア経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 東南アジアは今年に入り新型コロナウイルスの感染状況が悪化した。ワクチン接種の遅れやデルタ株の蔓延により6月中旬から感染ペースが加速し、ASEAN加盟全10カ国の1日あたりの感染者数は8月前半に一時10万人台に達した。しかし、各国の厳格な行動規制が奏功して足元の感染状況は改善し始めたかに見える。
     
  • ASEAN5の感染状況をみると、まずインドネシアが第2波からの回復基調にある。またタイは第3波のピークアウトの兆しが見えつつあり、マレーシアも感染拡大ペースが鈍化してきている。一方、フィリピンとベトナムは依然として感染の収束が見通せない状況にある。
     
  • 東南アジアは新型コロナワクチンの接種が遅れている。今後感染改善が進むに従って行動制限が緩和されると、人流が増加して感染再拡大は避けられない。当面は規制を導入しては解除する展開が予想される。変異株の脅威に対してワクチンの有効性は不透明な部分もあるが、ワクチンの普及が進めば経済活動と感染対策を両立しやすくなり、デルタ株の広がりで身動きが取れない現在の状況から抜け出せるようになるだろう。


■目次

1――新型コロナ感染がピークアウトの兆し
2――ASEAN5各国の感染状況と政府の封じ込め措置
  [インドネシア:感染状況の改善が進み、ジャカルタ首都圏の行動規制を緩和]
  [タイ:都市封鎖の対象地域拡大により感染状況改善の兆し]
  [マレーシア:ワクチン接種の進展で感染拡大ペースが鈍化、規制緩和に舵]
  [フィリピン:経済への影響を考慮して外出・移動制限を1段階引き下げ]
  [ベトナム:感染に歯止めがかからず、社会隔離措置を強化]
3――経済活動の継続に向けてワクチン接種動向がカギに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   准主任研究員

斉藤 誠 (さいとう まこと)

研究・専門分野
東南アジア経済、インド経済

アクセスランキング

レポート紹介

【東南アジアで新型コロナ感染がピークアウトの兆し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東南アジアで新型コロナ感染がピークアウトの兆しのレポート Topへ