2021年08月31日

2020年度株式分布状況調査~バブル経済崩壊以降の主要投資部門別株式保有比率の変化とその要因~

金融研究部 研究員   森下 千鶴

ETF 株式 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2020年度株式分布状況調査によると、外国法人等、個人・その他、信託銀行などの保有比率が上昇した一方、事業法人等、都銀等の保有比率が低下した。
 
バブル経済崩壊以降の日本市場の主要投資部門別株式保有比率は大きく変化してきている。都銀等や事業法人等の株式保有比率は低下し、海外投資家の比率が大きく上昇した。また、信託銀行の株式保有比率が7年連続で過去最高を更新している。
 
日本の株式市場の投資部門別保有比率の変化について確認し、その背景を考察してみた。

■目次

■2020年度、信託銀行の株式保有比率は過去最高を更新
■長期では事業法人や金融機関の株式保有比率が低下、海外投資家の存在感が上昇
■株式持ち合い解消の動きは今後も続く
■個別株や投資信託を通した個人株主の増加に注目
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   研究員

森下 千鶴 (もりした ちづる)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【2020年度株式分布状況調査~バブル経済崩壊以降の主要投資部門別株式保有比率の変化とその要因~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2020年度株式分布状況調査~バブル経済崩壊以降の主要投資部門別株式保有比率の変化とその要因~のレポート Topへ