2021年01月22日

新型コロナ禍の自社株買い動向-前年度比は大幅減少も、足元は徐々に増加

金融研究部 研究員   森下 千鶴

株式 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

コーポレート・ガバナンス改革を背景に、日本企業の株主還元策としての自社株買いは近年活発化していた。しかし、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、どの企業も経営の先行き不透明感が強かった。業績予想の会社発表を見送る、または公表した業績予想を一旦撤回するといった企業も多かった。

上記のような状況のなかで、2020年4月から12月の自社株買い実施動向は例年と比較してどういう状況であったのかを紹介したい。

■目次

■2020年4月から12月の自社株買いは減少
■キャッシュリッチ企業と株価パフォーマンス
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   研究員

森下 千鶴 (もりした ちづる)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナ禍の自社株買い動向-前年度比は大幅減少も、足元は徐々に増加】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナ禍の自社株買い動向-前年度比は大幅減少も、足元は徐々に増加のレポート Topへ