2020年05月18日

新型コロナ終息前の決算発表 業績「悪化」よりも「未定」に厳しい評価

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

ESG 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

上場企業の決算発表がピークを越えた。新型コロナウイルスが世界経済を揺さぶる中、今年度の業績予想を公表できない企業が急増するという異例の事態となっている。株価にはどう影響するのか、そして投資家は何を重視しているのだろうか。

◆ポイント

1. 7割の企業が業績予想を「未定」と発表
2. 業績予想「未定」の企業は、「減益予想」を公表した企業より厳しい評価
3. 「減益予想」にもかかわらず、株価が10%以上上昇した企業も
業績予想「未定」が7割
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
66_ext_01_0.jpeg

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナ終息前の決算発表 業績「悪化」よりも「未定」に厳しい評価】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナ終息前の決算発表 業績「悪化」よりも「未定」に厳しい評価のレポート Topへ