2020年04月02日

「年金巨額損失」というニュースの正しい読み方

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

社会保障・税改革 年金制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界中の株価が急落し、2019年度は年金積立金の運用が大幅な損失となった可能性が高い。国民の不安を煽る論調が増えそうだが、この損失が原因で年金が減らされたり、ましてや年金制度が破綻する心配などは不要だ。決して鵜呑みにしてはいけない。

◆ポイント
  1. 19年度は8兆円ほどの損失が見込まれるが、累計では約57兆円の黒字
  2. 株式の投資割合を増やしたことはプラス効果の可能性
  3. 年金支給に積立金はほとんど使われておらず、貢献度は100年先まで1割程度
累計では約57兆円の黒字
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【「年金巨額損失」というニュースの正しい読み方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

「年金巨額損失」というニュースの正しい読み方のレポート Topへ