2021年05月28日

2021年4~5月の企業の業績見通し開示状況と自社株買い動向~業績見通し発表企業数は正常化、自社株買いの設定も回復傾向に~

金融研究部 研究員   森下 千鶴

株式 企業経営・産業政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2021年4~5月の業績見通し発表企業数と自社株買い動向について集計し、2020年4~5月と比較してどのような変化があったのか調べた。

2020年4~5月は新型コロナウイルス感染拡大による先行き不透明感から、業績見通しを未定とする企業が増加し、自社株買いの設定は大幅に減少したが、1年後の今回は年度期初の業績見通し発表企業数、自社株買いの設定額ともにコロナ禍前の水準へと回復したことが確認された。

■目次

■2021年4~5月の業績見通し発表企業数は正常化
■2021年4~5月の自社株買い設定も徐々に回復
■株主還元の回復に注目
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   研究員

森下 千鶴 (もりした ちづる)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

アクセスランキング

レポート紹介

【2021年4~5月の企業の業績見通し開示状況と自社株買い動向~業績見通し発表企業数は正常化、自社株買いの設定も回復傾向に~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2021年4~5月の企業の業績見通し開示状況と自社株買い動向~業績見通し発表企業数は正常化、自社株買いの設定も回復傾向に~のレポート Topへ