2020年11月17日

今週のレポート・コラムまとめ【11/10~11/16】:ふるさと納税のウソ、ホント-年間上限額を少し超える程度が丁度いい?

このレポートの関連カテゴリ

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

新着レポート本数:23本

▼研究員の眼
 
20年を迎えた介護保険の再考(17)医療、年金との比較
-費用抑制は国民との約束違反?

 
黄金比φについて(その1)
-黄金比とはどのようなものなのか-

 
-----------------------------------
▼Weeklyエコノミスト・レター
 
QE速報:7-9月期の実質GDPは前期比5.0%(年率21.4%)
-内外の経済活動の再開を受けて大幅プラス成長

 
-----------------------------------
▼基礎研レター
 
第3次タピオカブームを振り返る
 
健康関連サービス・商品、継続利用のポイントは?
 
-----------------------------------
▼基礎研レポート
 
「ニッポンの結婚適齢期」男女の年齢・徹底解剖(1)
―2018年婚姻届全件分析(初婚男性編)―

 
中国P2P保険が既存の保険事業へ与える影響
―中国「ネット互助プラン」が保険事業に与える影響に関する調査

 
コロナ禍の家計消費の推移
-増えた巣ごもり消費と激減した外出型消費の現状は?

 
中国「相互宝」の加入者の特性、加入理由、加入効果
―中国「ネット互助プラン」が保険事業に与える影響に関する調査

 
中国においてP2P保険が急速に普及する理由
―中国「ネット互助プラン」が保険事業に与える影響に関する調査

 
アフター・コロナの「移動」の形とモビリティの在り方を考える
~定型的な輸送業務から、高付加価値化した移動サービスへ~

 
-----------------------------------
▼不動産投資レポート
 
Japan Real Estate Market Quarterly Review
-Third Quarter 2020

 
オフィス市場は調整局面入り。REIT市場は価格の戻りが鈍い。
-不動産クォータリー・レビュー2020年第3四半期

 
-----------------------------------
▼ジェロントロジーレポート
 
認知症とは何か?
 
-----------------------------------
▼保険・年金フォーカス
 
新型コロナ禍と米国個人年金販売
-パンデミックからの回復には時間がかかるとの慎重な見方-

 
-----------------------------------
▼経済・金融フラッシュ
 
タイ経済:20年7-9月期の成長率は前年同期比6.4%減
~コロナ禍からの回復が遅れて3期連続のマイナス成長

 
マレーシア経済:20年7-9月期の成長率は前年同期比▲2.7%
~2期連続マイナス成長もコロナ封じ込めと外需回復で減少幅が縮小

 
英国GDP(2020年7-9月期)
-主要国の中での出遅れが目立つ

 
企業物価指数(2020年10月)
―前年比▲2%台の推移が続く公算大

 
貸出・マネタリー統計(20年10月)~銀行貸出の伸び率が連月で低下、
現金流通高の伸び率上昇は止まらず

 
英国雇用関連統計(10月)
-明確な雇用改善なく、再びロックダウンに

 
景気ウォッチャー調査(20年10月)
~現状判断DIは6か月連続改善~

 
フィリピンGDP(7-9月期)
-前年同期比11.5%減、3期連続のマイナス成長に

 
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

(2020年11月17日「その他レポート」)

アクセスランキング

レポート紹介

【今週のレポート・コラムまとめ【11/10~11/16】:ふるさと納税のウソ、ホント-年間上限額を少し超える程度が丁度いい?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

今週のレポート・コラムまとめ【11/10~11/16】:ふるさと納税のウソ、ホント-年間上限額を少し超える程度が丁度いい?のレポート Topへ