経済予測・経済見通し

この「経済予測・経済見通し」の一覧では日本経済だけでなく、米国経済、欧州経済をはじめ、中国を中心とするアジア・新興国経済の予測についてのレポートも提供します。米国経済の見通しでは、FRBの金融政策や財政政策などの経済指標などを使い、欧州経済の見通しではECB(欧州中央銀行)の金融政策、雇用対策等を踏まえて、精度の高い経済見通しを随時レポートとして提供します。

年で絞り込む

2016年08月24日

中国経済見通し~上期は持ち直しも下期には再減速へ、景気対策なしでは失速しかねない状況

2016年上期(1-6月期)の中国経済を振り返ると、1-3月期には景気が下振れしたものの、4-6月期には持ち直した。実質成長率は1-3月期には前期比1.2...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2016年08月16日

2016・2017年度経済見通し(16年8月)

2016年4-6月期の実質GDPは前期比年率0.2%と1-3月期の同2.0%から急減速したが、うるう年の影響を除けば1-3月期、4-6月期ともに年率1%程...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年08月15日

QE速報:4-6月期の実質GDPは前期比0.0%(年率0.2%)~ほぼゼロ成長も、実態は2四半期連続で年率1%成長

2016年4-6月期の実質GDPは、前期比0.0%(年率0.2%)と2四半期連続のプラス成長となった(当研究所予測7月29日:前期比0.1%、年率0.6%...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年07月29日

2016年4-6月期の実質GDP~前期比0.1%(年率0.6%)を予測

8/15に内閣府から公表される2016年4-6月期の実質GDPは、前期比0.1%(前期比年率0.6%)と2四半期連続のプラス成長になったと推計される。外需...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年07月07日

2016・2017年度経済見通し

2016年1-3月期の実質GDPは、前期比0.5%(前期比年率1.9%)と2四半期ぶりのプラス成長となった。設備投資(前期比▲0.7%)、住宅投資(前期比...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年06月09日

欧州経済見通し~緩やかな景気拡大、低インフレ、そして政治的な緊張も続く~

ユーロ圏では、内需主導の緩やかな拡大が続いているが、国ごとの方向や水準、ピッチのばらつきも目立つ。16年の実質GDPは1.6%と予測する。個人消費は、低イ...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2016年06月09日

米国経済の見通し-4-6月期は成長再加速見通しも、労働市場回復の持続可能性を見極める必要

米国の1-3月期成長率(前期比年率)は、+0.8%と10-12月期の+1.4%から低下した。前期に続き在庫投資、純輸出、設備投資が成長率を押下げたほか、労...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2016年06月08日

2016・2017年度経済見通し~16年1-3月期GDP2次速報後改定

2016年1-3月期の実質GDP(2次速報値)は、設備投資の上方修正などから1次速報の前期比0.4%(年率1.7%)から前期比0.5%(年率1.9%)へと...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年05月27日

中国経済見通し~景気は一旦持ち直しも、成長率の鈍化傾向は続く

中国経済は成長ペースが鈍化している。2016年1-3月期の実質成長率は前年同期比6.7%増と2015年の前年比6.9%増を下回った。第2次産業「急ピッチな...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2016年05月25日

シドニーのオフィス市場~海外資金による取得は高水準、日本の投資家にとっても魅力的~

オーストラリアの不動産投資市場は成熟しており、特に近年、比較的高い利回りや豪ドル安による割安感から、海外資金による不動産取得の増加が顕著となっている。オー...

続きを読む

増宮 守

増宮 守

金融研究部

2016年05月19日

2016・2017年度経済見通し(16年5月)

2015年度の実質GDPは0.8%と2年ぶりのプラス成長となったが、2015年4-6月期以降、マイナス成長とプラス成長を繰り返し、年度内成長率は▲0.0%...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年05月18日

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.4%(年率1.7%)~一進一退が続く日本経済

2016年1-3月期の実質GDPは、前期比0.4%(年率1.7%)と2四半期ぶりのプラス成長となった(当研究所予測4月28日:前期比0.1%、年率0.6%...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年04月28日

2016年1-3月期の実質GDP~前期比0.1%(年率0.6%)を予測

5/18に内閣府から公表される2016年1-3月期の実質GDPは、前期比0.1%(前期比年率0.6%)と2四半期ぶりのプラス成長になったと推計される。設備...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年04月07日

2016・2017年度経済見通し

安倍政権が2012年12月に発足してから3年あまりが経過した。この間、大幅な円安を受けて企業収益は大きく改善し、デフレからも脱却しつつある。法人企業統計の...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年03月18日

アジア新興国・地域の経済見通し~公共投資や景気刺激策が支えとなるも、輸出回復が遅れて景気は横ばいに

アジア新興国・地域の2016年10-12月期の成長率は前年同期比+5.4%増と、前期の同5.5%増から僅かに低下した。総じて内需はインフラ整備の進展や景気...

続きを読む

斉藤 誠

斉藤 誠

経済研究部

2016年03月09日

欧州経済見通し~金融政策頼み脱却の必要性は明確だが・・・~

16年のユーロ圏は前年比1.5%成長と、15年に続き内需主導型の潜在成長率を超える成長が続くと予測する。下振れリスクは増大している。内需には、世界市場の動...

続きを読む

伊藤 さゆり

伊藤 さゆり

経済研究部

2016年03月09日

米国経済の見通し-個人消費主導の景気回復持続も、懸念される資本市場の実体経済への影響

米国の10-12月期成長率(前期比年率)は、+1.0%と7-9月期の+2.0%から大幅に低下した。在庫投資、純輸出、設備投資が成長率を押下げたほか、労働市...

続きを読む

窪谷 浩

窪谷 浩

経済研究部

2016年03月08日

2016・2017年度経済見通し~15年10-12月期GDP2次速報後改定

2015年10-12月期の実質GDP(2次速報値)は、設備投資、民間在庫の上方修正などから1次速報の前期比▲0.4%(年率▲1.4%)から前期比▲0.3%...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

2016年02月26日

中国経済見通し~構造改革の本格化で成長率鈍化も、財政の発動で景気失速は回避へ

2015年は「新常態」への移行を目指す構造改革が本格化した年であった。世界経済の視点に立てば、中国の構造改革で資源需要が減退し、ひとつの波乱要因となった年...

続きを読む

三尾 幸吉郎

三尾 幸吉郎

経済研究部

2016年02月16日

2016・2017年度経済見通し(16年2月)

2015年10-12月期の実質GDPは民間消費の大幅減少などから前期比年率▲1.4%のマイナス成長となった。日本経済は2015年度に入ってから足踏み状態が...

続きを読む

斎藤 太郎

斎藤 太郎

経済研究部

関連カテゴリ

ソーシャルメディア

レポート

アクセスランキング

8/28(日) 更新もっと見る

経済予測・経済見通しのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済予測・経済見通しのレポート Topへ