新着レポート

  • 1992年04月01日

    選挙の年

    国会での予算審議は、たびたびの審議停止にもかかわらず、何とか再開の目処がつき、暫定予算が組まれるのは不可避としても、大きな遅れにならずに成立する見込みとなった。予算審議については、参議院の権限が制限されており、衆議...

    細見 卓

  • 1992年03月01日

    英国の1992年総選挙について

    ■見出し1.序文2.選挙プロセス3.政党4.保守党5.労働党6.自由民主党7.選挙のタイミング8.選挙結果予想9.選挙が経済に及ぼす影響9.選挙が金融市場に及ぼす影響■序文英国では今年の7月までに総選挙が実施される...

    ジョン・ドウ

  • 1992年03月01日

    市場経済への道

    ソ連邦の崩壊によって、社会主義計画経済はついに破綻を来たし、世界は一部の例外を除いて自由主義的市場経済体制を指向することになった。別の言い方をすれば、共産主義は滅びて、財産の私有を認める資本主義的経済運営が人間社会...

    細見 卓

  • 1992年03月01日

    経済の動き

    <米国経済>91年10-12月期の実質GDP(速報値)は前期比年率0.3%のプラス成長と、7-9月期の1.8%に比べ伸び率は大幅に鈍化した。純輸出、住宅投資、在庫投資がプラス成長に寄与した反面、GDPの...

  • 1992年03月01日

    投資情報から見た日本の株式市場の構造

    <要旨>東京証券取引所1部上場銘柄は、機関投資家が投資対象とするユニパースと位置付けられており、市場ポートフォリオとして選択されることも多い。しかし、市場の情報に対する効率性に関して、疑問が投げ掛けられ...

    遅澤 秀一

  • 1992年03月01日

    情報社会論と地域情報化をめぐって

    ■見出し1.日本における情報社会論の展開2.国策としての情報化3.高度情報化社会4.地域の情報化5.おわりに■introductionわが国において、「情報社会」「情報化社会」「高度情報(化)社会」なる言葉が出現し...

    田崎 篤郎

  • 1992年02月01日

    投資促進策の国際波及メカニズム

    ■見出し1.はじめに2.投資政策分析の課題3.モデル:Abel型関数の一般均衡分析4.シミュレーション分析5.結び■はじめに経済の発展を可能にする原動力の一つとして、企業の行なう設備投資の重要性が、古くから指摘され...

    竹中 平蔵

  • 1992年02月01日

    経済の動き

    <米国経済>91年7-9月期の実質GDP(確定値)は前期比年率1.8%のプラス成長となった。プラス成長に寄与した項目としては、(1)在庫投資、(2)個人消費、(3)住宅投資が挙げられる。但し、在庫投資を...

  • 1992年02月01日

    92年度主要産業見通し

    <要旨>I.産業経済全般の動向わが国経済は景気減速傾向が強まっている。堅調だった個人消費には陰りが見られ、住宅建設も当面底這い状態が続こう。こうした中、企業の設備投資は、稼働率の低下、企業収益の低迷、資...

  • 1992年02月01日

    中国の証券市場について

    ■見出し1.はじめに2.中国の有価証券の種類3.中国の債券発行の背景4.有価証券流通市場の整備5.中国の株価市場6.おわりに■はじめに中国では1979年から開始された経済改革に伴い1981年に国庫券(国債の一種)の...

    桂田 孝司

  • 1992年02月01日

    透明性

    やや旧聞に属することだが、東京サミットの開催にあたって時の大平首相が、国際情勢に明るい人達を集めて、会議に臨み留意すべき事柄について教示を求めた時のことである。東大仏文の名誉教授をされた前田陽一先生が、総理に向かっ...

    細見 卓

  • 1992年01月01日

    経済の動き

    <米国経済>7-9月期の実質GDP(暫定値)は前期比年率1.7%のプラス成長となった。商務省は今回からGNPではなく、GDPを重視すると同時に、87年基準の新ベースを採用する方針を明らかにしている。今回...

  • 1992年01月01日

    ファイナンシャル市場におけるマーケットコンセンサス

    ■見出し1.マーケットコンセンサスの重要性2.経済動向で変わる市場の経済指標への注目度3.マーケットコンセンサスの精度4.景気判断間違った市場5.マーケットコンセンサスの予想誤差の影響■マーケットコンセンサスの重要...

    勞 小君

  • 1992年01月01日

    1992年度経済見通し

    <要旨>91年度はソ連の政変・混乱等多くの出来事が発生したが、主要国景気の点では米国、英国のマイナス成長、日本、(旧)西独の減速と全般的に低調な年となった。以下はこうした現状をもとに、来年度の海外主要国...

  • 1992年01月01日

    国会で討論を

    多くの国民が期待していた政治改革も、当初の鳴り物入りの大改革から一票の重さが三倍を超える地域での必要最低限の定数是正という大山鳴動鼠一匹とも言うべき結果に終わりそうである。国民にとっては政策優先の選挙、情実や金銭の...

    細見 卓

  • 1991年12月01日

    民間都市開発事業における社会的効果について

    <要旨>わが国が今後「生活大国」になっていくためには、さまざまなインフラの整備・充実が必要となってくるが、とりわけ都市の整備については、公共サイドだけではなく民間サイドにおいても、優良な開発投資をこれま...

    椎名 政男

  • 1991年12月01日

    日本の黒字

    今年度の日本の経常黒字は、政府の予想を大幅に上回ってほぼ倍増する見込みのようである。今回の黒字増大の特色は、特に際立った輸出ドライブに因るというようなものではなく、むしろ数字そのものを見れば、輸入の減少と為替相場の...

    細見 卓

  • 1991年12月01日

    自動車を取り巻く環境問題の高まり

    <要旨>自動車を取り巻く社会的な問題が強まっている。中でも自動車への環境規制強化の動きは大きな問題である。環境保全問題への取組みは、国民生活や経済活動全般にわたるテーマであるが、とりわけ自動車産業にとっ...

    石尾 勝

  • 1991年12月01日

    アセアン諸国経済成長の今後の展望

    ■見出し1.政治の安定性2.外国からの直接投資3.結論■introduction1980代後半、シンガポール・マレーシア・タイ・インドネシア・フィリピンのアセアン5ヵ国は驚異的な成長を遂げた。これら5ヵ国はこの時期...

    張 錦鴻

  • 1991年12月01日

    経済の動き

    <米国経済>7-9月期の実質GNP(事前推計値)は前期比年率2.4%のプラス成長となり、景気の緩やかな回復基調を裏付けた。但し、その後発表された月次統計から判断すれば、足下の景気回復力は依然として弱く、...

  • 1991年11月01日

    ブッシュ大統領の訪日を生かす

    湾岸戦争への対応の齟齬もあって、延び延びとなっていたブッシュ大統領の訪日がいよいよ実現することになり、その前座としてベーカー国務長官やブレディ財務長官の訪日も予定されている。日米関係には幾多の起伏があり、非常に良好...

    細見 卓

  • 1991年11月01日

    経済の動き

    <米国経済>91年4-6月期の実質GNP成長率は前期比年率▲0.5%(確定値)と、90年10-12月期から3期連続のマイナス成長となった。但し、その内訳をみると消費、住宅・設備投資ともに前期比で増加して...

  • 1991年11月01日

    ドイツにおける難民問題について

    ■見出し1.難民の種類2.政治難民数の推移3.政治難民増加の原因4.政治難民増加がもたらす問題点5.政治難民問題に関する今後の政策まとめにかえて■introduction「○○県××島の海岸...

    室山 雅志

  • 1991年11月01日

    女性が望む就労サポート ― 育児関連制度を中心に ―

    <要旨>男女雇用機会均等法が施行されて5年、雇用機会の『均等の強化』と、一方では女性の『保護の推進』という流れの中で、来年4月には『育児休業法』が施行される。今後の継続的な女性労働力の確保と活用という観...

    岡本 裕子

  • 1991年11月01日

    我が国設備投資の中期的展望 ―設備投資の動機面、金融・採算面からみた90年代前半の設備投資動向 ―

    <要旨>86年11月を「底」に始まった今回の景気拡大局面で、民間設備投資は88~90年度に3年連続2ケタの高い伸びを示した。その特徴として、高い伸びと高いGNP比率、高水準の設備不足感、業種や企業規模問...

    米納 嘉継

  • 1991年11月01日

    90年代の企業金融 ― 資金需給のシミュレーション ―

    <要旨>91~95年度の企業の外部資金需要を試算すると、伸び率は年平均6.4%程度と80年代後半の2ケタ増から低下し、実物投資向け資金の割合が増加する。業種規模別には引き続きサービス・卸小売の非製造業が...

    小野 正人

  • 1991年10月01日

    『平和の配当』の経済効果:供給サイドを含む小型世界モデルによるシミュレーション分析

    ■見出し1.はじめに2.「平和の配当」の捉え方3.供給サイドを含む小型世界モデル4.シミュレーション結果5.結び■はじめに東西冷戦構造の終焉を機に「平和の配当」(Peace Dividend)が議論され出して、既に2...

    竹中 平蔵

  • 1991年10月01日

    香港21世紀ヘTAKE OFF ― 新空港建設等香港大型インフラ整備計画 ―

    ■見出しはじめに1.PADSプロジェクトの概要2.香港経済への影響3.PADSプロジェクトにおける中英交渉終わりに■はじめにウィルソン総督は1989年10月定例演説の中で、2006年迄に総額1,270億HK$(約2...

    植木 務

  • 1991年10月01日

    高齢者の願望・ニーズとシルバーサービスの現状と展望

    <要旨>1.高齢者の願望・ニーズの分類 高齢者市場を検討する前に高齢者がどのような願望・ニーズを持っているかを分析した。ここで抽出した願望・ニーズを分類整理すると次の8種類の願望・ニーズにまとめることがで...

    岸田 宏司

  • 1991年10月01日

    金融環境の変化と企業資金調達

    <要旨>1990年の株価の大幅な下落は企業のエクィティーファイナンスを困難にし、金融機関からの借入依存を高めている。このような企業金融の変化は一時的なものなのだろうか。日本の株式市場の最大の特色は、利益...

    川北 英隆

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る