2016年10月25日

生命保険の普及状況-世帯加入率、浸透率、人口に対する保有契約の割合

  小林 雅史

このレポートの関連カテゴリ

保険販売 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

わが国の生命保険の加入率については、生命保険文化センターの2人以上の世帯に対する調査である「生命保険に関する全国実態調査」での「世帯加入率」が著名である。

また、同じく生命保険文化センターの18~69歳の男女を対象とした個人調査である「生活保障に関する調査」での「生命保険・個人年金保険加入率」もある。

こうしたアンケート調査のほかに、生命保険の普及状況について数値化したものとして、「生命保険浸透率」(生命保険普及率、GDPに対する生保収入保険料の割合)という概念がある。

また、人口に対する保有契約の割合も生命保険の普及状況の尺度とされる場合がある。

生命保険の普及状況に関する数値を振り返ることで、わが国における生命保険への指向の変遷について紹介したい。

■目次

1――はじめに
2――生命保険文化センターによる調査
  1|生命保険に関する全国実態調査
  2|生活保障に関する調査
3――生命保険浸透率
4――人口に対する保有契約の割合
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

小林 雅史

研究・専門分野

アクセスランキング

レポート紹介

【生命保険の普及状況-世帯加入率、浸透率、人口に対する保有契約の割合】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

生命保険の普及状況-世帯加入率、浸透率、人口に対する保有契約の割合のレポート Topへ