2020-2021年度特別調査:新型コロナによる暮らしの変化に関する調査
【ESGレター基礎編】ESGに関する基礎的な概念・トピックについてお届け

新着レポート

  • 1991年09月01日

    東京一極集中とオフィス立地政策

    <要旨>日本経済のソフト化・サービス化は2次産業から3次産業への移行と、2次産業自体の2.5次産業化をもたらし、その結果オフィス人口が著しく増加した。また、東京のオフィス床面積は、過去10年間に50%近...

    土堤内 昭雄

  • 1991年09月01日

    本格的な普及期を迎えるCIMの現状 ― コンピューター統合生産システム ―

    <要旨>最近、CIM(Computer Integrated Manufacturing)という略語をよく見かける。日本語ではコンピュータ統合生産(システム)と翻訳される事が多い。製造業の経営活動全体をコン...

    青山 正治

  • 1991年09月01日

    平成の金色夜叉物語?

    明治の小説であり読む人も少なくなったとは思うが、尾崎紅葉の「金色夜叉」は日本の資本主義勃興期に見られた拝金主義に対する痛烈なる風刺の物語であり、広く国民に読まれたものであった。資本主義が投機的になり、手段を選ばない...

    細見 卓

  • 1991年08月01日

    経済の動き

    <米国経済>経済指標によってややばらつきはあるが、生産、雇用、分配、支出の各側面で景気の底入れを示すものが増えており、今後の焦点は「景気回復力の強さ」に移りつつある。6月の雇用統計では、失業率は7.0%...

  • 1991年08月01日

    政治問題化する英国の国民医療制度

    ■見出し1.英国政治の新たなる火種2.国民医療制度と改革前の課題3.1991年4月の改革4.制度改革後の問題点5.対策と今後の課題6.おわりに■英国政治の新たなる火種昨年過去に例を見ない程の大騒動となった人頭税問題...

    高田 実

  • 1991年08月01日

    夫婦のパートナーシップ現代考

    <要旨>現代の日本の結婚は、娩婚化と男女の年齢差の縮小化、また「恋愛」結婚の増加が特徴となっている。一方離婚をめぐる特徴として、'50年以降、40歳以上の中高年夫婦の離婚率が一貫して増加、また夫...

    岡本 裕子

  • 1991年08月01日

    首都圏の地域構造の変容について ―メトロポリスからメガシティへ ―

    <要旨>首都圏は人口規模2,890万人を擁する東京圏を含む我が国最大の都市圏であるが、他の圏域が未だ経験したことのない巨大都市ステージとも呼べる新たな都市化のステージに入っている。首都圏を論ずるには新た...

    長田 守

  • 1991年08月01日

    1991年度改定経済見通し

    ○湾岸戦争終結後の情勢を踏まえ、昨年11月に策定した「'91年度経済見通し」の改定を行った。原油価格が前回見通しに近い水準で推移してきたこと、公定歩合の引き下げがあったものの小幅であったこと等から、見通しの...

  • 1991年08月01日

    来るか難民の時代

    今世紀終わりの十年は、難民の時代と言われるほど多数の難民の発生が世界の政治・経済体制を動揺させようとしている。難民には政治的難民と経済的難民との区別があり、前者は政治信条あるいは政治信条に反する体制の出現に反対して...

    細見 卓

  • 1991年07月01日

    最低価値保証付き資産配分法 ― ダイナミック・アセット・アロケーションの展開 ―

    <要旨>株価下落による損失をコントロールしながら、株価の上昇にも追随する運用方法は最低価値保証付き資産配分法と呼ばれる。今回こうした分類に属するTIPP、CPPIおよびOBPI運用のメカニズムを示し、シ...

    矢島 邦昭

  • 1991年07月01日

    中国所感

    中国国務院の直轄調査機関である中国現代国際関係研究所の招聘により共同通信社論説委員の松尾氏と共に中国を訪問した。今から二年前、中国社会科学院とニッセイ基礎研究所との共催で高齢化時代に両国が当面する問題について検討し...

    細見 卓

  • 1991年07月01日

    経済の動き

    <米国経済>住宅、生産、雇用関連の指標が改善を示し始め、景気の底入れ期待が強まりつつある。5月の雇用統計では、失業率は前月比0.3%上昇し、6.9%となったものの、非農業部門雇用者数は前月比5.9万人増...

  • 1991年07月01日

    ケベック州のナショナリズム:その背景と今後の行方

    ■見出しはじめに1.ケベック州におけるナショナリズム:その歴史的背景2.ミーチレーク合意の崩壊3.ポストミーチレークの政治動向4.ケベック問題の今後の行方■はじめに現在、ソビエト連邦内の共和国による自治権獲得に向け...

    高橋 秀典

  • 1991年07月01日

    ベルリン再訪:崩れぬ心の壁

    ■見出し・消えた統合へのユーフォリア・消えゆく東独製品・西独政府の読み違い・危険な賃金率の急上昇・やはりレガーノミックス?・問題多い東独企業の民営化・ドイツに日はまた昇る■消えた統合へのユーフォリアこの4月末、ベル...

    熊坂 有三

  • 1991年07月01日

    最近の企業金融行動の変化をさぐる

    <要旨>プラザ合意後の金融緩和局面のうち、'87年以降企業では設備投資等の投資活動が積極化する中で資金不足幅が拡大した。ことに企業では同時期に実物資産投資の資金所要を大きく上回る外部からの資金調...

    小野 正人

  • 1991年06月01日

    日本の社会資本ストックと供給サイド ― 430兆円公共投資のインプリケーション ―

    ■見出し1.TFPと経済成長2.社会資本ストックとTFP3.2000年の社会資本ストックと日本経済の供給力■はじめにわが国の一人当たりGDPは、今や、OECD諸国中第2位の地位を誇るまでに至っているが、本当の豊さを...

    竹中 平蔵

  • 1991年06月01日

    経済の動き

    <米国経済>'91年1-3月期の実質GNP成長率は前期比年率で▲2.8%(速報値)と、'90年10-12月期から2期連続してマイナス成長となった。また、今回の景気後退入り(景気の山)は&...

  • 1991年06月01日

    オーストラリアにおける金融自由化の影響

    ■見出し1.はじめに2.自由化の目的3.自由化の影響4.外銀の現状5.国内銀行の現状6.外国為替7.まとめ■はじめに1980年代はオーストラリアの銀行制度に最も大きな変化があった時代であった。この変化の流れは、19...

    Bruce Robertson(訳:増田 公彦)

  • 1991年06月01日

    首都圏への人口集中と今後の動向について

    ■見出しはじめに1.人口分布からみた首都圏構造の変化2.東京圏の人口の社会増と自然増3.首都圏の人口集中の動向と集中緩和策おわりに■はじめに昨今の首都圏に関する議論や研究は枚挙に遑なしと言ったところである。特に、東...

    篠原 二三夫

    篠原 二三夫

    社会研究部

  • 1991年06月01日

    日米構造協議と対外不均衡

    ■見出し1.はじめに2.日米構造協議3.シミュレーションの方法と基準解4.シミュレーション―日米構造協議15.シミュレーション―日米構造協議26.要約■はじめにレーガン政権の政策が本格的に実施された'82年...

    稲田 義久

  • 1991年06月01日

    自己改革の難しさ

    前回もこのコラムで述べたように、湾岸戦争でひどく面目を失墜したのは残念ながらドイツと日本であったように見える。冷戦時代の終焉をもって、新しい経済の時代が始まりあたかも世界の中での日独の時代というパラ色の夢も無残に壊...

    細見 卓

  • 1991年05月01日

    経済の動き

    <米国経済>米国経済は、昨年10-12月期に続いて、'91年1-3月期もマイナス成長になったものと見られる。3月の雇用統計は依然として景気が低迷していることを示す内容だった。失業率は前月比0.3...

  • 1991年05月01日

    フランスの銀行TVコマーシャル事情

    ■見出しはじめに1.フランスのテレビ2.テレビコマーシャルの法制3.銀行のテレビコマーシャル結びにかえて■はじめにシャネルの男性用オードトワレ「エゴイスト」のテレビコマーシャルをご記憶であろうか。南仏風のホテルの窓...

    鈴木 由則

  • 1991年05月01日

    中小不動産業の急成長と金融引締めの影響

    ■見出しはじめに1.不動産業界の構造と成長2.中小不動産の財務・収支構造3.中小不動産業を取り巻く環境の変化4.金融引締めの影響5.金融機関への影響おわりに■はじめに'90年春以降の金融引締め強化で不動産業...

    窪谷 治

  • 1991年05月01日

    日本の貯蓄行動:サーベイと展望

    ■見出し1.はじめに2.なぜいま、貯蓄問題か?3.消費・貯蓄行動:サーベイ4.今後の貯蓄行動:展望とインプリケーション■はじめに「湾岸戦争」という一つの異常事態の終結を受けて、'90年代の日本の経済運営、さ...

    竹中 平蔵

  • 1991年05月01日

    湾岸戦争の教えたもの

    湾岸戦争は、多くの識者の予測に反して結局軍事衝突にまでエスカレートしたが、これまた多くの人の予測に反して、わずか100時間の地上戦闘により多国籍軍にとって軽微な損傷で終わったことは慶賀に堪えない。前々回も述べたごと...

    細見 卓

  • 1991年04月01日

    米国経済:リセッションと金融危機

    ■見出し1.リセッションに入った米国経済2.金融危機3.金融制度改革■前文米国経済が'90年第4四半期にマイナス成長となり、'83年以来の景気拡大を終了させた。しかも、今回のリセッションの背後には金...

    インタビュー先:ベンジャミン・フリードマン

  • 1991年04月01日

    経済の動き

    <米国経済>米国経済は景気後退局面にあるものと見られる。'90年10-12月期の実質GNP(一次改定値)は前期比年率▲2.0%だった。その内訳をみると個人消費▲2.9%、設備投資▲1.3%、住宅...

  • 1991年04月01日

    ニューヨーク州保険監督庁キュリアリ長官にインタビュー ―「米国の保険業界は、第2のS&L業界にはなりません」―

    ■見出し1.米国の保険会社の経営を圧迫している要因2.連邦規制の導入を巡る論議3.おわりに■introduction日本向けに日本語で伝えられている一般情報によると、最近の米国の保険業界は、大変な状況に陥っているら...

    山口 徹

  • 1991年04月01日

    転換社債・ワラント債の大量発行の残した問題点

    ■見出しはじめに1.転換社債・ワラント債の発行2.業種別の傾向3.調達した資金の行方4.今後の償還おわりに■はじめに1990年初からの株価の下落によって、1980年代後半に大量に発行された転換社債・ワラント債の多く...

    樋口 修平

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る