震災・復興

不動産市場、省エネ、復興への民間資金の活用、アートによる復興支援、BCP(事業継続計画)、税制、ボランティア活動等の幅広いテーマにおいて、東日本大震災後について考察します。

年で絞り込む

2012年04月12日

震災復興支援はギア切り替えのとき―ハンズオン支援局面でのガバナンスを考える

ベンチャーキャピタル業界では、かねてより「ハンズオン支援」という言葉が用いられてきた。一般的にベンチャーキャピタルでは、リスクの高いベンチャー企業に投資し...

続きを読む

神座 保彦
2012年04月04日

進むオフィスの省電力化―スマートオフィスに取り組むニッセイ基礎研究所

2011年3月の東日本大震災に伴う原発事故以来、電力供給の不安定化や電気料金の引き上げリスクに直面している電力需要者(企業、消費者、地方自治体)の多くは、...

続きを読む

松村 徹
2012年03月29日

BCPからみた東日本大震災とタイ大洪水の教訓―経営資源と「災害の影響」に着目した新しいリスク・シナリオ

1 昨年3月11日の東日本大震災から1年。未曾有の大地震に続いて巨大津波と原発事故に直面し、多方面で「想定外」という言葉を聞いた。10月にはタイで「想定外」...

続きを読む

川村 雅彦
2012年03月28日

Tokyoが先行する、持続可能な都市づくり

東日本大地震による地殻変動で、日本列島の地震活動が活発化している。3.11の地震・津波と原発事故の恐怖を経験した企業や消費者の意識は大きく変化し、企業活動...

続きを読む

松村 徹
2012年03月14日

3月14日に起こったこと

2011年3月14日月曜日、朝起きてテレビをつけて仰天した。電車の発着がない東京近郊のJRの駅のもようが映し出され、山手線などは動いているが、筆者が日頃利...

続きを読む

明田 裕
2012年03月05日

震災と原発事故を乗り越え、世界一省エネで安全な国へ

東日本大震災から1年経った今も、首都圏では相変わらず頻繁に地震を感じる。大震災からわれわれは多くのことを学んだが、最大の教訓は、原発の重大事故がひとたび起...

続きを読む

松村 徹
2012年02月23日

震災から1年~企業ボランティアの“ちから”

東日本大震災から間もなく1年になる。2月には復興庁が立ち上がり、本格復興に向けて進んでいる。これまでも多くのボランティアが被災地に入り、様々な支援活動を展...

続きを読む

土堤内 昭雄
2012年02月20日

東京ゲートブリッジが人を惹きつける3つ目の理由

日曜日の午後、浦安から湾岸の357号線を都内に向かっていて、思わぬ渋滞にはまってしまった。渋滞の中から遠くを望めば、完成したての東京ゲートブリッジの上にも...

続きを読む

廣渡 健司
2012年02月03日

大雪の中で考える節電の夏

雪国で記録的な大雪が続く中、関東でも連日の厳しい冷え込みが続いている。個人的にも、機能性下着を買い増したり、オフィスからランチに出る時にもコートを羽織るな...

続きを読む

廣渡 健司
2012年01月25日

孤独死のリスクと向き合う-H22年度老人保健健康増進等事業「セルフ・ネグレクトと孤立死に関する実態調査と地域支援のあり方に関する調査研究報告書」から

■見出し1――孤立死のリスク2――孤立死の実態と支援拒否への対応3――個人に求められるもの■introduction東日本大震災により多くの被災者が避難生...

続きを読む

廣渡 健司
2012年01月04日

国内の不動産需要縮小はブレイクスルーの好機~未来志向で新たな成長へ~

日本国内における不動産需要の縮小傾向が明確になってきた。年間百万戸以上あった新設住宅着工戸数は、2009年以降80万戸台で推移しているが、今後百万戸台に戻...

続きを読む

松村 徹
2011年12月27日

新世代ビルのキーワードは「サステナビリティ」~「環境」だけでは市場は動かない~

東日本大震災直後の帰宅難民と計画停電、その後の節電の夏1 を経験し、いまだ収束しない放射能汚染や電力供給不安に直面している首都圏の企業の意識と行動は、いま確...

続きを読む

松村 徹
2011年12月05日

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2悪化の0を予想

12月短観では、欧州財政危機の緊迫化や円高の影響などで幅広く企業マインド改善が途絶えた姿が明らかになるだろう。大企業製造業では、上記のほかタイの洪水、新興...

続きを読む

上野 剛志

上野 剛志

経済研究部

2011年11月25日

民間資本による災害復興等における住宅供給手法の検討~米国アフォーダブル賃貸住宅税額控除制度(LIHTC)の可能性を追う~

アフォーダブル賃貸住宅税額控除制度(LIHTC)は、10年にわたり一定の税額控除を民間事業者(投資家)に付与し、市場家賃以下の準公共住宅を供給させ長期に維...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2011年11月11日

日本の復興をいわきから

9月に策定されたいわき市復興ビジョンの表紙には「日本の復興をいわきから」と力強く示されている。東日本大震災後、福島第一原発を中心に30km圏域沿岸部のほと...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2011年10月24日

東日本大震災による企業活動への影響

東日本大震災は、事業拠点の被災などの直接的影響だけでなく、サプライチェーン寸断や電力不足などの間接的影響により全国に波及した。サプライチェーン寸断には「国...

続きを読む

新美 隆宏
2011年10月07日

恐竜の絶滅から学ぶ

子どもと一緒に、国立科学博物館で開催されていた恐竜博2011を見学した。ティラノサウルスやトリケラトプスの最新研究に基づいた全身復元骨格などが展示されてお...

続きを読む

新美 隆宏
2011年10月06日

漁業の復興:担い手

日銀短観を地域別に見ると東北は前回6月調査から2桁改善している。先週仙台に行ったが、各企業の基地となっており、ホテルの予約もしづらく、また消費なども好調の...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

2011年10月05日

円高対策は臨時増税で賄っても良いですか?

臨時増税額を巡る議論が政府・与党内においてようやく決着した。9月28日の政府・与党合意文書によると、最終的な臨時増税額は、5年間の集中復興期間における復旧...

続きを読む

桑畠 滋
2011年10月03日

9月調査日銀短観~大企業・製造業の景況感は11改善の2、先行きは改善鈍化

9月短観の大企業製造業業況判断D.I.は2と前回6月調査の▲9から11ポイント改善、震災後に急ピッチで進んだ供給体制の復旧により、企業マインドが順調に回復...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次

総合政策研究部

レポート

アクセスランキング

震災・復興のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

震災・復興のレポート Topへ