暮らし

年で絞り込む

2005年12月25日

芸術文化による廃校の活用を考える

近年、全国各地で廃校の活用が進んでおり、芸術文化による廃校の活用もまた、事例が増えている。本稿では芸術文化を主軸とした民間団体による活用事例について、運営...

続きを読む

柄田 明美
2005年12月25日

ソーシャル・ベンチャーとガバナンスの構造

ソーシャル・ベンチャーにおいても、社会貢献目的に向けて適切な組織運営がなされているか否かといった点については、営利企業と同じように組織外からのガバナンスを...

続きを読む

神座 保彦
2005年12月25日

生命保険広告の消費者意識・行動へのインパクト

「金融・保険」業の広告費の伸びが著しいが、中でも、外資系を中心にした医療保険を含む生命保険の広告が顕著である。マスメディアを通じた大量の広告は、生活者の生...

続きを読む

栗林 敦子
2005年11月07日

ニッポンの内と外で始まる人口減少

1.「日本は人口減少、世界は人口増加」は正しいか?最も正確な数値は10月に実施された国勢調査の集計が終わらないと判明しないが、今年は日本の総人口が減少に転...

続きを読む

石川 達哉
2005年10月25日

ソーシャル・ベンチャーの経営戦略

ソーシャル・ベンチャーでは、社会貢献をより良く行うための戦略と、組織のサステナビリティーを維持するために必要なキャッシュフローを獲得するための戦略という二...

続きを読む

神座 保彦
2005年09月25日

中高年男性の仕事とメンタルヘルスの構造 -働き方の見直しを迫る心の病-

1.日本はWHO(世界保健機構)「世界自殺地図」において「高自殺率国」に指定されている国である。特にバブル崩壊後、景気低迷が本格化した98 年には前年40....

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子
生活研究部

2005年09月25日

中高年男性の不安の構造を探る -キーワードは健康不安-

1.本稿の目的は、パネル・データの分析によって、中高年男性の不安の構造を明らかにすることである。中高年男性は、今後高齢社会の主役となっていく世代であり、職...

続きを読む

松浦 民恵
2005年09月25日

中高年生活者のリスク性金融商品利用に関する一考察 -金融行動の成熟度と投資余力による類型化をもとに-

1.金融知識・判断力と投資余力の面から中高年生活者を類型化し、各類型あるいは、類型間のシフトとリスク性商品選好度の関連を分析し、今後金融取引上のトラブルに...

続きを読む

栗林 敦子
2005年09月25日

親世代からみた「パラサイト・シングル」の実態

1.未婚の成人の子が親と同居する「パラサイト・シングル」は、少子化の背景にある非婚化・晩婚化の要因としても注目されてきた。これまで、高齢期の親と子の同居は...

続きを読む

武石 恵美子
2005年09月25日

中高年男性の定年に関する基礎研究II

1.本稿では、引退過程を「退職後の変化期」「退職後の安定期」の2期に分け、さらに現在就労中の「現役期」を加え、3つのカテゴリーを使って、引退過程における人...

続きを読む

岸田 宏司
2005年09月25日

中高年パネル調査の概要

1.中高年パネル調査について「中高年パネル調査(暮らしと生活設計に関する調査)」は、高齢社会の主役となる中高年のライフコースに焦点を絞り、その変動を明らか...

続きを読む

2005年09月25日

はじめに

ニッセイ基礎研究所の所報特集号として「中高年ライフコース研究II」をお届けさせて頂きます。これは、ニッセイ基礎研究所が1997年以来定期的に実施して参りま...

続きを読む

神座 保彦
2005年08月25日

人口減少時代のライフデザイン -「個」を活かす社会へ-

1.日本はやがて本格的な人口減少時代を迎える。そのような時代に日本が持続的に活力ある社会を築いていくためには、最大の社会資源である「ひと」をいかに活かすか...

続きを読む

土堤内 昭雄
2005年06月25日

21世紀☆市民社会のデザイン -「豊かな公・小さな官」の実現に向けて-

1.2005年4月、政府は「日本21世紀ビジョン」を公表し、2030年の目指すべき将来像を提示した。今後、本格的な人口減少時代を迎え、持続的な活力ある社会...

続きを読む

土堤内 昭雄
2005年06月25日

ソーシャル・ファイナンスと社会起業家

ソーシャル・ファイナンスとは、経済的なリターンである金利とともに、社会的なリターンをも追及するファイナンスである。社会的なリターンとは、ソーシャル・キャピ...

続きを読む

神座 保彦
2005年05月25日

文化施設・文化政策の評価を考える

公立の文化施設や文化政策に関する評価に関心が高まっているが、従来の政策評価の枠組みに基づいた事務事業評価では、適切な評価を行うことは難しいと言われている。...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏
社会研究部

2005年05月25日

ソーシャル・キャピタルと社会起業家

ソーシャル・キャピタルとは、地域コミュニティーにおける人々の間に醸成された規範や信頼感あるいはネットワークを意味する。ソーシャル・ベンチャーの経営者である...

続きを読む

神座 保彦
2005年03月25日

少子化対策から次世代育成支援へ

2004年12月に少子化社会対策大綱の重点施策の具体的な実施計画を示した「子ども・子育て応援プラン」が発表された。05年3月には次世代法に基づく企業の行動...

続きを読む

土堤内 昭雄
2005年02月25日

ソーシャル・ベンチャーとベンチャー・フィランソロピー

社会起業家が社会貢献を目的に立ち上げた組織をソーシャル・ベンチャーと呼ぶ。他方、ソーシャル・ベンチャーに資金提供する慈善団体側では、ベンチャーキャピタルで...

続きを読む

神座 保彦
2004年12月25日

社会起業家(ソーシャル・アントルプレナー)の台頭とその機能

NPOがサステナビリティー確保のために、事業を営むケースが出てきており、組織のマネージャーたる社会起業家には、社会的使命感のみならず、ビジネスのスキルに立...

続きを読む

神座 保彦

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

暮らしのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る