2022年06月29日

新型コロナ感染症拡大によって、どんな人が結婚したいと感じたか

保険研究部 准主任研究員   岩﨑 敬子

未婚・晩婚・非婚 ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

本稿では、結婚への意識が新型コロナ感染症拡大の影響でどのように変化したのか、そしてどんな人が新型コロナ感染症の拡大によって結婚したいと感じたのかについて、ニッセイ基礎研究所の独自の調査データを用いて分析した結果を紹介する。

結果を先取りしてお伝えすれば、新型コロナ感染症拡大の経験は、全体として独身者の結婚したいという意識を強めた可能性が示唆された。そして、性年齢層別にみると、結婚したいと感じた人の割合が最も大きかったのは40歳以下の女性であった。その中でも、大卒以上の学歴の人の間で、新型コロナ感染症拡大によって結婚したいと感じた人の割合が大きかった。一方、40歳以下の女性の間でも、年収700万円以上の人は、新型コロナ感染症拡大によって結婚したいと感じた人の割合は小さかった。

■目次

1――はじめに
2――調査概要
3――新型コロナの影響で結婚したいと感じた人の割合の性/年齢別分布
4――新型コロナの影響で結婚したいと感じた人の割合の雇用形態別分布
5――新型コロナの影響で結婚したいと感じた人の割合の学歴別分布
6――新型コロナの影響で結婚したいと感じた人の割合の年収別分布
7――どんな人が新型コロナ感染症拡大の影響で結婚したいと感じたか
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員

岩﨑 敬子 (いわさき けいこ)

研究・専門分野
応用ミクロ計量経済学・行動経済学 

アクセスランキング

レポート紹介

【新型コロナ感染症拡大によって、どんな人が結婚したいと感じたか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新型コロナ感染症拡大によって、どんな人が結婚したいと感じたかのレポート Topへ