新着レポート

  • 1990年08月01日

    1990年度改定経済見通し

    <要旨>日本経済は、トリプル安を乗り越え、消費・設備投資を柱とした「内需主導」型の景気拡大が続いている。90年度の景気は、下期にかけて拡大テンポの鈍化が予想されるものの、(1)トリプル安に歯止めがかかっ...

  • 1990年08月01日

    日本の対外バランスとアジア太平洋経済:'90年代への展望

    ■見出し1.アジア太平洋経済の基本メカニズム2.1990年代のアジア太平洋経済3.「新・前川レポート」の提唱■introduction日本およびアメリカの対外収支不均衡是正は、'90年代も引き続き両国の重要...

    竹中 平蔵

  • 1990年08月01日

    日米構造協議最終報告について

    日米構造協議(SII)の中間報告でもって、問題の処理が終わったのごとき期待が一時もたれたが、実際はそうではなくて最終報告の作成を巡ってかなり激しい交渉が行われた。伝えられたところでは、最もホットな問題になったのは公...

    細見 卓

  • 1990年07月01日

    東西ドイツ通貨統合の経済・金融に与える影響について -ドイツの4人のエコノミストへのインタビュー-

    ■見出し1.通貨統合2.東独経済への影響3.西独経済への影響4.国際禁輸市場への影響■introduction昨年秋のベルリンの壁崩壊以降、東欧情勢は我々の予想を遙かに上回るスピードで変化しており、少し前なら考えら...

    インタビュアー:熊坂 有三

  • 1990年07月01日

    経済の動き

    <概況>米国経済は景気にややかげりのみられる状況となっている。しかし、インフレ面で懸念があるため、FRBは慎重な金融緩和スタンスを続けている。一方日本経済は、設備投資、消費を中心に順調な景気拡大が持続い...

  • 1990年07月01日

    カナダ国債先物市場について

    ■見出しはじめに1.モントリオール・カナダ国債先物市場創設の背景2.国債先物の現況3.トロント国債先物の不成功4.ME国債先物の再出発おわりに■はじめに1989年9月15日、カナダ国内取引高第2位の規模を持つモント...

    篠崎 浩一郎

  • 1990年07月01日

    開発利益の還元(台湾の土地制度を中心に)

    ■見出し1.豊かな社会を目指して(開発利益還元の重要性)2.台湾土地制度の概略3.台湾における開発利益還元状況4.まとめ■introduction日本は豊かな国になったといわれるが、住宅をはじめとする生活環境は必ら...

    森 一憲

  • 1990年07月01日

    企業資金調達の再考

    <要旨>現在、上場企業の資金調達は、株式時価発行、転換社債、新株引受権付社債というエクイティーものが中心になっている。エクイティーファイナンスに対しては、投資家側の要請もあって利益配分ルールが設けられて...

    川北 英隆

  • 1990年07月01日

    日韓新時代の幕開けにあたって

    韓国の蘆泰愚大統領の来日を機にして、日韓関係における長いわだかまりも天皇陛下を始め海部総理のお詫びの言葉によって、氷解の動きがみられ、日韓新時代の到来が言われるようになったことは誠に喜ばしいことである。私自身につい...

    細見 卓

  • 1990年06月01日

    国柄(国の徳)について

    人間社会には、人徳というものがあり、それはその人の人品が卑しくないとか、誰もがどことなく好意を持つ生まれながらに備えた何か人を引きつけるものと言われている。そして、そのようなものを持った人はたとえ失敗するとか、時に...

    細見 卓

  • 1990年06月01日

    経済の動き

    <概況>米国経済は緩やかな景気拡大状況となっている。インフレ面で懸念があるため、FRBは慎重な金融政策スタンスを続けている。一方日本経済は、設備投資、消費を中心に順調な景気拡大が持続いている。国内需要は...

  • 1990年06月01日

    オーストラリア国内線パイロットストライキ

    ■見出し1.背景2.ストライキの影響3.むすび■introduction1989年8月11日に始まったパイロットのストライキにより、一時期運行が完全にストップしたオーストラリアの国内線航空ルートも、ほぼ正常の運行が...

    増田 公彦

  • 1990年06月01日

    ニューサービスの現状と今後

    ■見出し1.はじめに2.ニューサービスの現状3.アメリカのニューサービス最前線4.ニューサービスの今後の有望性5.おわりに~ニューサービスの今後の展望■はじめに産業構造の転換、所得水準の上昇、高齢化の進展、女性の社...

    岡本 裕子

  • 1990年06月01日

    生命保険需要に関する一考察 ― ミクロ経済学的分析

    ■見出し・はじめに・分析の前提:将来所得の不確実性と生命保険・分析の方法と理論モデルの展開・与件の変化が最適総貯蓄額と最適保険金額に与える影響・分析結果の検討と今後の課題■はじめに昭和63年度末における生命保険の保...

    石川 達哉

  • 1990年06月01日

    金融保証業務の発展と基盤整備

    ■見出し1.はじめに2.アメリカでの金融保証業務3.日本における金融保証業務4.金融保証業務の考え方5.おわりに■はじめに現在、金融制度調査会、証券取引審議会、保険審議会において金融制度に関わる審議が行われている。...

    川北 英隆

  • 1990年05月01日

    経済の動き

    <概況>米国経済は緩やかな景気減速状況となっている。インフレ面で懸念があるため、FRBは慎重な金融緩和スタンスを続けている。一方日本経済は、設備投資、消費を中心に順調な景気拡大が続いている。国内需要は、...

  • 1990年05月01日

    フランスの新貯蓄奨励制度について

    ■見出しはじめに1.PEPの仕組み2.PEP導入の背景おわりに■introduction'90年1月よりフランスでPEP(=PLAN D'EPARGNE POPULAIRE)という一般大衆向けの貯蓄奨励...

    中田 尚哉

  • 1990年05月01日

    紙パルプ産業をとりまく環境変化

    ■見出しはじめに1.重複して現れた需要増加要因2.今後の紙需要3.資源保護問題の高まり4.問われる国際展開力おわりに■はじめにここ数年、わが国の紙需要が伸びている。紙の国内出荷は'82年以来'89年...

    小野 正人

  • 1990年05月01日

    ドイツ再統一について

    3月18日の東独の選挙において、社会民主党(SDP)優位という大方の予想に反して、西独のキリスト教民主同盟(CDU)とつながる保守的な政党が大勝したことは、関係者にとってショッキングなことと考えられる。なぜならSD...

    細見 卓

  • 1990年05月01日

    経済の動き

    <概況>米国経済は緩やかな景気減速状況となっている。インフレ面で懸念があるため、FRBは慎重な金融緩和スタンスを続けている。一方日本経済は、設備投資、消費を中心に順調な景気拡大が続いている。国内需要は、...

  • 1990年04月01日

    多角化戦略に更に邁進する米国プルデンシャルグループ

    ■見出し1.16代目の「ジブラルタルの岩」2.昨年来の主要な動き3.トレードマークの「岩」はなぜ変更されたのか■introduction米国保険業界で長年ナンバーワンの座を守り、経営多角化に積極的な米国プルデンシャ...

    山口 徹

  • 1990年04月01日

    今こそ芸術文化のインフラストラクチャー構築を

    ■見出し1.芸術文化の時代に向けて2.日本における芸術文化の現状:「ハコ型・消費型・兼業型」3.わが国における文化政策、芸術擁護の現状:「保護型・ハコ型・宣伝型」4.芸術文化のインフラストラクチャー構築をめざして■...

    吉本 光宏

    吉本 光宏

    社会研究部

  • 1990年04月01日

    最近のマネーサプライ動向について

    ■見出し1.はじめに2.マネーサプライの構成通貨と信用面での対応3.通貨需要関数の推計と要因分解終わりに■introduction最近のマネーサプライの動向をみると、金融緩和が1985年以降に一段と加速する中で、1...

    松本 信哉

  • 1990年04月01日

    衆議院選挙が終わって

    衆議院選挙の結果は、自民党の280を越える予想外の勝利となり、第二次海部内閣が組閣されたわけで、表面を見る限り日本はリクルートスキャンダルの政治的混乱を抜け出て安定した状況に入ったようにみえるが、実際は安定しでもお...

    細見 卓

  • 1990年03月01日

    '90年主要産業見通し

    <はじめに>1989年は「昭和」の終わりと「平成」のはじまりといった時代の大きな区切りだったが、わが国の経済・産業活動は若干の程度の差こそあれ良好なパフォーマンスを示した年であった。すなわち、国内の景気...

    山村 浩

  • 1990年03月01日

    ビジネス社会における女性パワー

    ■見出しはじめに1.女性の社会進出の概況2.女性の職場進出に対する意識3.女性の職場に対する期待4.女性が働くための条件整備5.おわりに■はじめに近年、女性のライフサイクル等の変化、家事労働の経減、高学歴化による就...

    栗林 敦子

  • 1990年03月01日

    戒厳令後の中国-膨張する内外債務とその財政負担-

    ■見出しはじめに1.膨れ上がる内外債務2.財政赤字脱却を目指して3.財政支援の役割が期待される生命保険事業■はじめに昨年5月20日以来、約8ヵ月間に亘り施行されていた中国・北京市中心部の戒厳令は今年1月11日付けで...

    柳田 幸男

  • 1990年03月01日

    経済の動き

    <概況>米国経済は緩やかな景気減速状況となっている。インフレ面で懸念があるため、FRBは慎重な金融緩和スタンスを続けている。一方日本経済は、設備投資を中心に順調な景気拡大が続いている。国内需要は、堅調な...

  • 1990年03月01日

    外債投資のパフォーマンスについて

    ■見出し1.始めに2.前提3.パフォーマンス比較4.結論■始めに金融の自由化・国際化が進展するなかで、我が国の対外証券投資は増大を続けている。特に、経常収支の大幅黒字が定着した1983年以降の対外証券投資の増加額は...

    大竹 康喜

  • 1990年03月01日

    設備投資ブームの要因分析

    ■見出し1.はじめに2.'80年代の設備投資:概観3.投資拡大要因をめぐる通説4.投資理論に基づく検討5.結び:太平洋経済型投資インセンティブ■はじめに1980年代後半の世界経済は、巨額の対外不均衡の存在や...

    竹中 平蔵

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る