社会保障制度

年で絞り込む

2017年05月23日

訪問介護・通所介護の現状-介護職員不足は、どのように解消すべきか?

日本では、高齢化が進み、介護を必要とする人の数は増え続けると見られる。介護は、在宅介護と施設介護に分けられる。施設介護では、入居施設の整備が進められている...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2017年05月16日

災害救助法は何をしてくれるのか-災害・防災、ときどき保険(2)

自然災害が起こったときに、国や地方自治体がどんな対応を行うのか。それは多くの法律に定められている。今回はまず「災害救助法」についてみてみる。この法律は19...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩
保険研究部

2017年05月15日

中国向け越境EC、1兆円市場に拡大-インバウンド消費からの波及効果あり?-

中国の消費者がインターネットを通じて日本から商品を購入する「越境EC」の規模は、2016年で前年比30.3%増の1兆366億円と、インバウンド消費(買物代...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき
保険研究部

2017年05月10日

残業時間の上限規制、残された課題は?ー労働者保護の立場に立った政策の推進を!

55606_ext_03_0_S.jpg

経団連と連合は3月13日、働き方改革の一環として残業時間の上限を最大で年720時間(月平均60時間)までに制限するという、残業時間の上限規制について労使で...

続きを読む

金 明中

金 明中
生活研究部

2017年05月10日

企業の賃上げ意欲を削ぐ社会保障負担

賃金の上昇ペースは依然として遅い。2016年の経常利益は過去最高水準に達しているにもかかわらず、賃金はピーク時である2007年の水準を▲6.9%下回っている。

続きを読む

岡 圭佑
2017年05月08日

求められる年金制度体系の改善に向けた検討

今年1月、確定給付企業年金制度に、掛金拠出の平準化を可能とするリスク対応掛金やDBとDCの中間的な特性を有するリスク分担型企業年金が導入された。確定拠出年...

続きを読む

2017年05月02日

年金改革ウォッチ 2017年5月号~ポイント解説:資金運用部会の本来の課題

先月は、年金積立金の管理運用について審議を行う専門の部会として、社会保障審議会に「資金運用部会」が設置されました。当面は、昨年12月に成立した年金改革法に...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫
保険研究部

2017年04月24日

地域医療構想と病床規制の行方-在宅医療の体制づくりが急がれるのは、どのような構想区域か?

日本では、疾患を抱えた高齢期の患者の数が増加すると見込まれている。これに伴い、患者の健康寿命を延伸させつつ、医療費の抑制を目指して、病床機能の見直しが図ら...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2017年04月18日

中国、年金積立金の株式運用が本格始動【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(25)

中国において、年金積立金による株式運用など、リスク資産への投資が本格始動する。主な目的は、少子高齢化が進む中で、年金積立金を市場で運用し、その収益を活用す...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき
保険研究部

2017年04月10日

既往症や服薬歴の一元管理と利活用

国の成長戦略では、医療・介護分野でのICT化が進められている。これに関連した国の動向の紹介として、本レポートでは、新しく構築される疾病情報プラットフォーム...

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

2017年04月10日

介護の国際数量比較-日本の介護は、他国よりも優れているのか?

日本では、高齢化が進み、高齢者の医療や介護への関心が高まっている。日本の公的介護保険制度は、2000年に開始された。公的介護保険のサービス利用者は、年々増...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2017年04月04日

年金改革ウォッチ 2017年4月号~ポイント解説:国民年金保険料の引上げが終了

先月は、2月に設置された「確定拠出年金の運用に関する専門委員会」が2回開催され、本誌先月号でご紹介した投資教育や商品設定について、ヒアリングと議論が活発に...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫
保険研究部

2017年04月03日

有病率と発生率の違い-リスクの評価には、どちらの率を用いるべきか?

55403_ext_03_0_S.jpg

人々の健康状態や、人がかかる病気について、統計学を用いて解明する学問分野として、疫学がある。疫学では、ある病気のかかりやすさが問題とされることが多い。病気...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也
保険研究部

2017年03月31日

国際比較で浮かび上がる日本の財政悪化の原因とは?

平成29年1月に公表された内閣府の「中長期の経済財政に関する試算」によると、2020年度の基礎的財政収支の赤字が8.3兆円となることが示され、黒字化目標の...

続きを読む

神戸 雄堂

神戸 雄堂
経済研究部

2017年03月28日

韓国における公的扶助制度の現状と課題(後編)-国民基礎生活保障制度の改革と概要、そして残された課題-

韓国政府は、増加する貧困層に対する経済的支援の拡大や勤労貧困層に対する自立を助長することを目的に、国民基礎生活保障制度の給付方式を「パッケージ給付」から「...

続きを読む

金 明中

金 明中
生活研究部

2017年03月28日

親の介護と働き方改革

55351_ext_03_0_S.jpg

最近経営者の方とお話をすると、「○○部長さんが親御さんの介護で会社を辞めた」と介護離職の話題がでてくるようになってきた。特に地方の中小企業にとっては、なか...

続きを読む

矢嶋 康次

矢嶋 康次
経済研究部

2017年03月24日

企業の賃上げ意欲を削ぐ社会保障負担

企業収益が過去最高水準に達しているにもかかわらず、賃金の上昇ペースは依然として遅い。企業が人件費抑制姿勢を緩めていない要因の一つに、社会保障負担増の影響が...

続きを読む

岡 圭佑
2017年03月14日

残業時間の上限規制、残された課題は?-労働者保護の立場に立った政策の推進を!-

55263_ext_03_0_S.jpg

経団連と連合は13日、働き方改革の一環として残業時間の上限を最大で月60時間(年720時間)までに制限するという、残業時間の上限規制について労使で合意し、...

続きを読む

金 明中

金 明中
生活研究部

2017年03月08日

韓国における公的扶助制度の現状と課題(前編)-生活保護制度から国民基礎生活保障制度の導入まで-

韓国における公的扶助制度は戦前である1944 年に実施された「朝鮮救護令」を出発点にしているものの、本格的に制度として実施されたのは1961年に「生活保護法...

続きを読む

金 明中

金 明中
生活研究部

2017年03月08日

レセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)の活用状況

NDB(National Database)とは、医療機関を受診した際に、医療機関から保険者に対して発行されるレセプト(診療報酬明細書)と、40歳以上を対象...

続きを読む

村松 容子

村松 容子
保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

社会保障制度のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る