暮らし

年で絞り込む

2001年09月25日

「雇用戦略」としてのテレワーク

■目次1.はじめに2.5年後には約半数の企業で実施3.育児・介護期の社員から対象拡大へ4.「多様化」への対応としてのテレワーク■introduction日...

続きを読む

小豆川 裕子
2001年09月25日

アートと市民・子どもをつなぐ「アウトリーチ活動」

最近各地の公立ホールや美術館、芸術団体は、公演や演奏会、展覧会とは違う形で、市民や地域に芸術を提供する「アウトリーチ活動」に取り組み始めている。子どもや障...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏
社会研究部

2001年08月25日

付加価値分配の現状と企業を巡る問題

バブル崩壊以降、企業の収益率が大きく低下するなど日本型経営の問題が鮮明となり、人件費負担の高さや過剰設備をその原因に挙げる議論がみられる。こうした点につき...

続きを読む

日向 雄士
2001年06月25日

中高年ライフコース研究(その3)

97年と99年の2年間における就業変動を軸に、高齢期の就業と生活意識の関わりについて分析した。高齢者の雇用の受け皿としては、中小企業や自営業セクターが重要...

続きを読む

武石 恵美子
2001年05月25日

中高年ライフコース研究(その2)

ニッセイ基礎研究所で行っている中高年パネル調査の結果をみると、中高年の世帯は全体としてみれば消費支出は変わらない中で家計収入は減少している。個々の家計でみ...

続きを読む

小野 信夫
2001年05月25日

NPO が支える高齢者住宅

高齢化の進展と共に高齢単身者の増加や公的介護保険の導入など高齢者居住を巡る外部環境が大きく変化し、多くの人々にとって高齢化はより身近な問題となってきた。高...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

2001年04月25日

中高年ライフコース研究(その1)

少子高齢社会を迎え、社会保障を中心とした社会基盤の再構築は避けて通れない。しかし少子高齢社会の中心的存在である中高年のライフコースはほとんど明らかにされて...

続きを読む

岸田 宏司
2001年03月25日

消費者の成熟化と金融行動

1.昨今の様々な構造改革の中で、国民の「自己責任」が掲げられている。個人が「自己責任」で生活することは、消費者として成熟することである。2.「成熟化」とい...

続きを読む

栗林 敦子
2001年03月25日

マーケティング能力向上をめざす金融機関のIT 投資

最近、米銀を中心に海外の金融機関でIT投資が増加している。特に、CRM(Customer Relationship Management)と呼ばれる顧客情報を...

続きを読む

久保 達哉
2000年12月25日

シンガポールの文化政策に学ぶ

東南アジアの自由貿易・中継基地として発展してきたシンガポールは、近年、芸術文化の面でも国際的な拠点都市の座を目指して文化政策を重視するようになっている。国...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏
社会研究部

2000年06月25日

就業形態多様化の動きと処遇の実態

就業形態が多様化し、非正規労働が拡大してきている。非正規労働者の多い小売業における雇用面、処遇面での実態をみると、正社員との違いを意識しつつも、非正規労働...

続きを読む

武石 恵美子
2000年04月25日

NPOが拓く21世紀の成熟社会

わが国では98年12月にNPO法が施行され、国民のニーズが多様化した時代の新たな社会経済システム構築に向けてその役割が期待されている。これからの成熟社会を...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

1999年12月25日

高齢期の社会参加を支援するシステム整備へ

高齢期にも、自身の経験や能力を社会の中で発揮したいというニーズは高く、就業をはじめ、様々な社会活動を通じた能力発揮の場が求められている。高齢社会において、...

続きを読む

武石 恵美子
1999年08月25日

子どもを健やかに産み育てる住宅環境

大都市圏の少子化が著しい大きな理由のひとつに、狭くて家賃の高い住環境があげられる。子どもを産み育てたい人が躊躇する原因が個人生活の基盤である住宅にあるとす...

続きを読む

白石 真澄
1999年04月25日

地下鉄にアートを

■目次1. Art for Transit (AfT)2. パーマネント・アート・プロジェクト3.運営、予算■introductionニューヨークの地下鉄を利用した...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏
社会研究部

1998年12月25日

芸術活動の底辺を支える米国政府機関の文化政策 -多様な非営利芸術機関(NPOA)の育成に向けて-

1.米国の文化政策(Arts Policy)は、そのまま助成政策(Funding Policy)といわれる。その背景には、政府機関は文化事業や文化施設の運営を...

続きを読む

吉本 光宏

吉本 光宏
社会研究部

1998年08月25日

人口の空洞化はその後どうなったのか?

先般の地価高騰期に人口が減少した都心3区も、最近では人口減少は止まり、増加に転じた。これは民間分譲を中心にマンションの供給増加によるものであり、当面はこの...

続きを読む

川村 雅彦
1998年07月25日

現代における結婚の意味

1997年の合計特殊出生率は1.39と最低を記録した。近年の出生率低下の要因は結婚行動の変化にあるとされており、結婚行動の変化をもたらしている現状について...

続きを読む

武石 恵美子
1998年06月25日

変貌する高齢社会の住宅双六

■目次1.これまでの住宅双六2.変貌する高齢期の住まい方3.新たな住宅双六の“上り”■introduction人々は、世帯構成や資...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄
社会研究部

1998年04月25日

動き始めた企業の金融機関選別

全国の中堅中小企業を中心とするアンケート結果(98年1月中旬~2月末、回答数4,808社)。金融ビッグバンにより、金融機関から提供されるサービスの差異が具...

続きを読む

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

暮らしのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る