雇用・人事管理

経営環境が日々変化するようになった現在、雇用や人材の管理についても企業は様々な変化に柔軟に対応することが求められています。この「雇用・人事管理」の一覧では高齢者雇用、非正規雇用、労働者派遣、労働法制等、雇用や人事管理にかかわる実態や法制度について考察し、提言を行います。また雇用に関わる法制度だけではなく、女性や若年層がより活躍できる社会、高齢者の雇用改革など働き方のあり方についても提言を行っていきます。

年度で絞り込む

  • 2003年03月28日

    進行する企業の人件費削減

    <今週の焦点:進行する企業の人件費削減> 長引くデフレと不況により企業の売上高の減少傾向が続くなか、企業には人件費削減の動きが強まっている。企業の人件費の削減手段としては、雇用者数の削減、賞与削減等に加え、正規の雇用...

  • 2002年12月25日

    非正規労働者の基幹労働力化と雇用管理の変化

    1.近年、非正規労働者が増加し、そのウェイトは急速に高まってきている。非正規労働者の量的拡大と併せて、質的な側面での変化も急速に進んでいる。本稿では、1990年代以降における非正規労働者が担う「仕事」の変化に着目し...

    武石 恵美子

  • 2002年11月25日

    男性の育児休業取得率は上昇するか

    現在、日本の男性の育児休業取得率は極めて低い。厚生労働省は夫婦の出生力低下という新たな少子化傾向への対策として、男性の育児休業取得率をここ3年程度で10%にするという数値目標を発表した。男性の育児休業取得率は上昇す...

  • コラム
    2002年10月18日

    ノーベル賞と日本の人事システム

    (久しぶりの明るい話し)暗い話しばかりの日本にとって、ノーベル物理学賞(小柴昌俊氏)、化学賞(田中耕一氏)のダブル受賞は久しぶりの明るい話題である。長期にわたる経済の低迷で自信を失いかけている日本社会に、「日本も捨...

    櫨(はじ) 浩一

  • 2002年09月25日

    退職給付税制改革に関する試論 -働き方に中立で公平な老後準備への優遇策の検討-

    わが国の退職給付(一時金・年金)税制をみると、三つの問題を抱えている。第一は一時金やさまざまな年金制度の間のアンバランスである。例えば、企業年金の加入者は退職所得控除と公的年金等控除などの二つを利用できるのに対して...

    臼杵 政治

  • 2002年01月01日

    雇用保護規制と労働市場

    わが国における雇用環境はこれまで安定的な経済成長と終身雇用をはじめとするいわゆる日本的雇用慣行を背景として良好な状態を保つことができた。しかしながら、安定的な成長パターンに陰りが見える昨今のような経済環境下において...

    末廣 譲凡

  • 2001年12月25日

    1990年代における雇用管理の変化と女性の企業内キャリア

    1.1990年代は、日本企業の雇用を特徴づけてきた雇用システムの再編に、企業経営サイドが強い意欲を示した時期であった。内部労働市場が深化しているといわれてきた日本企業において、平均的にみて企業定着の低い女性は、男性...

    武石 恵美子

  • 2001年12月25日

    問われる雇用対策の質

    ■目次1.失業者の大半を占める構造的失業2.エンプロイヤビリティ向上に挑む欧州3.わが国雇用対策の中身■introduction雇用問題が深刻化しつつある。わが国の失業率は本年9月には過去最高の5.3%となったが、...

    末廣 譲凡

  • 2001年09月25日

    「雇用戦略」としてのテレワーク

    ■目次1.はじめに2.5年後には約半数の企業で実施3.育児・介護期の社員から対象拡大へ4.「多様化」への対応としてのテレワーク■introduction日本のインターネット人口は、2000年末で4,708万人(対前...

    小豆川 裕子

  • 2001年08月25日

    躍進する人材派遣業

    人材派遣業のマーケットが急拡大している。本稿では、1999年の改正労働者派遣法施行後の状況や、昨今の総合規制改革会議の論議を視野に入れながら、人材派遣業の動向や労働力需給要請システムにおける新たな役割について紹介す...

    小豆川 裕子

関連カテゴリ

アクセスランキング

雇用・人事管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用・人事管理のレポート Topへ