高齢化問題(全般)

高齢社会白書によれば、高齢者人口は今後、「団塊の世代」が65 歳以上となる2015年には3,395万人となり、2042年に3,878万人でピークを迎えます。高齢化率も上昇を続け2035年に33.4%、2060年には39.9%に達し国民の約2.5人に1 人が65 歳以上の超高齢社会が到来します。この「高齢化問題(全般)」の一覧では、高齢者市場、QOL(生活の質)、医療・介護、認知症、雇用、家計・資産・金融行動について考察します。

年で絞り込む

2016年07月19日

「高齢社会共創センター」構想~高齢化課題解決の「技術」「知」を循環させる新たな拠点

53421_ext_03_0_S.jpg

高齢化に伴う課題を解決する「社会技術」及び「科学技術」は日進月歩で開発が続けられている。例えば、今年3月にはJST/RISTEXが支援してきた「地域コミュ...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年07月19日

超高齢化社会の“相続問題”-預金払戻トラブルをなくすには-相続法改正中間試案シリーズ(3)

53414_ext_03_0_S.jpg

本稿で相続法改正の中間試案を取り上げるのは三度目となる。今回、取り上げるのは被相続人の預金の取扱である。預金とは正確に言えば、預金債権という財産権のひとつ...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2016年07月11日

超高齢化社会の“相続問題”-配偶者の相続分のあり方とは-相続法改正中間試案シリーズ(2)

53357_ext_03_0_S.jpg

本稿では前回に引き続き、相続法改正に関する中間試案 の個別論点について解説を加えてみたい。中間試案の概要と相続手続の簡単な解説はシリーズ(1)「超高齢化社会...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2016年07月11日

夏と冬ではどっちが危険?

53356_ext_03_0_S.jpg

7月に入り、夏真っ盛り。気象庁の「向こう3ヶ月の天候の見通し」(H28.6.24発表)によると、今年の夏も暑いようです。近年、熱中症など、気温が高い時期の...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2016年07月05日

“幸せ”の自己アイデンティティ-ストップ! 「キレる高齢者」

53327_ext_03_0_S.jpg

近年、「キレる高齢者」という言葉をよく聞くように、高齢者の反社会的行為が増えている。例えば、鉄道の駅員等に対する暴力行為だ。日本民営鉄道協会の公表資料によ...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年06月30日

健康経営とジェロントロジー~従業員の退職後までを視野に入れた健康経営を

「健康経営」という言葉を近年よく見聞きするようになった。本年1月には経済産業省より「健康経営銘柄2016」選定企業として25社が発表されたことが記憶に新し...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年06月29日

超高齢化社会で浮き彫りになる“相続問題”への解決策とは-相続法改正中間試案シリーズ(1) 

53272_ext_03_0_S.jpg

現在、法制審議会の民法(相続関係)部会では、相続法(民法の一部)の改正議論が行なわれている。相続法制が議論されるようになったそもそものきっかけは、嫡出でな...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2016年06月28日

医薬品・医療機器の現状 2015年度総まとめ

少子高齢化と財政赤字の拡大が進む中で、社会保障制度の改革が必要とされている。特に、医療制度・介護制度の見直しにより、医療費・介護費を抑制することと、高齢化...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2016年06月20日

高齢者雇用政策の新たな展開~地域における高齢者の多様な就業機会の確保・拡充に向けて

「ニッポン一億総活躍プラン」では、今後“日本が抱える少子高齢化という構造的問題に真正面から立ち向かう”ことを打ち出している。その取り組みを左右する、引いて...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年06月20日

未婚化と少子化に立ちはだかる「まだ若すぎる」の壁-少子化社会データ検証:「逆ロールモデルの罠」-

53150_ext_03_0_S.jpg

「生涯未婚率」という統計上の言葉がある。単に「未婚率」であれば、結婚していない男女の割合であろうというなんとなくの予想はできるが、生涯未婚率、となると初耳...

続きを読む

天野 馨南子

天野 馨南子

生活研究部

2016年05月31日

AI(人工知能)とBI(ベーシック・インカム)-「仕事を奪われる」のか、「仕事から解放される」のか?

53005_ext_03_0_S.jpg

先日、政府は名目GDP600兆円に向けた成長戦略「日本再興戦略2016」(案)を公表した。その中で、人工知能(AI)やロボットの活用による「生産性革命」を...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年05月31日

進化を続けるリバースモーゲージ-(その2) 英国におけるエクイティ・リリースの市場展開、フランスにおけるヴィアジェ市場とファンド創設

米国のリバースモーゲージ(HECM)に引き続き、英国とフランスのリバースモーゲージの動向について報告する。英国のリバースモーゲージは、エクイティリース(E...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2016年05月24日

本当に「労働力」は不足するのか?-AIとロボットによる労働代替化の行方

52971_ext_03_0_S.jpg

日本は少子高齢化の進展から本格的な人口減少時代を迎えており、労働力人口も大幅に減少すると見込まれている。「平成27年労働力需給の推計」(労働政策研究・研修...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年05月13日

老いるのは下から?上から?~注目される『オーラル・フレイル』という新概念

52901_ext_03_0_S.jpg

“人は足から老いる”とよく言われている。若いときは平気だった坂道や階段が段々辛くなったり、足腰が弱くなったと体感することで、老いを感じ始める人は少なくない...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年04月15日

ビンテージ・ソサエティ表彰制度の創設を 

52730_ext_03_0_S.jpg

経済産業省が設置した「活力あふれる『ビンテージ・ソサエティ』の実現に向けた取組に係る研究会」の報告書が2016年3月に公表された。検討されたテーマは「超高...

続きを読む

前田 展弘

前田 展弘

生活研究部

2016年04月13日

減るか投資詐欺。金融商品取引法改正についてあなたが知っておくべきこと

悪質な投資ファンドによる消費者、特に高齢者の被害が多発している。投資ファンドの中には運用規制や販売規制などのルールが緩やかな、いわゆるプロ向けファンドと呼...

続きを読む

松澤 登

松澤 登

保険研究部

2016年04月12日

ロシア見聞録(その3)-「ソ連」から「ロシア」へ

52691_ext_03_0_S.jpg

1991年に社会主義のソ連が崩壊、新生ロシア連邦の誕生から四半世紀の間にロシアにどんな変化が起きたのだろう。モスクワ空港の入国審査官の無表情な対応やロシア...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年04月11日

百寿の祝と「なんだかな~」-『自世代の幸せ』と『次世代の幸せ』-

52681_ext_03_0_S.jpg

先日、伯母がめでたく百歳の誕生日を迎え、親族で百寿の祝宴を催しました。祝宴と申しましても、当人が特別養護老人ホームに入居中で、外出もままならない状態ですの...

続きを読む

中村 昭

中村 昭

保険研究部

2016年04月07日

医療の国際数量比較-日本の医療は世界一か?

日本では、高齢化が進み、社会保障制度、特に医療制度への関心が高まっている。日本は1961年に国民皆保険を達成し、誰でもどの病院にも自由に受診できるフリーア...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2016年03月31日

次は医療等ID

マイナンバー制度が平成28年1月にスタートした。医療等(医療・健康・介護)分野においても、個人に番号を付与し、医療や介護等のサービスを受けた記録を管理する...

続きを読む

村松 容子

村松 容子

保険研究部

レポート

アクセスランキング

高齢化問題(全般)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢化問題(全般)のレポート Topへ