年金

公的年金では年金制度の課題や、財政見直し、保険料の未納問題、海外の年金制度を分析し年金制度改革に向けた提言を行います。少子高齢化で今後給付水準が低下する公的年金を補完するべく、企業年金や個人年金による自助努力とそれを支える制度や、年金資産運用について資産配分や運用規制等の様々な情報をタイムリーに提供していきます。また、日本の年金運用の実態は、日本の環境・制度に深く根ざしたものであるため、海外の取組事例も踏まえながら比較分析し情報を提供してまいります。

年で絞り込む

2018年02月07日

引き続き好調だが、注意が必要な国内中小型株のアクティブ・ファンド~2018年1月の投信動向~

57830_ext_03_0_S.jpg

2018年1月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、内外株式への資金流入が顕著であった。外国株式については7,000億円に迫り、国...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2018年02月06日

年金改革ウォッチ 2018年2月号~ポイント解説:年金記録訂正の経緯・現状・課題

57827_ext_03_0_S.jpg

先月の年金事業管理部会では、日本年金機構の平成30年度計画の案が説明されました。業務改善計画への集中取り組み期間(3年間)の最終年度となるため、再生プロジ...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫
保険研究部

2018年02月06日

ついに米国株ミニバブルが崩壊-日経平均は早期に2万3000円を回復か

57829_ext_03_0_S.jpg

米国株の急落を受けて日経平均も大幅下落となった。きっかけは米金利上昇とされるが、より本質的には米国株のミニバブルが崩壊したことだろう。今後の展開は日米で大...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2018年02月05日

アルファを生み出すために

57714_ext_03_0_S.jpg

運用機関評価の時期が近づいてきた。2017年は世界的に成長株や小型株が高い収益率をあげるなど、アクティブ・マネージャー間の成績格差はなくなっていない。そう...

続きを読む

2018年02月05日

これからの年金運用を展望する

57715_ext_03_0_S.jpg

日本銀行の金融緩和政策に対して、緩和内容の一部変更を期待する声が高まっている。しかし、仮に金利が少し上昇したとしても、10年国債利回りの水準が現在の0.1...

続きを読む

德島 勝幸

德島 勝幸
金融研究部

2018年02月05日

財政安定化に向けたリスク対応掛金設定の検討

57716_ext_03_0_S.jpg

株価上昇や円安の進展により、確定給付企業年金の平均的な積立状況は数年前に比べ大きく改善している。足もとの積立状況は、20年に一度の頻度で発生が見込まれる積...

続きを読む

梅内 俊樹

梅内 俊樹
金融研究部

2018年02月05日

「スプレッド」(期待運用収益率‐割引率)の上昇の意味

57717_ext_03_0_S.jpg

企業年金に関する学術研究では、母体企業の株主の利害の観点から、経営者が保険数理上の諸仮定の操作を通じて、裁量的に企業年金財政に影響を及ぼす行動をとる可能性...

続きを読む

柳瀬 典由
2018年01月31日

2018年度の公的年金額は、なぜ据え置かれるのか?-年金額の改定ルールと年金財政への影響、見直し内容の確認

57779_ext_03_0_S.jpg

2018年度の公的年金額は2017年度から据え置かれることが、2018年1月26日に発表されました。物価や賃金が変動している中で、なぜ公的年金額は据え置か...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫
保険研究部

2018年01月31日

健康経営の基本構造

57777_ext_03_0_S.jpg

健康経営とは、どのような取組みなのか、何を達成しようとしているのか、実態は企業によってかなり違いがあるように見受けられます。例えば以下のような基本的な事柄...

続きを読む

江木 聡

江木 聡
金融研究部

2018年01月30日

新たな時代に入った日本株市場-中長期株価予想~日経平均は10年後に4万円を達成か

57756_ext_03_0_S.jpg

日経平均株価は1月23日に2万4000円を回復した。26年ぶりの水準回復に、一部には値下がりを警戒する向きもあるようだが、短期的には上げ下げを繰り返しても...

続きを読む

井出 真吾

井出 真吾
金融研究部

2018年01月24日

外株インデックス投信を薦める3つの理由~「つみたてNISA」の商品選びに迷ったら~

57691_ext_03_0_S.jpg

新年2018年を迎え、「つみたてNISA」がついにスタートしました。「つみたてNISA」の口座は作ったものの、購入する商品を決められず、まだ始められてない...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2018年01月16日

【アジア・新興国】なぜ韓国の高齢者貧困率は高いのか-公的年金が給付面で未成熟、成熟してもなお課題山積-

57639_ext_03_0_S.jpg

OECD(2017) によると、2014年時点の韓国の66~75歳の高齢者の貧困率は42.7%でOECD平均10.6%よりも約4倍も高いことが明らかになった...

続きを読む

金 明中

金 明中
生活研究部

2018年01月10日

国内中小型株のアクティブ・ファンドが好調~2017年12月の投信動向~

57561_ext_03_0_S.jpg

2017年12月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、内外REIT以外は概ね資金流入傾向であった。その中でも、特に内外株式へ大規模...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2018年01月09日

公的年金の給付水準低下と長寿に備える制度の検討

57483_ext_03_0_S.jpg

受給者が死亡するまで年金を受け取れる終身年金は、自分が想定した以上に長生きした場合に、金融資産が枯渇して生活水準を落とさざるを得ないリスク(長寿リスク)に...

続きを読む

2018年01月09日

次期公的年金改革の論点

57484_ext_03_0_S.jpg

公的年金の財政検証が行われる年まで、あと1年となった。並行して検討される次期年金改革では、パート労働者へのさらなる適用拡大などの積み残されていた課題が論点...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫
保険研究部

2017年12月29日

内部の論理と遵法精神

57519_ext_03_0_S.jpg

今年一年を振り返って印象に残るのは、稼ぐ力を取り戻す「攻め」のコーポレートガバナンスが唱えられる最中にあって、「守り」のガバナンスに関わる残念な事案がいく...

続きを読む

江木 聡

江木 聡
金融研究部

2017年12月29日

公的年金改革があると考える人はNISAやiDeCoに加入するか?-自助努力を進める可能性に関する実証分析

57518_ext_03_0_S.jpg

公的年金の給付水準がマクロ経済スライドにより低下していくため、退職後の生活資金を準備する方法として、私的年金が重要になっている。特に中小企業では退職給付制...

続きを読む

北村 智紀

北村 智紀
金融研究部

2017年12月26日

米国債のフラット化の原因に対する仮説-タームスプレッドとユーロ建て米国債利回りに関する分析

57481_ext_03_0_S.jpg

最近、米国債のフラット化について議論されている。過去に米国債のイールドカーブが逆イールドになると景気後退が生じており、今回のFRBの利上げが逆イールドをも...

続きを読む

福本 勇樹

福本 勇樹
金融研究部

2017年12月07日

国内株式内での中小型株シフトが顕著に~2017年11月の投信動向~

57346_ext_03_0_S.jpg

2017年11月の国内公募追加型投信(ETFを除く)の推計資金流出入を見ると、内外REIT以外の資産クラスでは資金流入していた。その中で、特に外国株式の資...

続きを読む

前山 裕亮

前山 裕亮
金融研究部

2017年12月05日

年金改革ウォッチ 2017年12月号~ポイント解説:次期年金改革の進め方

57323_ext_03_0_S.jpg

年金財政の見通しが公表される年(2019年)まで、あと1年あまりになりました。本稿では、次回の年金改革に向けた議論の進め方について、1年前に野党が「年金カ...

続きを読む

中嶋 邦夫

中嶋 邦夫
保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

年金のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る