社会貢献・ボランティア

企業やNPOによる社会貢献活動、ボランティア活動についてレポートします。

年で絞り込む

2017年02月16日

ペットとまちづくり~被災時の対策から考える~

55089_ext_03_0_S.jpg

大規模災害の度に放浪状態となったペットの保護対策は大きな課題となる一方、人々の健やかな暮らしに向けたペットの存在感は高まっており、ペット需要は拡大しつつあ...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2017年01月10日

アートから東京2020とその先を考える~魅力ある世界都市へのプロセスと課題 2/4

54757_ext_03_0_S.jpg

ありがとうございました。インバウンドのキーワードをさまざまな視点からビジュアルでお伝えいただきました。それではイェスパー・コール様、お願いいたします。よろ...

続きを読む

2016年12月16日

自動運転の普及と津波避難対策-完全自動運転が普及した社会を想像する。その1

54578_ext_03_0_S.jpg

以前、自動運転に触れたコラムを執筆したが、それからたった3年ほどしか経っていないのに、ずいぶん現実味を増してきた。既に一部の操作を自動化した乗用車が市販さ...

続きを読む

塩澤 誠一郎

塩澤 誠一郎

社会研究部

2016年11月02日

利用しているのは誰?-ふるさと納税シリーズ(5)ふるさと納税に関する現況調査結果より

54226_ext_03_0_S.jpg

平成27年度のふるさと納税受入額は1,653億円と、前年度の4倍以上であったが、「今年はさらに増え続けていて、1.5倍は超える勢い」らしい。このような背景...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2016年09月07日

やっぱり返礼品が一番-ふるさと納税に関する現況調査結果より

ふるさと納税に注目が集まり始めた2年前、ふるさと納税の実態把握に十分なほど、情報は公開されていなかった。しかし、2016年6月に、ふるさと納税の現状に関す...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2016年09月06日

「ポケモンGO」と共生社会 -“共助”の道具「ルアー」がつくるコミュニティ

53784_ext_03_0_S.jpg

『ポケモンGO』を始めてひと月半になる。ゲーム初心者の私にとって面白く感じられることは、ポケモンという仮想世界が現実世界に発展することだ。『ポケモンGO』...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2016年08月26日

国の役割はどこへ行った? -ふるさと納税シリーズ(4)ふるさと納税研究会からワンストップ特例制度創設に至るまで

53695_ext_03_0_S.jpg

平成27年度にワンストップ特例制度が始まった。ワンストップ特例制度は、ふるさと納税の寄附金控除を受ける際に必要な手続きを簡素化してくれる寄附者に優しい制度...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2016年08月19日

人は時に合理的である-ふるさと納税シリーズ(3)ふるさと納税の変遷が教えてくれる

53661_ext_03_0_S.jpg

金融工学やファイナンス理論などを学んでいると、「合理的」という言葉をよく目にする。人が合理的に行動することを前提として、多くの理論が成り立っているからだ。...

続きを読む

高岡 和佳子

高岡 和佳子

金融研究部

2016年08月05日

徒歩帰宅訓練、やってみました!-地上踏査でつくる頭の中の“ ナビゲーション・マップ”

53554_ext_03_0_S.jpg

5月の連休に、会社から自宅まで徒歩による帰宅訓練を敢行した。直接のきっかけは4月の熊本地震であったが、5年前の2011年3月11日、実は、筆者はたまたま在...

続きを読む

川村 雅彦
2016年06月14日

大丈夫か、訪日外国人4000万人~公共交通機関に求められるいざと言う時の「情報を伝える力」~

53129_ext_03_0_S.jpg

新聞等でしきりに報道されている通り、ここ数年間の訪日外国人旅行者の増加には目覚しいものがある。特に2015年は訪日外国人の数が出国日本人の数を45年ぶりに...

続きを読む

前田 俊之

前田 俊之

金融研究部

2016年06月10日

徒歩帰宅訓練、やってみました !~そうか、そうだったのか! 点と点がつながる地上踏査~

53110_ext_03_0_S.jpg

5月の連休に、自分にとって以前から懸案事項だった、会社から自宅まで徒歩による帰宅訓練を敢行した。直接のきっかけは4月に発生した熊本地震であったが、5年前の...

続きを読む

川村 雅彦
2016年03月31日

ものづくりコミュニティの場として発展するファブラボ(FabLab)

1990年代までの「ものづくり=製造業」は、大手メーカー(大企業)を中心とした産業界によって担われ、個人(市民)は産業界により開発・製造された大量生産品を...

続きを読む

百嶋 徹

百嶋 徹

社会研究部

2016年03月16日

北イタリアのまちづくり事例に学ぶ公共空間活用の重要性~その2:ボローニャ、創造都市における公共空間利用~

52506_ext_03_0_S.jpg

初回のフィレンツェに続き、本稿はボローニャ訪問から得た公共空間利用の状況について報告する。ボローニャのアーバンセンターや市職員との面談から、市が公共空間の...

続きを読む

篠原 二三夫

篠原 二三夫

社会研究部

2015年12月28日

J-REITは猫を助けられるか?~『猫を助ける仕事~保護猫カフェ、猫付きシェアハウス』を読んで

51777_ext_03_0_S.jpg

皆さんはもう『猫を助ける仕事~保護猫カフェ、猫付きシェアハウス』 を読まれたでしょうか?本書は、ソーシャルビジネスの手法で猫の保護活動に取り組むNPO法人「...

続きを読む

岩佐 浩人

岩佐 浩人

金融研究部

2015年08月11日

東京マラソンとクラウドファンディング-“小さな志”を大きなムーブメントに!

8月1日から「東京マラソン2016」の一般参加者の募集が始まった。来年10回目を迎える同大会は、新たな10年に向けて大会ロゴをリニューアルしたり、外国人ラ...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2015年08月04日

“志金”集めるクラウドファンディング-「社会の紐帯」つくる仕組み

最近、クラウドファンディング(CF)という言葉をよく聞く。CFとは、インターネットを介して不特定多数の個人から資金を集めることだ。起案者は新しい製品開発や...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2015年05月26日

「共助」社会の原点-「与える人」・「与えられる人」

アメリカの絵本作家シェル・シルヴァスタイン作の『おおきな木』という絵本がある。原題は“The Giving Tree”で、「少年」と「...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2015年03月20日

ソーシャル・ブランディング 3.0-社会的課題の解決に向け、「本来のCSR」とCSVを統合する!!

■目次はじめに1――ソーシャルグッドの時代 1│ ソーシャルグッドの意味するもの 2│ 市民と消費者のソーシャル志向の高まり 3│ ソーシャルグッドの世界的イベントの...

続きを読む

川村 雅彦
2014年10月06日

「開かれた学校」のジレンマ-「安全・安心」のまちつくる“地域コミュニティ”の再生を!

今年6月、「地域に開かれた学校」を標榜する兵庫県宝塚市の公立中学校に盗撮目的で不審者が侵入する事件が発生した。同校は市内で唯一校門のない学校として知られて...

続きを読む

土堤内 昭雄

土堤内 昭雄

社会研究部

2014年05月23日

タイガーマスクもびっくり!―日本の一人当たり平均寄付額は5,431円、アメリカの11分の1―

2010年12月に全国を騒がせた「タイガーマスク現象」1が起きてからもう3年半が過ぎた。当時の「タイガーマスク現象」は、西洋諸国に比べて寄付文化があまり定...

続きを読む

金 明中

金 明中

生活研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

社会貢献・ボランティアのレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

社会貢献・ボランティアのレポート Topへ