高齢者の雇用・就労

高年齢者雇用安定法が2013年4月に施行され希望者全員が65歳まで働ける制度の導入が企業に義務づけられました。今後は、高齢化が進む中で意欲ある高齢者が能力や経験を活かせる仕事に就けることそのための支援が求められてきます。この「高齢者の雇用・就労」の一覧では、地域での支援事業の取り組みや高齢者の実態調査等をを踏まえ、高齢者雇用の現状と課題と将来に向けた対応策について考察します。

年度で絞り込む

  • 2003年11月25日

    シニア層生活満足感の経時変化分析 -パネルデータによる加齢効果の分析-

    本研究はシニア層における生活満足感の様態が、経時変化(加齢効果)によりどのように変化しているのかをパネルデータにより明らかにすることを目的としている。高齢社会研究の分野において‘幸福な老い’...

  • 2003年11月25日

    保有金融資産でみる中高年の状況分析

    1.中高年世代は、一律的にある程度の金融資産を持った像として捉えられる向きがあるが、保有金融資産の分布からは分散が大きい。また、金融資産保有額の変化は全体(差額の平均や中央値)でみると大きな変動はみられないが、個々...

  • 2003年11月25日

    中高年世帯と介護の現状

    介護保険制度については、2005年の制度改正に向けた議論が活発化している。これまで介護保険財政面からの検証、要介護者の状況や介護の質の検証といったことが行われてきているが、今後の介護保険制度の改正を検討する上で、あ...

  • 2003年11月25日

    高齢期における就業からの引退過程と生活意識

    1.厚生年金の定額部分の支給開始年齢引き上げに伴う60歳台前半層の就業の場の確保は、重要な政策課題である。しかし、高齢者の就業環境は、雇用失業情勢に好転がみられないという現状に加え、今後団塊世代が引退の時期を迎える...

  • 2003年09月25日

    高齢社会を包み込む情報化

    21世紀初頭における日本社会の大きな変化として高齢化と情報化の進行が挙げられる。高齢化と情報化は別個の現象のようだが、ともに将来の日本社会を規定する重要なテーマである。近年、ITの技術革新は社会的課題を解決する時代...

  • 2003年03月25日

    定年以上老人未満の幸せのかたち

    1.長引く不況の中で、消費者としての高齢者が注目されている。個人消費を増加させる必要から、個人金融資産の多くを握る高齢者に消費を促すという目的のため、高齢者の生活研究の幅が拡大したのである。2.多くの勤労者の生活は...

  • 2002年08月25日

    高齢者の求人倍率の改善をどう見るか

    ■目次1.大幅に改善した高齢者の求人倍率2.謎を解くふたつの鍵3.依然厳しい高齢者の就職状況■introduction日本の労働市場は、恒常的に高齢者の求人倍率が極端に低いという年齢ミスマッチの問題をかかえてきたが...

  • 2002年04月25日

    高齢期の住まいを考える

    介護保険制度の実施以降、特別養護老人ホームへの入所希望が急増している。入所に何年も待つことも珍しくない。入所までに時間がかかることが分かっているため、重度になった場合の保険として特養への入所を申し込む現象が現れてい...

  • コラム
    2002年02月18日

    高齢化が家計貯蓄率に与える影響

    家計貯蓄率といえば、かつては、先進国の中で最も高い水準を示していたのが日本であった。しかし、そうした「常識」はもはや過去のものとなりつつある。2000年における日本の家計貯蓄率は10.3%であり、OECD諸国中の第...

  • 2001年10月25日

    介護分野における高齢者活用

    現在、わが国に約4,200施設ある特別養護老人ホームには、約17万人の職員が従事し、今後も雇用創出の場としての期待がかかる。こうした特養の介護職務のなかには、体力面に若干、不安のある高齢者でも担える職務がある。介護...

関連カテゴリ

アクセスランキング

高齢者の雇用・就労のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者の雇用・就労のレポート Topへ