雇用・人事管理

経営環境が日々変化するようになった現在、雇用や人材の管理についても企業は様々な変化に柔軟に対応することが求められています。この「雇用・人事管理」の一覧では高齢者雇用、非正規雇用、労働者派遣、労働法制等、雇用や人事管理にかかわる実態や法制度について考察し、提言を行います。また雇用に関わる法制度だけではなく、女性や若年層がより活躍できる社会、高齢者の雇用改革など働き方のあり方についても提言を行っていきます。

年度で絞り込む

  • 2001年12月25日

    問われる雇用対策の質

    ■目次1.失業者の大半を占める構造的失業2.エンプロイヤビリティ向上に挑む欧州3.わが国雇用対策の中身■introduction雇用問題が深刻化しつつある。わが国の失業率は本年9月には過去最高の5.3%となったが、...

    末廣 譲凡

  • 2001年09月25日

    「雇用戦略」としてのテレワーク

    ■目次1.はじめに2.5年後には約半数の企業で実施3.育児・介護期の社員から対象拡大へ4.「多様化」への対応としてのテレワーク■introduction日本のインターネット人口は、2000年末で4,708万人(対前...

    小豆川 裕子

  • 2001年08月25日

    躍進する人材派遣業

    人材派遣業のマーケットが急拡大している。本稿では、1999年の改正労働者派遣法施行後の状況や、昨今の総合規制改革会議の論議を視野に入れながら、人材派遣業の動向や労働力需給要請システムにおける新たな役割について紹介す...

    小豆川 裕子

  • 2001年04月13日

    雇用のセイフティーネットに公務員試験の改革を

    <日本経済> 3月短観では企業の景況感が大幅に悪化し、2月の景気動向指数が景気の改善と悪化の境とされる50を大きく割るなど最近の経済指標は悪化しており、景気の悪化が確認された。1-3月期の消費には家電リサイクル法の好...

  • 2000年12月01日

    雇用延長に退職金課税の落とし穴

    平成13年から基礎年金の支給開始年齢が段階的に引き上げられるのに伴い、多くの企業は、60才以降の雇用延長を検討している。その一つに60才になった従業員に一旦退職して貰い、希望者を嘱託などの身分で例外なく再雇用する方...

  • 2000年08月25日

    働く若者の減少と求められる社会システムの変革

    景気は回復基調にあるが、労働力率が低下し、働かない者が増え続けている。最近の労働力率の低下は、中高年層ではディスカレッジドワーカーの増加、若年層では就業意識の変化の影響を強く受けている。今後、景気回復に伴う労働力率...

  • 2000年06月25日

    ホワイトカラーの転職市場をめぐる現状と課題

    産業構造の転換期にあるなか、既存分野から成長分野への円滑な労働移動を可能にする環境整備と、労働者の多様な価値観を実現できる雇用機会の提供が求められている。本稿は、先頃発表になった労働省・ニッセイ基礎研究所調査「ホワ...

    小豆川 裕子

  • 2000年06月25日

    就業形態多様化の動きと処遇の実態

    就業形態が多様化し、非正規労働が拡大してきている。非正規労働者の多い小売業における雇用面、処遇面での実態をみると、正社員との違いを意識しつつも、非正規労働者の能力活用を図るための制度変更が行われており、今後、非正規...

    武石 恵美子

  • 2000年06月01日

    高齢者雇用で変わる退職金

    平成13年度から、厚生年金の一階部分の支給開始年齢が段階的に引き上げられる。しかも、二階部分の支給開始年齢も、今般の公的年金改正で、平成25 年度からの引き上げが決まった。年金が減っても、高齢者が65才まで働けば、老...

  • 2000年03月01日

    付属資料:金融専門人材アンケート結果要旨(企業編、個人編)

    I.金融機関(人事部門)向けアンケート結果の概要1.専門人材に対するニーズ(1)専門人材強化への高い意欲わが国の金融機関は日系、外資系を問わず、専門人材の育成・確保を重要な経営課題に掲げている。このため、「専門人材...

関連カテゴリ

アクセスランキング

雇用・人事管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用・人事管理のレポート Topへ