雇用・人事管理

経営環境が日々変化するようになった現在、雇用や人材の管理についても企業は様々な変化に柔軟に対応することが求められています。この「雇用・人事管理」の一覧では高齢者雇用、非正規雇用、労働者派遣、労働法制等、雇用や人事管理にかかわる実態や法制度について考察し、提言を行います。また雇用に関わる法制度だけではなく、女性や若年層がより活躍できる社会、高齢者の雇用改革など働き方のあり方についても提言を行っていきます。

年度で絞り込む

  • 2005年09月25日

    高齢化を見据えたキャリア・マネジメントの提案

    従業員の高齢化が進んでいく中、企業にとって、高齢になっても活躍し続けられる人材を育成する必要性が従来以上に高まってきている。本稿では、ITエンジニアに関する調査研究結果をもとに、活躍し続けられる人材を育成するための...

  • 2005年09月22日

    止まらない非正規雇用の流れ

    <派遣社員の急増をどう見るか> 2004年中の雇用増はパートタイム労働者の増加によるものだったが、2005年入り後一般労働者も増加に転じ、4月以降はパートタイム労働者の増加率を上回ることが多くなっている。しかし、正社...

  • 2005年08月25日

    正社員の働き方は変わるのか

    仕事と生活の調和を図る上で、働き方の多様性の確保は重要なテーマであるが、非正規労働者の増加に伴い、正社員の働き方はより画一化し過密労働になっていくことが懸念される。正社員の中には、男性も含めて、多様な働き方に関連す...

  • 2005年03月25日

    少子化対策から次世代育成支援へ

    2004年12月に少子化社会対策大綱の重点施策の具体的な実施計画を示した「子ども・子育て応援プラン」が発表された。05年3月には次世代法に基づく企業の行動計画の策定期限を迎え、この1年間に少子化対策は大きく進捗した...

    土堤内 昭雄

  • 2004年12月25日

    企業が取り組む次世代育成支援

    2005年4月に次世代育成支援対策推進法が施行され、少子化の流れを変えるための企業の取り組みが期待されている。今後の人事管理において、ワーク・ライフ・バランスの視点が重要になると考えられ、次世代育成支援においても、...

    武石 恵美子

  • 2004年04月25日

    雇用・賃金体系の見直しを進める日本企業

    今年2月に実施したニッセイ景況アンケートによると、今後従業員数を増やす企業では約6割の企業が若年層の中途採用を考えていることが明らかとなった。従業員の高齢化については、全体の7割の企業に影響が出ており、その内の約6...

  • 2003年11月25日

    高齢期における就業からの引退過程と生活意識

    1.厚生年金の定額部分の支給開始年齢引き上げに伴う60歳台前半層の就業の場の確保は、重要な政策課題である。しかし、高齢者の就業環境は、雇用失業情勢に好転がみられないという現状に加え、今後団塊世代が引退の時期を迎える...

  • 2003年09月25日

    迫りくる労働力不足時代

    バブル崩壊から現在にいたるまで、日本の労働市場は10年以上にわたって労働力が過剰の状態が続いてきた。しかし、中長期的に見れば、人口が減少するとともに高齢化が一層進展することで、日本経済はむしろ労働力不足に悩まされる...

  • 2003年04月25日

    デフレ下で進む企業の人件費削減

    ■目次1.高まる企業の人件費削減圧力2.データに見る人件費削減手段の変化3.本格化する賃金・雇用制度の見直し2003年度の春闘においては、定期昇給は維持されたものの、企業には人件費削減の動きが強まっている。財務省の...

  • 2003年03月28日

    進行する企業の人件費削減

    <今週の焦点:進行する企業の人件費削減> 長引くデフレと不況により企業の売上高の減少傾向が続くなか、企業には人件費削減の動きが強まっている。企業の人件費の削減手段としては、雇用者数の削減、賞与削減等に加え、正規の雇用...

関連カテゴリ

アクセスランキング

雇用・人事管理のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

雇用・人事管理のレポート Topへ