2022年05月16日

2021年 都道府県・人口動態解説(中)-沈む名古屋・大阪圏、東京圏の一強止まらず

生活研究部 人口動態シニアリサーチャー   天野 馨南子

未婚・晩婚・非婚 人口動態 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

前回のレポート(上)では、コロナ禍の中で、都道府県の間でどのような人口移動が発生したかを47エリアをベースに解説した。
バブル期からのこれまでの歴史的な人口移動から読み解く「今」についてもあわせて解説を行った。
 
今回は、より広域的な視点からみて何が言えるのか、3大都市圏の間での移動に着眼して解説を試みたい。
 
あわせて、そのような移動が生じる背景にある「世代間の家族観格差」についても、男女の労働に関する法整備の状況を交えて解説している。
自らのエリアから去り行く男女の価値観を正確にとらえて対策を講じるためには、この法整備の推移の理解は必須である。
しかしながら、地方創生の観点ではあまり意識されてこなかったのではないだろうか。

■目次

1――東京圏以外の大都市圏の弱体化、止まらず
  1|感覚論からの脱却を
  2|日本の家族ライフデザインに影響する法整備
  3|2021年・年間3大都市圏の人口集中状況
2――3大都市圏の人口動態の推移
  1|名古屋圏、大阪圏はコロナ禍前に戻る傾向へ(2017年~2021年)
  2|コロナ禍という有利な環境要因を活かせない理由
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   人口動態シニアリサーチャー

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
人口動態に関する諸問題-(特に)少子化対策・東京一極集中・女性活躍推進

アクセスランキング

レポート紹介

【2021年 都道府県・人口動態解説(中)-沈む名古屋・大阪圏、東京圏の一強止まらず】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

2021年 都道府県・人口動態解説(中)-沈む名古屋・大阪圏、東京圏の一強止まらずのレポート Topへ