NEW
2019年06月10日

人口減少社会データ解説「なぜ東京都の子ども人口だけが増加するのか」(上)-10年間エリア子ども人口の増減、都道府県出生率と相関ならず-

生活研究部 准主任研究員   天野 馨南子

少子高齢化 子ども・子育て支援 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2015年(実績値)と2045年(推計値)の人口比較において101%の増加に転じた東京都人口。
この東京都の次世代人口の鍵を握るのが、東京都の子ども人口である。
2005年との比較において2015年の東京都子ども人口は、10年間で107%に増加した。
全国的に見ると、長期にわたり最低出生率を続ける東京都のイメージとは、まるでかけ離れた子ども人口の育成構造である。
この東京都における次世代人口の育成構造を、当レポートではシリーズにて統計的に解説する。

■目次

はじめに-30年後も沈まぬ人口数
1――都道府県出生率と都道府県子ども人口の関係性の強さは?
2――子ども人口計算式のもう1つの要因の影響力は?
3――「子育て支援」政策効果を揺るがす、女性人口の流出
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
39_ext_01_0.jpeg

生活研究部   准主任研究員

天野 馨南子 (あまの かなこ)

研究・専門分野
少子化対策・女性活躍推進

レポート

アクセスランキング

【人口減少社会データ解説「なぜ東京都の子ども人口だけが増加するのか」(上)-10年間エリア子ども人口の増減、都道府県出生率と相関ならず-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人口減少社会データ解説「なぜ東京都の子ども人口だけが増加するのか」(上)-10年間エリア子ども人口の増減、都道府県出生率と相関ならず-のレポート Topへ