2021年02月25日

アフターコロナに、共働き世帯の家事・育児分担は変わるか

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   村松 容子

新型コロナウイルス 仕事と生活の調和(ワークライフバランス) などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

前稿「共働き世帯におけるコロナ自粛中の家事・育児時間の変化」では、6月の時点で、男性の方が勤務先への出社が減少し、在宅勤務等のテレワークが増加している割合が高く、働き方の変化が大きかったが、家事・育児時間が増加した割合は女性が男性を大きく上回った。

本稿では、それから半年経過した12月に実施した「第3回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」を使って、夫婦の家事・育児の分担がどうなったのか、また収束後に働き方や家事・育児時間がどう変化すると予想するか回答してもらった結果を紹介する。

■目次

はじめに
1――男性の8割弱、女性の7割弱は、労働時間がコロナ前と比べて「変わらない~増加した」
2――勤務先への出社が減りテレワークが増えた割合は2割前後
3――家事時間が増えているのはやはり女性。登園・登校の再開と働き方の変化で、女性に時間的
 ゆとりが増えた可能性
4――収束後は、女性の方が生活が変化すると予想している
  1|女性の方が収束後に勤務先への出社減・テレワーク増を予想している
  2|女性の方が収束後にくつろぎ時間や家族との時間が増えると予想している
  3|家族との時間が増えることで、女性には絆が深まる期待と、ストレスが溜まる不安
5――家庭内の家事・育児については、各家庭でベストなバランスを見つけていくことが重要
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

村松 容子 (むらまつ ようこ)

研究・専門分野
健康・医療、生保市場調査

アクセスランキング

レポート紹介

【アフターコロナに、共働き世帯の家事・育児分担は変わるか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

アフターコロナに、共働き世帯の家事・育児分担は変わるかのレポート Topへ