公的年金

財政への影響が大きく国民の関心も高い年金問題について、ここでは多角的に分析し積極的な提言を行っていきます。この「公的年金」の一覧では年金制度の課題、年金財政の見通し、欧米各国の年金制度を分析し、年金制度改革に向けた提言を行います。また公的年金の制度の仕組みや、経済動向と年金の関係、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の動向など、様々情報をタイムリーに提供していきます。

年で絞り込む

  • 1998年12月01日

    公的年金改革に必要な発想の転換

    先般、厚生省から発表された、公的年金制度の次期改正案の眼目は、厚生年金保険の給付の1割カットなどにより、最終的に保険料を月収の26%程度に抑える点にあるようだ。一方、修正賦課方式から積立方式への転換、基礎年金におけ...

  • 1998年10月13日

    厚生年金「簡易試算モデル」の開発

    1.次期年金再計算に向けて、公的年金の改革議論が盛んに行われている。しかし、建設的で具体的な提言―とくに厚生年金の民営化に向けた実現可能な道筋や不足積立金350兆円・二重負担の解決策の提示―を行っていこうとすれば、...

    森 茂雄

  • 1998年09月01日

    混迷する年金改革論議

    「21世紀を展望して公的年金制度の基礎を固め、その土台に企業年金等を上乗せした、総合的な老後生活保障体系を構築する」という理念から始まった年金審議会の議論が迷走している。折からの金融不安に根ざす不況と不安定な政治状...

  • 1998年08月01日

    「ある同窓会での年金談義」(3)

    団塊の世代に属する旧友のエコノミスト、アクチュアリー、評論家の3人が、久しぶりに同窓会で顔を会わせた。二次会の席で、政府の年金改革を酒の肴に論じ合う彼らの会話は、酒量とともにエスカレートしてきたが、もう少し耳を傾け...

  • 1998年07月01日

    「ある同窓会での年金談義」(2)

    団塊の世代に属する旧友のエコノミスト、アクチュアリー、評論家の3人が、久しぶりに同窓会で顔を会わせた。政府の年金改革論議を巡って、3人の会話は次第に白熱してきた。二次会に向かった彼らの会話に耳を傾けてみよう。(連載...

  • 1998年06月01日

    「ある同窓会での年金談義」(1)

    ある大学の同窓会。団塊の世代に属する旧友のエコノミスト、アクチュアリー、評論家の3人が、久しぶりに顔を会わせた。3人とも、普通の人より少しだけ年金の知識がある。これから、しばらく彼らの会話に耳を傾けてみよう。(連載...

  • 1998年05月01日

    年金改革論議に欠けている視点

    わが国の年金改革に関して、「年金給付の適正水準」という最も重要な検討点の一つに対する、実態を踏まえた議論が、あまりにも少ない。例えば,年金審議会では、「年金は初任給程度で良いのでは」といった観念的議論もあるようであ...

  • 1998年04月01日

    公的年金自主運用の問題点

    総額120兆円余もの巨額の「公的年金の自主運用」が実現すると、運用機関の意思決定に伴うマーケット・インパクトが懸念される。つまり、日銀の公定歩合変更が、瞬時に、全ての金利商品に波及するように、わずかな株式組入比率の...

  • 1998年02月01日

    公的年金改革の行方

    厚生省は、公的年金改革に向け「5つの選択肢」を発表した。国民に選択の余地がなかった従来の改正に比べ、この点では評価できるであろう。しかし、その内容は、主に、拠出の限界と思われる保険料と、それに対する給付の組み合せを...

  • 1997年06月01日

    イギリスの公的年金改革の行方

    公的年金改革は、欧米先進諸国共通の課題であり、各国は、財政改革、特に社会保障費用削減の抜本的改革に乗り出している。中でも先般、イギリス政府が打ち出した「年金ビッグバン」は、公的年金の大部分を民営化する大胆な案で、「...

アクセスランキング

公的年金のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

公的年金のレポート Topへ