高齢者のQOL(生活の質)

男女とも平均寿命が80歳を越える高齢社会においては、さらに寿命をのばすことではなく、健康寿命をのばし、よりよい生活をおくるといった生活の質が求められています。この「高齢者のQOL(生活の質)」の一覧では、高齢者の生き方、住まい方、、ワークラーフバランス、生活課題について分析し、提言を行います。

年で絞り込む

  • 2001年05月25日

    中高年ライフコース研究(その2)

    ニッセイ基礎研究所で行っている中高年パネル調査の結果をみると、中高年の世帯は全体としてみれば消費支出は変わらない中で家計収入は減少している。個々の家計でみると、収入や支出の変動のある家計は7割程度存在するが、この変...

  • 2001年04月25日

    中高年ライフコース研究(その1)

    少子高齢社会を迎え、社会保障を中心とした社会基盤の再構築は避けて通れない。しかし少子高齢社会の中心的存在である中高年のライフコースはほとんど明らかにされていない。本研究は1933年から47年生まれの同一男性の生活を...

  • 2000年05月25日

    健康増進事業の社会的効果と経済的効果

    高齢者の生きがい・健康づくりは、豊かな生活を望む高齢者、介護保険給付負担の増加を望まない自治体の双方に求められる取り組みである。しかし、健康増進施策の効果は明らかにされていない。本稿では福島県西会津町での健康増進事...

  • 1999年02月25日

    福祉施設の合築による多様なサービス提供

    用地難の解消や世代間交流を目的として、利用目的の異なる施設を複合化することを合築という。合築には、複合化される機能の組合せ、建物の中の機能配置、運営主体によって、さまざまな種類がある。合築における課題を明らかにし、...

関連カテゴリ

アクセスランキング

高齢者のQOL(生活の質)のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

高齢者のQOL(生活の質)のレポート Topへ