金融・為替

年度で絞り込む

  • 2000年10月06日

    ニッセイ為替インデックス円安圧力の弱まりを示唆

    <ニッセイ為替インデックス> 今回発表の2000年10月分の為替インデックスから、推計期間の延長および説明変数の一部見直しを行った新系列に変更している。新系列の動きをみると、7月以降はプラス幅が縮小する動きに転じてお...

  • 2000年08月04日

    日米金融政策を巡る環境

    <今週の焦点> ゼロ金利政策解除の観測が7月中旬にかけて高まり短期金利は上昇したが、7月の解除は見送られ1ヶ月物金利など期間の短い金利は低下した。しかし、引き続き市場は数ヶ月以内のゼロ金利解除を想定していると判断され...

    日向 雄士

  • 2000年07月28日

    ゼロ金利政策の解除

    <今週の焦点:ゼロ金利政策の解除> 日銀は7月17 日の金融政策決定会合でゼロ金利政策の解除を見送った。しかし、速水総裁はその後も解除に強い意欲を示しており、早期にゼロ金利政策は解除されるだろう。ゼロ金利政策の導入時に...

  • 2000年06月30日

    国内卸売物価指数の上昇は続くか

    <今週の焦点:国内卸売物価指数> 今年3 月以降、国内卸売物価が前年比プラスで推移しているが、これは実質的に91年10月以来のことである。この要因である一次産品価格の上昇は中間財にまで波及しているが、最終財物価はまだ前...

    日向 雄士

  • 2000年05月26日

    大企業では既に増加に転じた雇用者数

    <今週の焦点:企業売上高、雇用、所得を巡る状況> 不振を続けてきた企業売上高は、99/10-12 月には全企業売上高のみならず、1 社当り売上高も前年を上回った。1 社当り売上高は前回の景気回復局面ではプラスに転じることが...

    日向 雄士

  • 2000年05月25日

    外国為替市場のセーフティー・ネット

    ■目次1.セーフティ・ネットとは2.為替市場に特有なリスク3.CLSバンク■introduction最近、出版された本に「セーフティー・ネットの経済学」(注)がある。そもそも、セーフティー・ネットは、サーカスの空中...

  • 2000年04月25日

    ゼロ金利下でのインフレーションターゲティング

    金融緩和策としてインフレーションターゲティング導入議論が活発に行われている。しかしゼロ金利という特異な日本経済の現状を考えた場合、目標インフレを達成するための具体的な手段に乏しい。そのような中で導入に踏み切れば、結...

    矢嶋 康次

    矢嶋 康次

    総合政策研究部

  • 2000年04月21日

    米経済:軽視できない金融引締め効果

    <今週の焦点:米経済に景気変調の芽はないのか?> やや過熱感の出始めた米景気に対し、99 年6月以降FRB は金融引締めに転じた。しかし、政策転換の効果が減殺されているとの見方が多い。過去、景気変調(景気後退に至らない場...

    日本大学経済学部教授 小巻 泰之

  • 2000年03月25日

    ゼロ金利政策下の金融政策

    バブル崩壊後の日本経済低迷の一因となっているマネーサプライの伸び低下を解消するために、量的金融緩和を求める声が再び強まっている。企業や家計がバランスシート問題を抱える状況下では、通常の信用創造のメカニズムが十分機能...

    櫨(はじ) 浩一

  • 2000年03月17日

    ドイツ経済:企業部門と家計部門の乖離は、輸出増により解消

    <結論> 98年から始まったドイツの企業部門と家計部門との乖離は輸出増加により解消した。経済指標の最悪期は、海外受注(98/12)→輸出(99/1)→鉱工業生産(99/3)であり、企業部門の景況感...

アクセスランキング

金融・為替のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る